閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

訪問介護アロマ講座

  • マッサージ技術を学んだことがある方が受講可能
  • 男性も受講可能
COURSE

導入方法から問題解決法まで介護現場で活かせる知識・技術を習得。

訪問介護アロマ講座

近年、高齢者や身体に障害をお持ちの方など、外出が困難な方にアロマテラピーを届ける「訪問介護アロマ」の需要が高まりつつあります。講座では、医療・介護の現場で10年以上の経験をもつソレイユセラピストが、訪問介護アロマの活動時に気をつけるべきことや、ベッドや車いす上で安全にできるトリートメント方法をお教えします。

料金
¥42,000〜63,000+税2Daysの場合は、大阪校開催5/7・5/21、京都校開催10/14・10/28の出席となります。
医療・介護現場でアロマトリートメントを施術した経験がない方は、全日程のご参加をおすすめします。

※ソレイユ医療介護研修会参加者は2Days受講料から40%割引あり。詳しくはお問合せ下さい。
期間
総8〜12時間 全3回 <受講資格>基本的なボディトリートメントができる方
<CPD>2Days A・8ポイント / 3Days A・12ポイント
<持物>筆記用具、フェイスタオル2枚(第2、3回の実技の時に必要な方は髪留め、髪ゴムをご用意下さい)
<服装>トリートメントしやすい服装(第1回は腕、膝下の出る服装 服装、第2回はキャミソールなど肩の出る服装)

※振替受講対象ではございません

開催日 event date

  1. 終了 大阪校

    1.2016.4/16、4/7、5/21(土) 11:00〜16:00

  2. 終了 京都校

    2.2016.10/7、10/14、10/28(金) 11:00〜16:00

 

カリキュラム

<1回目>「初めて介護の場でアロマをする人のために」

理論:ボランティアをする意味と意義・介護の場で気をつけること、してはいけないこと・高齢者の様々な症状と留意点

実技:椅子、車椅子に座った状態での足湯、ハンド&フットトリートメント

< 2回目>「様々な場所で訪問介護アロマを実施するために(比較的介護度の軽い方に)」

理論:高齢者にアロマテラピーを行うメリット・トリートメント環境の整え方・クライアント、家族、スタッフとのコミュニケーションの取り方と重要性

実技:椅子に座った状態でのショルダー、腰、背中へのトリートメント

<3回目>「クライアントの安全と満足を高めるために(介護度の高い方への対応)」

理論:安全で施術しやすい介護ベッドの使い方・介護度の高い方での対応と施術・個人宅での様々なトリートメント方法 ・継続してオファーをしてもらうために
実技:デモンストレーション・椅子に座った状態でのヘッドトリートメント ・タッチケア・寝たきりの方への対応方法 ・ご自宅での環境の整え方と工夫 

担当講師 

宮畑 純子

セラピストサービス ソレイユのスタッフ。元小学校、幼稚園教諭、子育て後2003年JEA入学。卒業後、医療・介護現場でのアロマテラピーボランティア活動を実施。老人保健施設や緩和ケア病棟でのトリートメントだけでなく、個人宅での訪問アロマの経験をもつ。

訪問介護員2級養成研修課程修了(ホームヘルパー2級)

 

すべてのコース一覧を表示

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!