閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

ギル先生によるセラピストのための英会話講座

  • アロマやマッサージを学んだことのない方でも受講可能
  • 男性も受講可能
COURSE

英語が話せるセラピストへ!

ギル先生によるセラピストのための英会話講座

近年、日本全国の大都市や観光地で海外からの旅行者が急増しています。ホテルスパや街中のサロンでも外国人のお客様が多くなり、一流ホテルでは英話力はセラピスト雇用の必須条件になりました。たとえばお着替えのご案内や力加減など、普通の会話とは違うサロンでの英会話は学校でも学んでいないことばかり。そこで、英国在住12年、英国人の夫を持ち、アロマなどの外国人講師の通訳経験が豊富で、翻訳業も行うJEA校長ギル佳津江による英会話レッスン4回シリーズを開催します。
ご予約、お出迎えからお見送りまで、全てのシーンでの会話を実際にロールプレイを交えながら役に立つ英語フレーズを学んでいきます。

料金
¥5,000〜¥20,000+税<1DAY>5,000円+税、<4DAYS>20,000円+税
※1回のみの受講も可能です
※振替受講対象ではございません
期間
総8時間 全4回<受講資格>どなたでも受講していただけます(男性の受講可)
※中学生程度の英語力必要

<CPD>
(1DAY)B・2ポイント、(4DAYS)B・8ポイント
<持ち物>筆記用具、ノート
<定員>12名

開催日 event date

  1. 受講受付中 大阪校

    1.2019.2/27(水)11:00~13:00

  2. 受講受付中 大阪校

    2.2019.3/6(水)11:00~13:00

  3. 受講受付中 大阪校

    3.2019.3/13(水)11:00~13:00

  4. 受講受付中 大阪校

    4.2019.3/20(水)11:00~13:00

カリキュラム

<1回目>正しい発音、会話の基本、自己紹介 <2回目>ご予約、お迎え、メニューのご案内、お見送り <3回目>コンサルテーション <4回目>施術ルームでの会話

こんな方にオススメ

・セラピストとして自信を持って外国のお客様へ 接客したい ・一流ホテルスパや海外で働く夢を実現させたい ・他のサロンとの差別化を図りたい

担当講師

ギル 佳津江 先生

英国在住中、アロマテラピーおよび多様な手技療法を学び、アロマセラピストとして活動を始める。帰国後、1996年京都にて「ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー」開校。オーストリアで行われたリンパ学学会では症例を紹介。また、海外講師来日の際は講座通訳も行う。ドイツのヘア・コスメティックブランド「シュワルツコフ・プロフェッショナル」のアロマセラピーアンバサダーも務める。

●英国IFPA理事及び認定講師●Dr.Vodder’s リンパドレナージ(MLD) 複合的理学療法セラピスト●Dr.Vodder’s リンパドレナージ (MLD) セラピー1認定講師●英国RSA 認定スポーツマッサージセラピスト●米国ラ・ストーンセラピスト●AEAJ 認定アロマテラピーインストラクター●AEAJ認定アロマセラピスト●日本ホリスティック医学協会認定ホリスティックヘルス塾インストラクター

image

すべてのコース一覧を表示

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!