閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

ばら作家 國枝啓司氏に聞く 「いのちを感じるばらを育てるということ」

  • アロマやマッサージを学んだことのない方でも受講可能
  • 男性も受講可能
COURSE

日々の暮らしに「ときめき」があれば、毎日がきらめく

皇室へ献上されたバラ『プリンセスマサコ』の作者、國枝啓司氏をゲストに迎えた特別講座

ばら作家 國枝啓司氏に聞く 「いのちを感じるばらを育てるということ」

-精油とも芳香蒸留水とも違う、生体水とは?-

滋賀県守山市にあるばら農園「Rose Farm KEIJI」では、オリジナルのばら「WABARA」を栽培されています。
「WABARA」とは、ばら作家である國枝啓司氏が、「風にたなびく、野に咲くようなばら」を作りたいという思いで生まれたオリジナルのばらです。
40年以上の長い年月をかけ、現在は65品種を超えるまでになり、国内外で「WABARA」として流通しています。
農園では一般的な水耕栽培ではなく土耕栽培で育て、自然に則した土づくりを行い、繊細で力強い唯一無二のばら作りを行なっています。
そのアプローチは私達アロマセラピストにも植物のエネルギーについて大事なヒントを与えてくれます。
また息子の健一氏は、ばらの可能性を広げるため、農園で育てたばらの鮮度を落とさず加工する加工技術を探求されています。
今回の講座では、WABARAがたどり着いた加工技術や抽出方法などについてもお話しいただきます。

料金
¥17,540(税込) ※受講生限定 豪華特典つき受講生限定 豪華特典付き
<受講資格>どなたでも受講できます
<持ち物>筆記用具
<CPD>B・2.5ポイント
<定員>30名
期間
総2.5時間 全1回※最少催行人数8 名(人数に満たない場合は開催を中止させていただく場合もございます)
※振替受講対象ではございません。

開催日 event date

  1. 終了 大阪

    1.2022. 12/3(土)13:00~16:00(休憩あり)

 

講座内容

【1部】
國枝啓司氏に聞く「自然の力を信じることとは?」(90分)
1、WABARAについて
2、森に学ぶ、調和と共生
3、強い土をつくる
4、自然の持つ力を信頼し、引き出すダマスクローズの育て方

ファシリテーター:ギル佳津江

image_bara-min

【2部】
國枝健一氏による
ばらの生体水の抽出方法、成分についての解説(60分)
・生体水の抽出方法のこだわり
・生体水のメリット
・ばらの芳香成分について
・ばらの栄養成分について

受講生限定 豪華特典<8, 700円相当>

ダウンロード-min・香る和ばらの花(5本)
・生体水(5種セット)
・花びら茶1パック(ティーパック)
・コスメ WABARA SERUM WATER(美容液)

 

 

講師紹介

國枝 啓司    KEIJI KUNIEDA

prof_01-min1956年、滋賀県生まれ。
1976年に父である國枝栄一が営む國枝バラ園に就農、栽培技術担当者として生産に従事する。
1981年、ヨーロッパ研修にて学んだ思想や技術をもとに育種家としての活動を開始し、今上天皇と雅子皇后に献上した「プリンセスマサコ」や神戸元町のシンボルローズをはじめとするオリジナル品種の創造に励む。
2003年、ばら園「Rose Farm KEIJI」を設園。2006年に長男健一を事業パートナーに迎える。
10年をかけて慣行栽培から土耕栽培への移行を実現するとともに、オリジナル品種を「WABARA」ブランドとして確立させる。健一に経営を継承した現在は、ばら作家としての活動に専念している。

 

 

 

 

 

國枝 健一    KENICHI KUNIEDA

prof_02-minローズファームケイジ代表。
ばら作家の父・國枝啓司の生み出すばらを「和ばら」と名付ける。父とともに理想のばらを追求し、現在の栽培手法を確立し、琵琶湖畔に農園を新設。
ばらの栽培の風景までもを価値化し、切り花から園芸苗、食用ばら、加工品事業を自社で一貫して行う。
また「WABARA」として、和ばらの哲学や思想を世界に発信。海外からも注目を浴びる。
現在7カ国に生産パートナーをもつ。

すべてのコース一覧を表示

大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報