October 25 2017

精油の世界、香りの世界

精油の世界、香りの世界は本当に奥深い!と改めて思います。

アロマテラピーを始めてから24 年目となりますが、まだまだ発見すべき世界がそこに広がっていますね。

特に精油のブレンドで醸し出される新しい香りには驚きます。組み合わせは無限にあるわけなので、いつどこで、素晴らしい香りができるかわかりません。香りのブレンディングの基本というものがあり、これを無視して薬理効果だけを考えるなら、とんでもない香りを作ってしまいます。でも、たまにはそのルールを破ると思わぬ良い香りができ上がるのです。最近、アロマのお客様のトリートメント用に作ったブレンドがこれにあたります。

●ネロリ 2 滴

●ローズ 1 滴

●ユーカリラディアータ 5 滴

●ベルガモット 2 滴

●オレンジ 4 滴

●マジョラム 2 滴

調合2

ネロリ王女とローズ女王をぶつけるだけでも、主役争いが起きそうな雲行きの上に、そこにちょっと毛色の違い過ぎる山男のユーカリラディアータを5 滴も持ってくるか?と思うのが普通なのですが、そこにベルガモットちゃんとオレンジ君が「まあまあまあまあ、仲良くやりましょう」、と楽天的に割って入り、その場をうまくまとめて融合。

そして、それだけだとフワフワと漂い、昇天しそうなところをマジョラム女史がぐっと引っ張り下ろしてグラウンディングしてくれています。このお客様は、苦手というか、身体に反応が出てしまう精油が結構あって、体質や症状にはピッタリでも、使いたくても使えない精油があるという縛りがありました。縛りがあるということは私にとって非常にやりがいのあるものになるのです。むしろ、それでかえって良いものになったりするのです。

皆さんもぜひ、ブレンディングの世界を探検してください!

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line