月別アーカイブ:2017年10月

精油の世界、香りの世界は本当に奥深い!と改めて思います。

アロマテラピーを始めてから24 年目となりますが、まだまだ発見すべき世界がそこに広がっていますね。

特に精油のブレンドで醸し出される新しい香りには驚きます。組み合わせは無限にあるわけなので、いつどこで、素晴らしい香りができるかわかりません。香りのブレンディングの基本というものがあり、これを無視して薬理効果だけを考えるなら、とんでもない香りを作ってしまいます。でも、たまにはそのルールを破ると思わぬ良い香りができ上がるのです。最近、アロマのお客様のトリートメント用に作ったブレンドがこれにあたります。

●ネロリ 2 滴

●ローズ 1 滴

●ユーカリラディアータ 5 滴

●ベルガモット 2 滴

●オレンジ 4 滴

●マジョラム 2 滴

調合2

ネロリ王女とローズ女王をぶつけるだけでも、主役争いが起きそうな雲行きの上に、そこにちょっと毛色の違い過ぎる山男のユーカリラディアータを5 滴も持ってくるか?と思うのが普通なのですが、そこにベルガモットちゃんとオレンジ君が「まあまあまあまあ、仲良くやりましょう」、と楽天的に割って入り、その場をうまくまとめて融合。

そして、それだけだとフワフワと漂い、昇天しそうなところをマジョラム女史がぐっと引っ張り下ろしてグラウンディングしてくれています。このお客様は、苦手というか、身体に反応が出てしまう精油が結構あって、体質や症状にはピッタリでも、使いたくても使えない精油があるという縛りがありました。縛りがあるということは私にとって非常にやりがいのあるものになるのです。むしろ、それでかえって良いものになったりするのです。

皆さんもぜひ、ブレンディングの世界を探検してください!

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

9月30日、10月1日にキース・ハント先生の来日講習会・講演会が開かれました。

 

24名の講習会参加者の方々は、すでに去年のIFPA主催のロンドンツアーでの研修や、4年前のIFPAカンファレンスの時の大阪校での講習会に参加された方も、そして、今回初めてという方もおられました。

看護職、医師の方も興味を持って講演会を聞きに来てくださいました。

DSCN1593

ヨーロッパでも有数のロイヤルフリー病院はロンドンにあり、様々な難病、感染症も扱う、大きな総合病院です。

その病院で17歳の時から職員(スポーツセンターマネージャーとして就職)として勤務を始め、25年ほど前に、触れる事の力、マッサージの意義に目覚め、JEAの信条の源である、クレアマクスウェル・ハドソン先生に師事、職員のマッサージをボランティアで行っていたところから、次第に病棟の医師から患者にマッサージをしてほしいと頼まれるようになり、いつしか、スポーツセンターマネージャーから、補完療法チームリーダーとして勤務するようになりました。今年で勤務52年目の今年、年間施術回数は34,000回、25名のセラピストで行ってますが、キース先生はこの間、一日も病気で欠勤したことが無いという、驚愕の記録の持ち主です。

DSCN1642

「仕事を仕事と思っていない、自分のやっていることが大好きだから!」と満面の笑顔でお話しされるキース先生は、“歩くセントラルヒーティング”と言われるほど、暖かい手をしておられます。毎日一人のセラピストが18名の患者さんを施術するため、セラピストのセルフケアは重要です。マッサージの身体の使い方も、やはり正しく出来ています。

DSCN1789

ロイヤルフリー病院で施術をするセラピストの11名は有償、残りがボランティアの方々です。経費やその方々の報酬は、ロイヤルフリー病院への寄付金から支払われています。もちろん、寄付金ですから、必ずいつも潤沢という訳にはいきません。そこで、キース先生は寄付金集めのためにも奔走されます。今回の講師料もすべて、寄付金に回されます。キース先生は1ポンドも貰っていません!!!

 

患者さんは、医師が認めれば毎日マッサージを受ける事が出来ます。それも無料で!

また、自分の担当した患者さんで亡くなられた方のお葬式にも行かれますし、退院された患者さんや遺族の方々との交流も続けておられます。経過観察で外来で来られる方にもマッサージを行っています。

DSCN1930

こんな夢のようなことがイギリスのどこの病院でも可能なわけではなく、世界を探しても、ここまで患者さんがふんだんにマッサージを提供してもらっている病院は他にはありません。ひとえに、キースさんの情熱Passionがあってこそ実現しているほぼ、ミラクルなのです。

キースさんは光り輝く弥勒菩薩の様な方です。講習会の間中、教室は愛のオーラで満たされていました。「心でつながる」ために、そして、患者さんの反応を見逃さないために、施術中はできる限り「アイコンタクト」をしたまま、施術をします。

 

医療施設の中でマッサージを行うことをクリニカルマッサージと呼びます。当然、そこには人の生死にかかわるたくさんのことが起きていますので、その中でマッサージセラピストとして活動するうえにおいて、数々のシビアなルールも存在し、それを破ってしまったら、いままで何年貢献してこようが、スパッと切られてしまう可能性があることを常に忘れずに仕事をしています。

DSCN1799

セラピストがすべきこと、すべきでないこと、それを明確にし、境界線(けじめをつけること)を越えず、しかも、医療スタッフとのチームワークは必須で、それを守りながら活動してきたことが、25年以上にわたってキース先生がマッサージを続けて来られた理由です。患者さんに、そして医療スタッフに「信頼」してもらうためにすべきことをして来られたのです。

DSCN2025

私も以前の講習会、ツアー、今回の講習会に通訳として、オーガナイザーとして関わらせて頂き、何回もキースさんのマッサージを見て、お話しすることも聞いていますが、それでも、今回、さらに理解が深まりました。そして、キース先生、JEAの講師も生徒さんも、みんな、クレア先生のエッセンスを受け継いでいるクレアチルドレンなのだということも、改めて感じたのでした。

IMG_8401

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line