月別アーカイブ:2017年8月

皆さんは痛みとかゆみの違いについて考えたことはありますか?

ジャパン・エコール・デ・アロマテラピーのモジュール3の授業で「痛みとアロマテラピー」について教えていますが、アロマテラピーのトリートメントが、「やさしく触れること」、「マッサージ効果」、「精油」、「施術者」、「会話」、などの複合的作用として、ときに驚くような疼痛緩和に役立つことがあります。

痛みの神経伝達メカニズムは非常に複雑です。その中で、皮膚感覚について調べるうちに皮膚感覚の研究者である山口創先生の本に出合いました。ご存じの方もおられると思いますが、その中で色々な面白い事実を知ることができます。

痛みは人間にとって危険を知らせる感覚であり、なければ命を落とすくらいの重要な感覚ですが、かゆみはどうでしょうか?

 

アトピー、乾癬、皮膚掻痒病、花粉症や目のかゆみ、これに悩まされている人は本当に多いですが、なぜ、こういう症状が出てしまう人と出ない人がいるのか、考えてみたことはおありでしょうか?

 

ところで、痛みは脳で感じるものですので、実際に末梢で痛みを起こすような刺激がなくても、神経が興奮してしまえば、あたかも末梢で痛みの原因があるように感じてしまいます。幻肢痛もその一つです。

 

かゆみも末梢性のかゆみと、中枢性のかゆみがあります。

蚊に刺されて痒いのは末梢性のかゆみですが、肝臓病などで皮膚がかゆくなるのは、全身性で、中枢神経から発せられるかゆみなのです。何年も前のことですが、母の肝臓病が悪化していったときに、つねに皮膚がかゆいと言っていましたが、かゆみを抑える精油のブレンドクリームも全く効きませんでした。効かないわけですね、問題は皮膚の中になかったのですから。その時、このことを知っていたら、何かできたかもしれません。

 

痛みもかゆみも、伝える神経線維は同じC線維です。ただ、中枢神経で届くところが少し違うそうです。また、かゆいところを掻く動作というのは、実は脊髄反射であって、脳まで届かずに行っています。また、アトピーのようにずっと「痒い、掻く」、ということを繰り返していると、通常は真皮の中にだけあるC線維が表皮にまで伸びてきてしまうため、より、外部からの刺激に敏感になるようです。

 

また、「かゆみ、掻く」、は心の影響を大きく受けることは間違いありません。たとえば、ドラマなどで何かちょっと恥ずかしいことがあった時に、頭を掻くしぐさをしたりするのを見たことがあると思いますが、あれも、ちょっとした心のストレスによる無意識の動作なのだそうです。痒い、という話をしているだけで、実際に頭がかゆくなったり、ちょっとどこかを掻いてしまったりしませんか? 今、この話を読んでいる皆さん、どこか、掻いたりしていませんか?

アロマセラピーは心を扱う療法です。ぜひ、そこを掘り下げていってみてください。

今までと違うクライアントアプローチを考え付くかもしれません。

 

皮膚感覚の不思議

「皮膚感覚の不思議」山口創 講談社 880円

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line