February 06 2017

香りを創る

昨年、AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格対応講座というコースがJEAでスタートしました。

664e9d1f30a31e8697988fef86155360-470x313

私もaroma’sの化粧品の精油ブランド、インナーバランス、エナジーチャージ、フェアリーブーケの3つのブレンドを創る中で自然と香りを創る楽しさも知っていましたので、このような講座ができたことはよかったと思っています。

単に香りを創るといっても、香りのテーマ以外にも、すぐに使うものと何ヶ月先まで使うもの、皮膚に使うものとそうでないもの、TPOなどに合わせて様々なことを考える必要があり、そのようなことも計算に入れながら香りを考えるのは楽しいものです。

香り作りは絵を描くのと似ていて、まさにアートだと思います。

ちなみに「マッサージはアートである」と私の恩師のクレア・マックスウェル・ハドソン先生が仰った言葉も。何年たっても真実だなと感じます。

 

「ゼラニウムとムスクの香りを混ぜると石鹸の香りができる」と、ブレンドデザイナーのインストラクター講習会のテキストにメモがあったのですが、ムスクはジャコウジカの腹部の香嚢という腺からの分泌物で、そう簡単には手に入りません。

 

しかし、植物界にそれとよく似た香りを持つアンブレットシード(和名:ニオイトロロアオイ)というものがあり、私はそれを何年も昔にある方からもらっていたのでした。
そこでこのアンブレットシードとゼラニウムで本当に石鹸の香りがでいるのか試してみました。

結果は、そういわれれば、そうかも、という程度でした。

ブレンド比率などはわかっていなかったので、正しい比率で作れば、もっと石鹸の香りができたかも。

 

ちなみに、日本では合成香料が出来るまでは、石鹸の香りづけにクロモジを使っていたということを教えてくださったのは香りのデザイン研究所の吉武利文先生です。

ところでアンブレットシードを色々調べていったら、衝撃の情報が見つかりました。

それは、メナードが行った研究で、女性がアンブレットシードの香りを嗅ぐと、唾液中のエストロゲン濃度が嗅ぐ前と比べて1.2倍近く上昇していたのです!

さらに、ローズ、ネロリ、バイオレットなどの香りを嗅ぐことで、オキシトシンの分泌が1.8倍に増加し、さらにそれが肌の表皮の細胞と真皮の細胞に働きかけて、肌の幹細胞を1.3倍に活性化させることもメナードの実験で確認されました。

ということは、これらの香りを嗅ぐだけで肌の生まれ変わりが活発になるということです。

嗅ぐだけで美しくなれる、aroma’sでもそんな香る化粧品を創っていきたいですね。

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line