April 06 2017

プチ断食に行ってまいりました。

IMG_6986

 

主催されたのは、神主、かつ住職である町田宋鳳という方です。14歳で出家、大徳寺に入られた後、渡米、ハーバード大学神学部で修士号、ペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得たのち、日本の多くの大学で宗教について教鞭をとったのち、静岡県御殿場市に無宗派寺院「ありがとう寺」を開かれた方で、日本では「ありがとう断食セミナー」を年に数回、ありがとう禅「風の集い」を数回開催されておられます。

 

2年前のあるセミナーで初めてお会いし、今、やっとこの断食セミナーに参加することができました。友人の看護師さんと二人で参加、たった二泊三日でしたが、思ったより、食べないのはつらい、ということです。二人とも、食べることが大好きで、私など、一日に4食食べてしまうこともあり、ドンドン体重が増える一方だったのと、26年前、6か月のインド放浪の旅でおなかを壊し続け、食べ物もそれほど食べずに旅行したため、図らずも、断食、デトックスを経験したあと、イギリスに帰国したところ、今までの人生で頭の回転、記憶力が最高にアップし、味覚や嗅覚もするどくなった経験があるため、断食やデトックスの効果にはすでに気が付いていたことがあります。

 

それに加え、この断食が単に断食をするだけではなく、「ありがとう」や「般若心経」を一日に何度も唱えるセッションがあることが、私が興味を持った理由です。唱えすぎてのどを痛めましたが。

 

IMG_6985

 

総勢42名の参加者は男女半々で、会社の経営者や医師などもおられて、みんなでありがとうを唱えているときは、声が素晴らしい共鳴をし、倍音が醸し出されて、音の力を感じました。その中でも、だれよりも力強く素晴らしい声でありがとうを唱える町田先生は67歳ですが、まだ50代に見えるほど若々しく、ご自身の教えを体現されておられました。

 

あまり、内容をしっかり確認せず参加したので、最終日の朝に宿便を出す、というのは到着してから知りました。

断食明けの食事は、どんぶりに5杯のお湯に、大きな梅干を少なくとも合計8個は入れて飲んだ後、ふろふき大根を食べ、生野菜を山盛り食べる、最後に卵やバターを使わないパンとミルクティーを飲むというものでした。

 

IMG_6982

 

ということで、すっきりいたしました。

ありがとうございました!

Category / その他

Author / Kazue Gill

line