IMG_0256


命の尊厳
今から15年前、私は高槻日赤病院の緩和ケア病棟でのアロマセラピートリートメントを始めました。当時、ジャパン・エコール・デ・アロマテラピーに学びに来てくださっていた看護師さんが勤務していた病棟でした。その看護師さんにご紹介をいただいたのです。それまで、単発で緩和ケアとしてのアロマセラピーを行うことはありましたが、定期的に病院を訪問して行うというのは初めてでした。この頃、まだセラピストサービスソレイユも正式には発足していませんでした。
訪問を始める前に、その時の病棟長の先生に面談した時のことを今でも覚えています。とても優しそうな先生で(実際優しい先生でした)、お話の内容はほとんど覚えていませんが、今でも強く印象に残っているのが、その時、先生がオルゴール療法に興味を持っていることをおっしゃっていたのと、先生が私に質問されたことでした。「患者さんが死にたいって言ったらギルさん、どう思われますか?」と質問されたのです。そういう言葉が出るくらいの辛さを患者さんが感じているということですが、実は、この何年かのちに、私の父がガン治療を受けていた病院で、母もガンであることを告げられた日、帰りのタクシーの中で母は「もう、死にたい」と言ったことがありました。それくらい、精神的に追い詰められるのです。この質問に対し、わたしは「患者さんには自分の命をどうしたいのか、自分で決めることが許されていいと思います。たとえそれが間違いであったとしても、間違うこともその方に許されるべき自由だと思います」というような内容のお返事をしました。先日、亡くなった女優の樹木希林さんの言葉として、『死ぬ時くらい好きにさせてよ』というのがありますが、そのような意味です。尊厳死については、正しいかどうかは別として、命について自分なりの軸を持っているかを先生はお知りになりたかったのかもしれません。


セラピストとしての死生観
緩和ケアの患者様たちは死を目の前にされている方々です。アロマセラピストがその方々のもとへ行き、弱った身体に直接触れてトリートメントをし、コミュニケーションが可能な方とは会話もする。病院として患者様の命を支え、心をケアし、治療をしている現場に、海のものとも山のものともわからない人間が、国家資格でもない、アロマセラピストという資格でやってきて、そういう行為をすることを許可する、というのは、常識で考えればかなり大胆であり、患者様に害が及ぶ危険もはらんでいることだとは思いませんか? 
でも、それを許してくださったのがその時の病棟長でした。でも、きっと、完全に信用してくださるまでは一年くらい、様子を見られていたような気がします。
ボランティアとしてのネームカードをいただけたのが、一年くらいしてからでした。緩和ケア病棟の職員の皆さんは、何年も毎日のように看取りをされています。それにくらべ、そういう経験をしたことがない自分が、いきなりそんな現場に行って大丈夫なのか、心身の苦痛を持つ方々を前にして、取り乱さないでトリートメントができるか、不安を持ちながら施術初日を迎えたのを覚えています。
人間にとって、死とは必ずいつかやってくるもの、自分が愛する大事な人たちにも、そして自分にも。それがいつやってくるか、わかりません。突然やってくることもあります。
頭では理解できていても、感情的には普通の人間にとってはこのことを受け入れることは苦痛を伴うことです。お釈迦さまが、「生老病死」という人間の苦しみから逃れたくて修行を始めたくらいですから、とても辛いことなのです。


職業倫理
このところ、アロマセラピーの基礎とハンドマッサージだけをさっと学んで、いきなり困っている人の施術をしにボランティアに行く、という方が増えている気がします。私はここにとても疑問を感じます。たとえボランティアであっても、アロマセラピーの知識はもとより職業倫理や人間の心理のことなど、必要な事をきちんと学ばなければ、助けたいと思っている相手に逆に迷惑なことになったり、心を傷つけたりして、信用を失う可能性があるのです。それはアロマセラピストという職業の信頼性を落とすことなのです。英国のようにアロマセラピストが多く医療現場で活躍している海外では、医療や介護の現場にアロマセラピストが入るためには、かなり専門的な訓練を受けていなければ許可されません。日本でもそうしたプロセスが必要ではないでしょうか?

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

6 月9 日、10 年ぶりくらいでイギリス本部主催のIFPAカンファレンスに出席してきました。

IFPA会長のモージェイ先生と

↑IFPA 会長のカブリエル・モージェイ先生と

今、英国でのアロマセラピー事情がどうなっているのかを聞いてきたい、ということと、前日の8日には認定校ミーティングもあり、外国人会員として英国人の次に一番多い日本人の立場を守りたい、という気持ちもありました。

開催されたのはエジンバラというスコットランドの古都です。

年に一回、エジンバラフェスティバルという、舞台芸術の祭典が開かれ、世界からたくさんのアーティストが集まります。

エジンバラ

また、ハリーポッターが書かれた町でもあります。(行くまで知りませんでしたが・・・)

5 人のスピーカーのどなたも素晴らしい内容でしたが、特にクリニカルアロマセラピーを実践されている、エジンバラのWesternGeneral Hospital とRoyal Infirmary という二つの病院で補完療法コーディネーターとして長年貢献してきたAngela Secretanさんの活動の紹介はとても良いものでした。

アンジェラさんの活動は大きく3 つ

①施術の提供(病棟だけではなく、外来がん患者の宿泊施設、 在宅でも)

②ガン患者さんのQOLを上げる製品の開発販売や在宅への人 材派遣を業務とする会社Lavender Touch の設立。

③広くアロマセラピーのサービスを提供するための人材育成やリサーチを行うシステムを作られました。一人の人が、この3 つを同時に進行させるというのは容易ではありません。たいがい、そのうちのどれか1 つ、よくて2 つしかできないでしょう。ガン治療の現場で患者さんが経験する様々な苦痛を知り尽くしたうえで、その方々が必要としているサポートを様々な側面から行っておられました。

①では病棟内で施術するだけではなく、放射線療法を受けるため、連続で何日も通院しなければならない場合、遠方からの患者さんは病院が用意した宿泊施設に泊まりますが、たった一人で心細い気持ちの患者さんを支えるためにアロマセラピーの施術がとても助けになるのです。訪問アロマセラピーも、田舎に住むガン患者さんへの派遣のシステムを構築されています。

②ではアロマスプレー、ディフューザー、アロマスティックといった製品以外にも、緩和ケアの患者さんには匂いの対策を行うブレンドを提供したり、また、ガン治療の副作用として発汗がひどい患者さん用に、竹の繊維で作ったパジャマを開発、販売しています。汗を良く吸って、しかも、乾きが早く、身体が冷えないため、着替える必要がない、といった製品です。

③では、ガン患者への専門アロマセラピスト育成のために得た研修費を、セラピストの実地研修を行って病棟で患者さんに無料で提供するための資金に充て、その施術データを調査や研究に活用し、アロマセラピーの有用性を証明していき、それを聞いた人たちがまた、専門的研修を受けにくる、という循環を生み出しています。とっても素晴らしいですね!日本でもこれに見習いたいと思いました。

ラベンダータッチの活動を紹介するセクレタン先生

↑ラベンダータッチの活動を紹介するセクレタン先生

香りそのものの効果の重要施を説くリヤノンルイス先生

↑香りそのものの効果の重要性を説くリヤノンルイス先生

英国の病院で使用されている精油の吸入器 とても人気がある

↑英国の病院で使用されている精油の吸入器はとても人気があるそうです

今回、エジンバラに英国人の親戚がたまたま住んでいたことで、彼女の家に泊めてもらい、半日市内観光、会場や駅への送り迎えまでしてもらって、とっても助かりました!お土産の心配までしてくださり、買ってきてくれたりと。心からのおもてなしに感謝です。

ロイヤルボタニックガーデンの中の素敵な建物

↑ロイヤルボタニックガーデンの中の素敵な建物

また、今回、IFPA の熱心な理事たちとも顔を合わせて意見交換し、具体的なことを相談できたことも収穫でした。来年3月3日にハービスプラザで開催するIFPA会員症例研究報告会にも、本部からの資金援助をいただけることになりました。IFPA 会員の皆様、症例や、ご自身の活動のデータなど、共有してくださいませんか?

7 月からお申し込みの募集を開始します。「こんな内容はエントリーできるのですか?」など、ご質問はいつでもお受けしていますので、ぜひ、お問い合わせください。

http://japan.ifparoma.org/

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

今年のゴールデンウィークは、スクールのスタッフや卒業生さんと一緒に九州の長崎県佐世保市で無農薬、有機栽培で柑橘栽培をされておられる農家の「Natural Boomgaard/ナチュラルブームガード」さんを訪ねました。

ちょうどこの時期は、ネロリの花が満開です。

 

▼ダイダイの畑でネロリの花を摘みます。

IMG_0014

 

▼満開の時でしたので、たくさんの花が摘めました。

IMG_0010

 

ネロリはビターオレンジ(Neroli bigarade)、日本ではダイダイと呼ばれるミカン科の植物の花びらを蒸留して得られる精油で、目的はネロリの花を摘んで、水蒸気蒸留して頂くというものです。

ネロリはその昔、イタリアの貴族が着用していた革の手袋に良い香りをつけて、臭みをマスキングする目的で用いらていたことは有名です。また、オーデコロンにも使用されていました。

ローズやジャスミンとならび、本当に幸せな気持ちにしてくれる香りのする素晴らしい精油ですが、とても高価な精油でもあります。精油は高価ですが、精油を得る際に生産される副産物の芳香蒸留水(フローラル・ウォーター)はお求めやすい価格で、化粧水として洗顔の後にふんだんにお顔に使うことが出来、そのたびに幸せな気持ちになれます!

無農薬、有機栽培で育てられたネロリの芳香蒸留水はとってもいい香りでした。

お花を摘んだあとは、とっても美味しいベジタリアンお弁当を畑でいただき、そのあと、蒸留をしていただくところへ移動です。

 

▼蒸留器にネロリの花を入れます。

IMG_0032

 

▼オーナーの山辺さんが、ガラスの蒸留器でデモンストレーション蒸留をしてくださいます。

IMG_0018

 

柑橘類の精油は、心を明るくする効果がありますので、心が落ち込んでいる時、暗い気持ちになっている時、ウツっぽくなっている時におすすめな一方、もともとネアカな方にも喜ばれる香りでもあります。

 

 

▼ネロリの精油成分が産生されている油胞が、光に透けて見えます。

IMG_0037

 

もちろん、ネロリだけでも素晴らしい香りですが、私はグレープフルーツの精油とブレンドして使うのが好きです。このコンビネーションは私にとってまさに「天の香り」です。

嗅ぐだけでいい気分になれて、その影響で身体の調子にもよい変化が起きる、これがアロマセラピーの醍醐味ですね。

 

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー(JEA)のセラピスト派遣事業部(セラピストサービス ソレイユ®)は毎年、7,000回を越える施術を様々な医療や福祉の現場で行っています。このようなことが可能なアロマセラピースクールは日本には他にありません。もしかすると、世界にもないかもしれません。この活動を14年間に渡って維持、拡大できてきたのはなぜでしょうか?

それは、ソレイユのメンバーがプロ意識を持って行動しているからなのです。最近、アロマセラピーもマッサージも全く学んでいない方がハンドマッサージの方法だけ単発の講座で学んで即、病院などでボランティアとして施術を始めてしまう、というような話が耳に入ってきます。この国ではアロマセラピーは補完療法として医療現場で施行されていますが、病を持った方々、命にかかわる状態の方々の治療が行われている現場で自分が何をしているのかという自覚をそのような講座を受けただけの方が持っておられるのか、大変疑問です。

ボランティアだからそういう自覚が緩くていいという考えで現場に入ってしまわれると、アロマセラピー自体がこれからも永遠にボランティアでするもの、という認識をセラピストも医療施設側も持ち続けてしまいます。それはアロマセラピーにとって決して良いことではありません。

アロマセラピーにしろ、リフレクソロジーにしろ、その他の補完療法にしろ、医療施設でそういったものを実践するために学ぶべきこセラピストサービス ソレイユ®とはどれも一緒です。それらを図にまとめたものがこちらです。

jea_01

見出しだけではわかりにくいものもありますが、機会があれば解説したいと思います。

JEAカリキュラムのモジュール1~3(特に3)、田村祐樹先生のサイモントン療法、黒丸尊治先生のホリスティック・コミュニケーションで学ぶことの中にちょっとずつ、織り込まれていることではありますが。こういうことは、精油の新たな薬理効果や使用方法なんかを学ぶことに比べるととても地味なことに思えますが、クリニカルアロマセラピーを医療施設で実践するには、むしろ、こういったことの重要性がはるかに高いということをJEAの生徒の皆様には知っておいていただきたいです。

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

ドイツの多国籍企業ヘンケル社から突然メールでコンタクトがあったのは、2017年夏の終わり頃でした。

それはヘンケル社の事業部の一つ、シュワルツコフ・プロフェッショナルからの仕事のオファーでした。

スクリーンショット 2018-01-19 11.51.04

シュワルツコフ・プロフェッショナルは1903年に薬剤師のハンス・シュワルツコフが、ドイツで初めてのパウダーシャンプーを発売して以来、100年以上の歴史を持ち世界中の美容室で評価され、数多くのトップヘアスタイリストに愛用されているヘア・コスメティックブランド。

IMG_8653

そのブランドが2018年1月15日に日本以外の世界で発売を予定していたのが「Oil Ultime」でした。

スクリーンショット 2018-01-19 11.51.06

コンセプトは「身体の中と外から美しくなる、アロマセラピー効果」

この商品はヘアサロン向けのもので、私はシュワルツコフ・プロフェッショナルを使用している世界の美容師に向けて、Oil Ultimeを使うことによるアロマセラピーの効果や、活用法を提案するアロマセラピー・アンバサダーのお役目をいただいたのでした。

IMG_8646

日本中のアロマセラピストの中から私を選んでいただいたのはとても光栄でしたが、

「西洋で生まれたアロマセラピーなのになぜ日本人?」と思いました。

私はストレートにその疑問を担当者にぶつけてみたのですが、「心身一如」のアプローチは彼らにとっては伝統的には「東洋的」だとのことでした。なるほど!

去年の11月にドイツのハンブルグにデモ動画の撮影のために行きました。その動画がこれです。

動画の中には出てこないのですが、サロンへの使用マニュアルには、私が書いたアロマセラピーの作用機序や、ヘッド、ハンドマッサージの効果などが掲載されています。

IMG_9539

シュワルツコフ・プロフェッショナルが私を選んでくれた理由は、私がホームページなどで伝えている、どんなときにも心のケアが大切であるという考えが彼らのニーズにマッチしたからではなかったかと思います。人間は心の生き物です。

心がすべてを変える、と言っても過言ではない気がします。

 

心に栄養を与えることが、人の幸せ、健康、美、生きるエネルギーになるのだと思います。

私は、日本ホリスティック医学協会認定のホリスティック塾インストラクターもしているのですが、ホリスティックな考えを突き詰めていくと、どうしてもここに行きついてしまうのです。

これからも、それを基本に生きて行こうと思います。

IMG_8694

Category / その他

Author / Kazue Gill

line

朝日

2018 年の始めにあたり、セラピストの役割について改めて考えてみたいです。

健康はどうやったら維持できるのでしょうか?

病気にならないことが健康なのでしょうか?必ずしもそうではないと思います。

 

たとえば、日本の整体の草分け、野口整体では、風邪は病気というよりも、身体の調整をしていると考えます。身体に生じたゆがみが、なぜか風邪が治った後には無くなっているのです。

身体を冷やしたり、不摂生をすれば、身体にゆがみが生じるので、不摂生をしたり身体を冷やすと風邪をひく、と普通は考えられてしまうのかもしれません。

身体には常に、治ろうとする自己調整能力があるので、ゆがみがひどくなってくると、自然にその調整をするために風邪をひくのだと考えれば、むやみに薬を飲んだりして熱を下げたりすることは、その調整を途中でやめさせてしまうことになり、身体のゆがみが残ったままになり、身体の調子が悪くなっていくのだそうです。

身体がゆがむことは、神経伝達、血流、リンパの流れなどが妨げられ、いたるところの臓器や組織が衰えていくことにつながるのです。

 

私たちセラピストは、身体に本来備わった「治る力、自分で調整をする力」を最大限に引き出すことを目指すべきでしょう。自分で調整する力とは、どこかの筋肉がこわばってきたら、無意識に伸びをしたりする反射のことです。

また、筋肉のこわばりは身体の関節の微妙な動きを止めてしまいますので、内臓にまで影響を与えてしまいます。身体の筋肉がこわばってきたら、猫や犬のように、自然に伸びが出るような状態が人の本来の姿です。

治る力、自分で調整する力を引き出すのに一番良い方法は「心身を緩める」ということです。

生まれたての赤ちゃんのような状態に身体をリセットしてあげることです。

 

リラックスという言葉は「re = 再びlax= 緩む」という二つの部分からできた言葉ですので、人のもともとの状態、すなわち、緩んだ状態に身体が戻るのをトリートメントや精油の力でお手伝いす

るだけであとは身体が自分で調整をしてくれます。

リラックスした状態に一度戻してあげることで、次にこわばりが出てきたときに、それを違和感として感じることができ、自然に自分で調整できるようになります。

そして、風邪も、自然の身体の調整だと思って、薬で抑え込まないことです(高齢者や身体の弱っている方は別です)。

この一年、皆様が自分にとって必要なことが実現できる年になりますように。

のんびりしたり、まったりすることも時には必要です。

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

アロマセラピーサロンなどでは短いコースだと必ず省略されてしまうのがお腹のトリートメント

日本では一般的にマッサージと言えばコリほぐし、という認識が強いのでそうなるのでしょう。

また、一般的に言って、お腹が凝っていると感じている方はあまりおられません。本当はここに感情をしまい込んで硬くなっている方もおられるのですが、そういうわけで、お腹のマッサージの優先順位はどうしても低いのです。

ただ、お腹は動物にとって、とても無防備な場所で、動物の急所てす。ここに触れられることを心から許す、というのは本当は結構、ハードルが高いことなのです。

ですので、無意識のうちにお腹のワークをサラッと済ましてしまうか、もしくは省略してしまうということもあるでしょう。

お腹は直接的には消化、吸収をする臓器のあるところですが、チャクラで言うと第三チャクラ、そして太陽神経叢のあたりなので、その辺りのウンチクもあるかと思いますが、それはそれとして、私の経験では、悲しみや怒りの感情をなんらかの原因でしまい込んでいるところだと感じます。

DSCN1918

まず、怒りに関しては、もっとも強い感情は、子供の頃からの、親からの否定的な圧力があると思います。

特に、親自身が大変な努力をして、その結果、社会的に成功して自信に満ちた人間であれば、自分の子供にもそのようになってもらいたいと強く望むのは不自然なことではありません。そういう親は子供が自由に、ありのままでいることを許せないかもしれません。

自分がそのままの自分で親に受容されない、ということは辛い。

親を求める動物的な欲求が強ければ、自分を否定する親に対する怒りを発散できないかもしれません。そのような時、横隔膜が緊張したままになり、呼吸が浅くなるかもしれません。それはそのまま、エネルギーの低下を招きます。酸素が取り込めませんから、身体が低酸素状態になり、疲労が溜まります。

先日、イギリスの病院で何十年もの間、患者さんのマッサージをして来たキース・ハント氏が来日された時におっしゃっていたことが思い出されます。

彼の働く病院には拒食症の若い患者も多く入院してきます。そして彼らの親の多くは医者だそうです。わかる気がします。

拒食、食べることを否定する、それは生きようとする原始的な身体欲求の抑圧です。

親のOKだけが自己肯定をもたらすわけではないのですが、幼少期や思春期に親に認めてもらえないことで心に傷を負うと、何年たってもその傷は綺麗には無くならず、ただ見えにくくなっていくだけかもしれません。

この傷に対する一番の薬は、自分も親もも「受容」することかもしれません。

セラピストからの肯定的なタッチがそれをサポートしてくれるでしょう。

 

今回のJEAアロマ収穫祭では、JEA一期生である宇川先生がお腹のトリートメントをして下さいます。

キース先生のマッサージの師であるクレア・マクスウェル・ハドソン先生が、今から20年以上前に、マッサージの授業で、お腹には感情が溜まっていると教えてくださいました。

JEAの一期生の宇川先生はもちろん、JEAのトリートメント手技やアプローチは基本的にクレア先生から受け継いだものですが、実は授業でも教えていない手技がまだあるのです。

今回のアロマ収穫祭では、宇川先生から通常使用しない手技も含め、クレア先生譲りのお腹の手技を受けることができます。

胎内にいた時に母から栄養を受けていたように、おへそからいっぱい生命エネルギーをチャージさせてもらう経験をしてみてはいかがでしょうか。

 

そして更に、お腹のトリートメントは生理学的に重要な2つの効果があります。

それは免疫機能と水分吸収機能の向上です。

日本リンパ学会会長で信州大学医学部特任教授の大橋俊夫先生のご説明によると、身体の中のリンパ球の60~70%が回腸から大腸の粘膜のところに待機しているのです。口から入ってきた危険な細菌はすぐその場で退治し、抗体を作ります。出来るだけ多くの細菌に適度に曝露されることで身体の免疫機能が活性化されますので、除菌ばかりしていると、免疫力か低下します。

また、食物から最後に水分を吸収するために、大腸の粘膜には沢山の血管があります。沢山の血管があるところには殆どの場合、沢山のリンパ管があります。

水分の吸収を行うため、大腸は浮腫みやすい臓器なので、リンパ管が発達しています。

大腸の蠕動運動が鈍いと水分が血管やリンパ管に吸収されにくくなる一方、浮腫むこと自体で蠕動運動が妨げられてしまうというのです。悪循環ですね。

他の組織でも同じですが、浮腫んだ組織の間質は汚れてしまい、細胞機能の低下を招きますし、免疫力も落ちます。

というわけで、お腹を優しくトリートメントすることは、副交感神経を優勢にすることと、腹部にある沢山のリンパ管の動きを刺激して水分の貯留を解消することで、腸の蠕動運動を促すのです。

正常に動く腸は間質に無駄な水分も汚れも溜まらず、免疫力も保たれるのです。

お腹のワークの重要性、高いですね!

 

★ ★ ★

 

JEAアロマ収穫祭は11/23(祝・木)JEA大阪校にて開催します。

講師による施術体験ができる貴重な機会です。

ぜひ遊びに来てくださいね!

 

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

精油の世界、香りの世界は本当に奥深い!と改めて思います。

アロマテラピーを始めてから24 年目となりますが、まだまだ発見すべき世界がそこに広がっていますね。

特に精油のブレンドで醸し出される新しい香りには驚きます。組み合わせは無限にあるわけなので、いつどこで、素晴らしい香りができるかわかりません。香りのブレンディングの基本というものがあり、これを無視して薬理効果だけを考えるなら、とんでもない香りを作ってしまいます。でも、たまにはそのルールを破ると思わぬ良い香りができ上がるのです。最近、アロマのお客様のトリートメント用に作ったブレンドがこれにあたります。

●ネロリ 2 滴

●ローズ 1 滴

●ユーカリラディアータ 5 滴

●ベルガモット 2 滴

●オレンジ 4 滴

●マジョラム 2 滴

調合2

ネロリ王女とローズ女王をぶつけるだけでも、主役争いが起きそうな雲行きの上に、そこにちょっと毛色の違い過ぎる山男のユーカリラディアータを5 滴も持ってくるか?と思うのが普通なのですが、そこにベルガモットちゃんとオレンジ君が「まあまあまあまあ、仲良くやりましょう」、と楽天的に割って入り、その場をうまくまとめて融合。

そして、それだけだとフワフワと漂い、昇天しそうなところをマジョラム女史がぐっと引っ張り下ろしてグラウンディングしてくれています。このお客様は、苦手というか、身体に反応が出てしまう精油が結構あって、体質や症状にはピッタリでも、使いたくても使えない精油があるという縛りがありました。縛りがあるということは私にとって非常にやりがいのあるものになるのです。むしろ、それでかえって良いものになったりするのです。

皆さんもぜひ、ブレンディングの世界を探検してください!

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

9月30日、10月1日にキース・ハント先生の来日講習会・講演会が開かれました。

 

24名の講習会参加者の方々は、すでに去年のIFPA主催のロンドンツアーでの研修や、4年前のIFPAカンファレンスの時の大阪校での講習会に参加された方も、そして、今回初めてという方もおられました。

看護職、医師の方も興味を持って講演会を聞きに来てくださいました。

DSCN1593

ヨーロッパでも有数のロイヤルフリー病院はロンドンにあり、様々な難病、感染症も扱う、大きな総合病院です。

その病院で17歳の時から職員(スポーツセンターマネージャーとして就職)として勤務を始め、25年ほど前に、触れる事の力、マッサージの意義に目覚め、JEAの信条の源である、クレアマクスウェル・ハドソン先生に師事、職員のマッサージをボランティアで行っていたところから、次第に病棟の医師から患者にマッサージをしてほしいと頼まれるようになり、いつしか、スポーツセンターマネージャーから、補完療法チームリーダーとして勤務するようになりました。今年で勤務52年目の今年、年間施術回数は34,000回、25名のセラピストで行ってますが、キース先生はこの間、一日も病気で欠勤したことが無いという、驚愕の記録の持ち主です。

DSCN1642

「仕事を仕事と思っていない、自分のやっていることが大好きだから!」と満面の笑顔でお話しされるキース先生は、“歩くセントラルヒーティング”と言われるほど、暖かい手をしておられます。毎日一人のセラピストが18名の患者さんを施術するため、セラピストのセルフケアは重要です。マッサージの身体の使い方も、やはり正しく出来ています。

DSCN1789

ロイヤルフリー病院で施術をするセラピストの11名は有償、残りがボランティアの方々です。経費やその方々の報酬は、ロイヤルフリー病院への寄付金から支払われています。もちろん、寄付金ですから、必ずいつも潤沢という訳にはいきません。そこで、キース先生は寄付金集めのためにも奔走されます。今回の講師料もすべて、寄付金に回されます。キース先生は1ポンドも貰っていません!!!

 

患者さんは、医師が認めれば毎日マッサージを受ける事が出来ます。それも無料で!

また、自分の担当した患者さんで亡くなられた方のお葬式にも行かれますし、退院された患者さんや遺族の方々との交流も続けておられます。経過観察で外来で来られる方にもマッサージを行っています。

DSCN1930

こんな夢のようなことがイギリスのどこの病院でも可能なわけではなく、世界を探しても、ここまで患者さんがふんだんにマッサージを提供してもらっている病院は他にはありません。ひとえに、キースさんの情熱Passionがあってこそ実現しているほぼ、ミラクルなのです。

キースさんは光り輝く弥勒菩薩の様な方です。講習会の間中、教室は愛のオーラで満たされていました。「心でつながる」ために、そして、患者さんの反応を見逃さないために、施術中はできる限り「アイコンタクト」をしたまま、施術をします。

 

医療施設の中でマッサージを行うことをクリニカルマッサージと呼びます。当然、そこには人の生死にかかわるたくさんのことが起きていますので、その中でマッサージセラピストとして活動するうえにおいて、数々のシビアなルールも存在し、それを破ってしまったら、いままで何年貢献してこようが、スパッと切られてしまう可能性があることを常に忘れずに仕事をしています。

DSCN1799

セラピストがすべきこと、すべきでないこと、それを明確にし、境界線(けじめをつけること)を越えず、しかも、医療スタッフとのチームワークは必須で、それを守りながら活動してきたことが、25年以上にわたってキース先生がマッサージを続けて来られた理由です。患者さんに、そして医療スタッフに「信頼」してもらうためにすべきことをして来られたのです。

DSCN2025

私も以前の講習会、ツアー、今回の講習会に通訳として、オーガナイザーとして関わらせて頂き、何回もキースさんのマッサージを見て、お話しすることも聞いていますが、それでも、今回、さらに理解が深まりました。そして、キース先生、JEAの講師も生徒さんも、みんな、クレア先生のエッセンスを受け継いでいるクレアチルドレンなのだということも、改めて感じたのでした。

IMG_8401

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line

皆さんは痛みとかゆみの違いについて考えたことはありますか?

ジャパン・エコール・デ・アロマテラピーのモジュール3の授業で「痛みとアロマテラピー」について教えていますが、アロマテラピーのトリートメントが、「やさしく触れること」、「マッサージ効果」、「精油」、「施術者」、「会話」、などの複合的作用として、ときに驚くような疼痛緩和に役立つことがあります。

痛みの神経伝達メカニズムは非常に複雑です。その中で、皮膚感覚について調べるうちに皮膚感覚の研究者である山口創先生の本に出合いました。ご存じの方もおられると思いますが、その中で色々な面白い事実を知ることができます。

痛みは人間にとって危険を知らせる感覚であり、なければ命を落とすくらいの重要な感覚ですが、かゆみはどうでしょうか?

 

アトピー、乾癬、皮膚掻痒病、花粉症や目のかゆみ、これに悩まされている人は本当に多いですが、なぜ、こういう症状が出てしまう人と出ない人がいるのか、考えてみたことはおありでしょうか?

 

ところで、痛みは脳で感じるものですので、実際に末梢で痛みを起こすような刺激がなくても、神経が興奮してしまえば、あたかも末梢で痛みの原因があるように感じてしまいます。幻肢痛もその一つです。

 

かゆみも末梢性のかゆみと、中枢性のかゆみがあります。

蚊に刺されて痒いのは末梢性のかゆみですが、肝臓病などで皮膚がかゆくなるのは、全身性で、中枢神経から発せられるかゆみなのです。何年も前のことですが、母の肝臓病が悪化していったときに、つねに皮膚がかゆいと言っていましたが、かゆみを抑える精油のブレンドクリームも全く効きませんでした。効かないわけですね、問題は皮膚の中になかったのですから。その時、このことを知っていたら、何かできたかもしれません。

 

痛みもかゆみも、伝える神経線維は同じC線維です。ただ、中枢神経で届くところが少し違うそうです。また、かゆいところを掻く動作というのは、実は脊髄反射であって、脳まで届かずに行っています。また、アトピーのようにずっと「痒い、掻く」、ということを繰り返していると、通常は真皮の中にだけあるC線維が表皮にまで伸びてきてしまうため、より、外部からの刺激に敏感になるようです。

 

また、「かゆみ、掻く」、は心の影響を大きく受けることは間違いありません。たとえば、ドラマなどで何かちょっと恥ずかしいことがあった時に、頭を掻くしぐさをしたりするのを見たことがあると思いますが、あれも、ちょっとした心のストレスによる無意識の動作なのだそうです。痒い、という話をしているだけで、実際に頭がかゆくなったり、ちょっとどこかを掻いてしまったりしませんか? 今、この話を読んでいる皆さん、どこか、掻いたりしていませんか?

アロマセラピーは心を扱う療法です。ぜひ、そこを掘り下げていってみてください。

今までと違うクライアントアプローチを考え付くかもしれません。

 

皮膚感覚の不思議

「皮膚感覚の不思議」山口創 講談社 880円

Category / アロマコラム

Author / Kazue Gill

line