閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2021May19

    アロマフェイシャルトリートメントで溜まった疲れをリフレッシュ

    こんにちは、JEA講師の細尾です。
    コロナ禍の中、皆さまどうお過ごしでしょうか?
    オンライン作業が増え、目の疲れは以前より強くなっているのではないでしょうか?

    そこで眼精疲労へのアロマケアを考えた時、まず浮かぶのが、まぶたの上への温湿布や冷湿布だと思うのですが、他にもアロマでできる方法って何だと思いますか?
    それはアロマフェイシャルトリートメントなんです!一般的にフェイシャルトリートメントと言うと美容効果を期待する方が多いと思うのですが、私が担当する『癒しタッチの1Day フェイシャルセラピー』では、受講生同士交代でモデルになって練習を行うのですが、その優しい癒しタッチでトロトロになったあと、授業終了時受講生から聞こえてくるのがまず、「目が楽になった!」「視界が広がった!」という声なのです。きっと皆さまこの効果についてはノーマークだったのでしょう。

    眼精疲労
    授業開始時と比べお肌の透明感が増したことや顎のラインがすっきりしたこと、精油の香りと優しいタッチにより思った以上に心身がリラックス&リフレッシュしたこと以上にこの《目の変化》について驚かれているのです。
    実際見た目にも目の輝きが増しています。そうなんです。実はこれもこのフェイシャルセラピーの魅力の1つなのです。
    『癒しタッチの1Day フェイシャルセラピー』はその名のとおり1日だけの講座であり、受講はどなたでも可能な為、受講生のほとんどがフェイシャルトリートメント初心者であり、ボディトリートメント未経験の方もご受講くださいます。
    そうなると当然、授業開始時は非常に皆さま緊張しておられ、手が固くなり、なかなか理想的な柔らかなタッチにはなりません。当然です。狭い範囲で凹凸が多く、目、鼻、口、耳という穴だらけのお顔はボディ以上に気を使います。
    それでも最終的には先に述べた素晴らしい変化が起こるのです。それはなぜなのでしょう?それはもちろんこのメソッドが素晴らしいからというのがあるのですが、それよりもまず受講生の皆さまが、このメソッド第一の心得である【癒しタッチ】の意味をよく理解し、緊張しながらも慈しみの気持ちを持って、1つ1つ丁寧にお相手のお顔に触れておられるからだと私は思うのです。技術の前に心。心があればおのずと【癒しタッチ】に近づけるのです。だから成果が出るのです。
    それが当校のフェイシャルセラピーなのです。そして私は是非、これをセルフで行ってご自身の眼精疲労緩和や心身のリラックスやリフレッシュ、そして美容に役立てていただきたい!!もちろん人にしてもらった方が気持ちが良いので、このセラピーを習った誰かにしてもらうのが一番のオススメですが(笑)

    アロマフェイシャル

    ギル校長のトリートメントの師匠である伝説の英国人セラピスト、クレア・マクスウェル・ハドソン氏から伝授されたリラックス効果の高いフェイシャルトリートメントを、シンプルで習得しやすいように構成をした『癒しタッチの1Day フェイシャルセラピー』は、今だからこそオススメの講座です。まだの方は是非ご受講くださいませ!

    >>癒しタッチの1dayフェイシャルセラピー講座案内はこちら

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報