閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 夏の疲れをアロマテラピーで癒しませんか

    ・・・

    e69599e69d90e7b2bee6b2b9

    ・・・

    ただいま、大丸梅田店 2階コスメイベントスペースにてイベント開催中です!

    開催期間:2010年8月30日(月)~9月19日(日)

    午前10時 → 午後8時

    お近くにお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄り下さいね^^。

    スタッフ一同お待ちしております♪

    大丸梅田店公式ホームページ

    詳しくはコチラもご覧ください!

  • e796bce7979be7b7a9e5928ce8ac9be5baa7e38396e383ade382b0

    ・・・

    しばらく暑くて忙しくて書き込めませんでした。すみません~。今回はちょっとまじめなお話です。

    ・・・

    先週、大阪看護協会の仕事に行ってきました。

    大阪府看護協会の「がん性疼痛看護認定看護師」を育成する教育課程で、

    緩和ケアに関わる看護師の方々が、痛みのスペシャリストとして認定を得るものです。

    私はその中で、「非薬物的アプローチ・メディカルアロマテラピー」というところを担当させて頂きました。

    授業のなかで、「精油を扱ったことが全くない方はいますか?」と質問したところ、

    32名中、手を上げたのはたったお一人でした。これにはビックリしました。さすが、緩和ケア病棟の看護師さん。

    ただ、あとで感想文を読んでわかったのですが、

    皆さんがフルにアロマセラピーを現場に取り入れていらっしゃるわけではなく、

    多くの方が、取り入れた いけれど、危険性が気になったり、

    難しいものだからちゃんとした資格がある人が取り扱うべき、

    などの理由で、消極的な対応にとどまっていることがわかりま した。

    ・・・

    今回の私の個人的ミッションは、「看護師さんにアロマセラピーについて教える」ではなく、

    「病棟で看護師さんにアロママッサージを実践していただく、そのために敷居を低くしてさしあげる」ことでした。

    そのために、医療者として安全性、使用方法、精油やマッサージの作用機序をきちんと把握していただく一方で、

    その気持ちよさを肌で感じていただく、 マッサージはそんなに難しくないということを実感していただくことでした。

    緩和ケアでのマッサージに求められるのは、技術ではなく、「愛、おもいやり」で あり、

    それを手を通して表現することが重要だともお伝えさせていただきました。

    ですので、授業では、実技に4時間かけ、多くの方が喜ばれる「膝下のマッサージ」と

    「背中のマッサージ 」をじっくり練習して頂きました。

    皆さん、予想外に気持ちよかったようで、ぐっすり眠られている方もおられ、

    多くの参加者の方が、「健康な自分でもこんなに気持ちがいいんだから、

    患者さんはもっと気持ちいいはず」と感想を書かれていました。

    また、精油には香りだけではなく、それぞれに違った薬理作用があるということにも気がつかれ、

    ミッションはほぼ遂行できたと思います。

    ・・・

    アロマセラピーのような自然療法に関しては昨今エビデンスが求められていますが、

    人の心の平和、救いが痛みを和らげるというたぐいのことに関して は、医療介入という枠の中ではなく、

    人間としての人との関わり方に立ち返らねばならない部分でもあり、

    臨床のエビデンスだけでその有用性を測ってしまっては核心を見失ってしまうと感じます。

    アロマセラピーのやさしい香りと作用、そしていたわりのこもったタッチは痛みを和らげます。

    鎮痛に使うモルヒネは身体の痛みを楽にしてくれるお薬ですが、「愛」は心のお薬だと思うのです。

    ・・・

    この授業ではアロマセラピーマッサージについて、形、作法を学んでいただくのではなく、

    向き合い方を学んでいただけたと思います。

    授業の最後のほうで、ちょっと恥ずかしかったですが、愛は心の万能薬ですよとお伝えしました。

    アロマセラピーとは、「愛は心の万能薬」が具現化されたもの、家族同士でもできるといいですね。

    ギル

    ・・・

  • 2010August19

    剱岳~part2

    d6c0469f-s1

    皆さま、こんにちは!スタッフの福井です。

    先日の剱岳part1からの続きです。

    ・・

    ・・・

    上の写真は雄山から見る、室堂です。
    みくりが池が見えています。
    最終日にはみくりが池の横にある温泉に入って汗を流しました。硫黄泉でした。(みくりが池温泉

    向こう側は富山側です。日本海があって、雲が海側から山側へ流れて来ている様子です。

    ・・・

    IMG_8354_1

    ・・・

    大汝山と真砂岳の山頂へは、残念ながら行きませんでした。

    学校行事で小学生や中学生もたくさん登っていて、

    それと一緒になると、あっという間に大渋滞に巻き込まれたようになってしまうのです。

    どうしても夕方までにはキャンプ場に到着しないといけなかったので、あえなくエスケープです。

    でも、全然、いいんです。稜線こそが醍醐味ですから。

    右手には大雪渓。左手には迫り来る、流れゆく雲。大迫力です。

    ・・・

    ・・

    ・・・・・

    IMG_8367_1

    ・・・

    別山北峰から見える剱岳です!

    雄山から見た剱岳はとても小さかったのに、ここまで来ると、もうこの存在感です。

    カッコイイ!

    もったいぶる剱岳は、すぐに雲に隠れてしまい、なかなかその姿を見せてはくれません。
    雲が切れて、その雄姿が見えると「うわー!キャー!」と歓声が上がるのです。もう芸能人のようでした。

    ・・・

    ・・・

    ・・・


    IMG_8378_1
    ・・・

    ・・・

    喜びでいっぱいになりながら、稜線を歩いていたらあっという間に剣沢キャンプ場に到着。

    8時過ぎに出発して、到着は14時過ぎ。
    約6時間の雲上散歩も、残念ながら終了です!

    剱は、またもや雲の中・・・

    ・・・

    IMG_8385_1

    ・・・

    テントの中から見える剱岳。これ、最高やがなー!

    ・・・

    。。。

    ********

    IMG_8391_1

    8/3

    早朝4時、起床。

    ごそごそと準備をして、5時半にテントを出発しました。
    朝焼けに染まる剱岳です。

    いくつか雪渓を越えて、剣山荘に到着。5:50。

    いよいよ登り始めです。

    登り始めてすぐに、一つ目のクサリ場。

    その一つ目のクサリで、悪戦苦闘してる人がいました。
    え?もう?大丈夫なのかな?とおせっかいながら、少し心配になってしまいました。

    続いて、すぐに2つ目のクサリ。

    登山ツアー客の1人がガイドに大声で制止を受けていました。
    「ここでその様子じゃ命に関わります。下山して下さい!」と。何だか、ピリピリとした状況です。
    ・・・

    IMG_8394_1

    ・・・

    そして、すぐにガレ場の急登が続きます。

    ・・・

    この辺りで、早くも下ってくる人に会いました。山頂はどうでしたか?と声を掛けると
    「体調が悪いので、途中で引き返してきました」とのこと。見ると、確かに顔色が悪い。

    キリっと身が引き締まる思いになりました。
    ・・・

    IMG_8399_1

    ・・・

    こんなポーズをとってみました。(決してマネはしないで下さい)
    見た目ほど、怖くはなかったんです・・・。

    恐怖って慣れるのでしょうか?
    私も昔はこういうところ、ものすごく怖かったんですが・・・。

    ・・


    ・・・

    一服剱、前剱と登ったり下ったりを繰り返し、徐々に山頂に近づいていきます。

    恐怖はないのですが、絶え間ない緊張の連続です。

    集中力を持続させるのが、一番大変なことかもしれません。

    ・・・

    ・・・

    IMG_8406_1

    ・・・

    ここはどこでしょうか?平蔵のコルかな?右側の斜面を人が登っています。

    剱岳は「雪と岩の殿堂」と言われていて、その通り、まさに岩、岩、岩の連続で

    これは・・・もはや山登りではなく、岩登り、ロッククライミングですね。

    腕力はなるべく使わずに、太ももの力で登るのがコツです。

    ・・・

    ・・・

    IMG_8408_1

    ・・・

    これが・・・有名な難所・・・カニのたてばい。

    渋滞していたこともあって、ものすごく落ち着いて登れました。
    クサリと鉄杭がしっかりとしていて、ゆっくり登れば大丈夫です。

    ここを過ぎれば、頂上までは、ほんとにもうひと頑張りです!

    ・・・

    IMG_8412_1

    ・・・

    剱岳山頂!9時です。約3時間で登れました。眺望は抜群!

    ・・・

    IMG_8414_1

    ・・・

    ずっと歩いてきた立山からの道のりと、キャンプ場が見えます。
    ものすごく感慨深い。

    来ちゃったでー!という感じです。

    前日・・・
    「あそこまで行くんだ、あのてっぺんまで」とドキドキした、そのてっぺんに、今いるわけですから。

    ・・

    ・・・・・・・・

    ・・・・

    ・・・

    余談ですが。

    よく聞かれるのですが、私は山登りで筋肉痛になったことがありません。

    本当なんです。

    それは、テントの中でセルフフットマッサージをしているからです。(と思っています)

    いつもフットジェルをキサンタンガムで手作りして持って行っています。

    今回はペパーミント・ラベンダー・サイプレスというブレンドにしてみました。

    ・・・

    ・・・

    ・・・・・・

    ・・・

    さて、もう下山です。

    山岳事故は下山時に起こることが多いですから、

    最後の最後まで、集中力は保ったまま、慎重に下山しました。


    ・・・


    IMG_8439_1

    剣御前から見る剱岳の雄姿。
    なんて素晴らしい山でしょうか。

    IMG_8442_1

    剱岳とのツーショット。


    IMG_8450_1

    ・・・

    剱岳をあとにして、雷鳥沢付近まで下りてきました。

    今年の夏山旅行も、これにて終わりです。

    山登りは、毎回いろんな奇跡があって、自然の不思議さや壮大さを目の当たりにするので

    どんなに苦しくても辛くても、本当に止められないのです。

    来年はどこに行こうかな?!

    ・・・

    ・・・

    ・・・・

    剱岳は、見ても登っても、本当に格好良い山でした。

    たくさんの人が憧れる山であるのが、やっと理解できました。魅力に溢れる山でした。

    短い2泊3日でしたが、行けたことに、行ける環境に、行ける健康な体があることに、

    何より、無事に帰って来れたことに、猛烈に感謝しています。

    当たり前であって、当たり前ではないことです。

    本当にありがとうございました!

    (この長ーいブログにお付き合い頂いた方々へも、どうもありがとうございました!)

    ・・・

    ・・・

  • 2010August16

    剱岳~part1


    IMG_8327_1

    ・・・・

    皆さま、こんにちは!スタッフの福井です。

    今日は京都は五山の送り火です。この夏もあっという間に終わってしまいそうですね。

    皆さまはどんな夏をお過ごしですか?

    ・・・

    ・・・

    ・・・

    さて。今日の話題は・・・

    誰もおそらく興味がないと思われますが、福井の夏山のお話しです。

    しかも、ずうずうしくも、パート1とパート2に分けてお送りいたします。

    (だって、どうしても1回で収まらないのです)

    ・・・

    ・・・

    ・・・

    去年の白馬岳への縦走から早1年。このスタッフブログでもご紹介しました。⇒この記事

    毎夏の北アルプスへのテント泊縦走は、恒例になりつつあります。

    今年は「剱岳」と「立山三山」へ行ってきました。

    特に剱岳は日本の一般登山ルートでは一番険しく難しいと言われていて、登山者あこがれの山なのです。

    私も一度は(気力・体力のあるうちに)登っておきたいと念願の山だったのです。

    ・・・

    ・・・

    ・・・

    8/1
    23:15発の富山行き夜行バス(3列シート!)に乗り込み、富山へ出発しました。

    早朝、富山に着いたら地方電鉄に乗り換えて立山へ。立山からはケーブルカーに乗って、美女平まで。
    美女平からは、さらに高原バスで室堂まで。富山駅から室堂まで、約2時間です。
    室堂は標高2500mにある観光地です。
    大きなザックを背負った本格登山者から、ハイキングファミリーまで多くの人で賑わっていました。

    そして、どの人も楽しそうです。

    IMG_8330_1
    別天地です!

    雪渓が多く残ってて、眩しい!涼しい!
    京都のあの蒸し暑さからしばし開放されました!本当に来て良かった!避暑だー。

    立山は霊峰で、雄山、大汝山、富士ノ折立の3つの峰を合わせて「立山」というそうです。

    まず、室堂からわりとすぐに行ける雄山を目指します。

    わりとすぐに行けるのですが、実は、雄山へは急登が続きます。
    室堂からの標高差500mほどとは言え、やや酸素が薄いし、結構しんどいのです。

    IMG_8336_1

    急登を振り返ります。

    ガーッとガンバって登って雄山頂上へ到着。しんどいなぁー!と思ってるうちに着きますよっ。大丈夫!

    ・・・

    IMG_8337_1

    ・・・
    雄山頂上です!!なんと神社があるのです。
    霊峰立山に来たという実感が湧きました。

    雄山神社

    ・・・

    IMG_8348_1

    ・・・

    ・・・

    神主さんに祝詞を上げてもらい、お神酒も頂いちゃいました。
    ちょっとここで早くも感動してしまい・・・、ここまで来れたことや、お天気に恵まれたことや
    いろんなことへの感謝で、胸がいっぱいになりました。

    ・・・

    IMG_8340_1

    雄山から、剱岳が見えました!
    あそこまで行くんです、あのてっぺんまで!ドキドキ。

    歩く道もずっと見えています。

    神社があるけれど、ここは3003mの山の上。
    立山って良いところだなぁ。

    さて、いよいよ。
    これから、立山を越え、別山を越え、剣沢キャンプ場へ。

    part2へ続きます・・・。

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!