閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • z

    ピーターラビットが主人公の童話の作者、ポターの映画を最近テレビで見ました。
    私は今から何十年も前に、ポターのふるさとであるイギリスの湖水地方を訪れたとき、その美しさに心底感動しました。

    おとぎの世界そのものです。美しい 自然をできるだけそのままに保存しているイギリスが本当にうらやましかったです。

    日本ってなんで、田舎でもどこでもコンクリートや金属やプラスチックでどんどん景観を壊していくのでしょうか?

    このポターという人、開発会社に農場がどんどん買収されていって伝統的景観が失われていくのに危機感を抱いて、童話で得た収入で、競売にかけられた あちこちの農場を買い上げて行きました。

    すごく昔の人なのに、先見の目があったのですね。

    人間が心豊かに暮らすことこそ、長い目で見たら一番大事なことに 違いないし、自然はそこから切っても切れないものなのに、今の世の中、優先順位がおかしいですよね。

    ところで、数日前の朝、小さな小さなねずみをキッチンで捕まえました。はつかねずみでしょうか?

    ちょっと動きが鈍かったので捕まえることができたの ですが、野生のねずみをしっかり観察するよい機会でしたので、じっくりと見させていただきました。私もネズミ年ですし。

    写真ではほとんど見えないのが残念ですが、ピーターラビットから抜け出てきたようなかわいいねずみでした。

    カッテージチーズを入れてあげたら小さな 前足で持っておいしそうに食べている姿もかわいかったです。

    でも、やっぱり逃げたいようですから、庭に逃がしてやりました。

    我が家の名ハンター、猫のアンニャンにつかまらないように祈っています。

  • 2010June16

    交流・・・♪

    f18913a5

    みなさん!こんにちは、スタッフの福井です^^。

    ***

    先日・・・初めて行って来ました!

    天龍寺

    世界遺産であり、禅寺。
    どのガイドブックにも絶対に載っている、超有名なお寺です。

    ずっと行ってみたかったので、念願叶って嬉しかったのです。

    嵐山と言えば・・・。

    ギル校長の「アロマなココロ」にもあった通り・・・ギル校長の自宅は嵐山なんですよ。なんて羨まし~い!!

    ***

    天龍寺はお庭が最高でした。どこから見ても美しいお庭になっていました。

    心が、しんとして、背筋がピッと伸びます。

    それなのに、自由でゆったりとした時間がまとわりついて、身体がほぐれていく感じがします。

    ちょっとしたお寺セラピー?ですかね。

    ***

    ***

    f59960d9

    ******

    大覚寺横にある大沢池です。こんな京都もあるんですね。

    皆さんも、京都に来られた時にはぜひ嵐山方面にも足をお運び下さいね♪

    ****

    ****

    さてさて。

    今日の話題は、卒業生さん同志の交流のお話です。

    先日、生徒さんから、「同期生のAさんが有馬のサロンに就職が決まって頑張っているので

    有馬温泉に入りがてら、遊びに行ってきます」というご報告を受けました。

    有馬のサロンというのは「東急ハーベストクラブ有馬六彩」のことです。

    ****

    そのご報告を聞いて、スクールを卒業してからも、生徒さん同志の交流は続いているのだなぁと

    しみじみ感慨深く、嬉しく思いました。

    同じ目標を持って、一緒に学んで、お互いにパワーをもらい、また頑張れる・・・。

    いいですよね!そんな仲間がいるだけで、励みになりますよね。

    :::::::::::::::

    :::::::::::::::

    PS. Aさん!頑張っていますか?

    「元気です!」というメッセージを受け取りましたよ。ありがとうございました。

    私も暇を見つけてぜひ有馬(六甲山)へ遊びに行きたいと思います。

    Aさんもスクールに遊びに来て下さいね!!またお話ししたいです。

    すく***


  • %E6%A2%85%E9%85%92.jpg

    こんにちは。ギルです。

    突然ですが、写真は、自分で作った梅酒とイチゴシロップです。
    主婦というのは、何かが安く売られていると、買わなければ!!
    という強迫観念に襲われるんですよね。
    イチゴが1パック198円で売っていたりすると、1パックだけしか買わないというのは、
    ダイヤモンドの指輪が道に落ちているのを拾わないで通り過ぎるのに 近い感覚です。

    というなりゆきで作ってしまったイチゴシロップと梅酒。
    梅酒は去年作っておいたのをすっかり忘れていたのを先日偶然発見!したので、うれ しいです。
    先週は梅がたくさん売っていたのでやはり買わずにおれなくなり、梅ジャム作成という結果をみました。

    ところで、タイトルの河鹿(かじか)ですが、きれいな川にだけ住む蛙の仲間で、
    この季節、ヒグラシのようなとてもきれいな声で鳴くのです。

    二週間ほど前、仕事から帰ってくる電車で、
    つい読み物に夢中になって、嵐山の駅で降りそびれました。

    嵐山駅があるところは普通の街中で、それこそ住宅地のど真ん中なのですが、
    5分ほど先の次の「保津峡」という駅は完全に山の中です。
    家もまったくない、大自然の中の無人駅で、
    いままで二度ほど、本に夢中になっている間に乗り越してしまって、
    その駅で反対方向へ向かう電車を待つ羽目になったのですが、
    夜でしたので一人で電車を待つのは本当に怖かったです ね。

    熊が出ようが、鬼が出ようが、殺人鬼に襲われようが、
    どんなに叫んでも、その声を聞いてくれるのは猿や鹿のみというところです。

    で、そのときも、夜だったら保津峡で降りるのはやめて、次の馬堀まで行くところでしたが、
    まだ日が暮れかかっているくらいでしたので、降りてしま いました。

    でも降りてよかった。

    なぜならその保津峡の空気のおいしいこと!!感動でした。

    清らかな山の空気ってすごいですね。

    昔東京に住んでいた頃は、そんな空気を吸いたいと思ったら、
    電車に乗って何時間も行かなければなかったけれど、
    今住んでいるところはたった5分のところにそんな場所があるんです。
    そんな清らかな空気を吸うだけで、私はほっとして、
    自然体の自分にリセットされてしまう。ありがたいもんです。

    かじかというのは、きれいな川にしか住まないので、
    その声を聞けるというのはうれしいことです。
    そして、そのかじかを、今年、阪急嵐山駅の近くにある
    渡月橋から聞くことができて感動しています。

    いままで何回も通っているけど、初めて聞きました。
    そろそろ、家から車で10分の清滝でも蛍が飛び始める頃です。

    毎年必ず見に行くのですが、夜7時から8時くらいが
    いちばん多く飛んでいるような気が します。

    渡月橋でかじかが聞ける今年は、清滝の蛍もきっといままでよりもっと多いかもしれません。

    ギル

  • 京福線嵐山駅のそばに、5月と6月のバラのシーズンだけオープンするラビアンローズ という喫茶店があります。近所なので毎年行くのですが、たくさんの種類のバラが所狭しと咲いていて、オーナーはかなり有名なバラの専門家の方です。名前は 何度聞いても私はすぐ忘れちゃうのですが。きっとマニアな人が見たらすごい!種類のものがたくさんあるような気がします。私は全く知識がないので「わ~きれい、わ~いいにおい」だけでしか感動を表すことができませんが。

    その店ではバラのコーヒーやバラの紅茶などを飲みながらバラをめでることができます。喫茶店とはいいながらも、今年から入場料が課せられるようにな り、700円を払うとお好きなお飲み物をワンドリンク注文できるということになって、ちょっと敷居が高くなりましたが、お天気のいい日にゆっくりとバラを 鑑賞しながらお茶ができるのはいいですよ。
    けっして広くないお庭なのですが、喫茶店に座って窓の外を眺めていると、まるでイギリスにいるような気分になります。

    今が見ごろです。一度行ってみてください。

    ギル

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!