閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • JEAからの応援キャンペーン

    2021年開講クラスお申込受付中♪スタート時期応援キャンペーン

    “ 少し先”でスタートされたい方のために、来年1月以降のクラスを今なら「5 大特典」をお付けしてご案内いたします。

    jikiouen

    <キャンペーン対象コース>
    英国IFPA資格対応メディカルアロマセラピストコース(理論&実技)
    JEA認定アロマセラピスト養成コース
    受講対象期間:2021/1月期~2021/4月期開講の大阪校クラス
    5daitokuten
    ①JEAオリジナルテキスト&実技DVDをお届け!
    受講初日までに予習を兼ねて自己学習をお進めいただけます。
    対象:2021年1月~2021年4月クラス受講者迄 ※紛失の場合には購入いただきます

    ②書籍「100人のアロマレシピ」&メディカルグレード精油5ml(ラベンダー&オレンジ)プレゼント
    ご自身やご家族のためにアロマセラピーでセルフケアに!

    ③1DAYアロマクラフトレッスン♪3回プレゼント
    2022年3月までのお好きなレッスンを3回受講できます。

    ④受講月の変更が可能!※但し1回のみ

    ⑤「pre-JEA生証」の発行
    スクール店頭、ネットショップでJEA生割引が適用されますので、お得にお買い物をお楽しみいただけます。

    ※他キャンペーン、割引との併用不可
    ※キャンペーン適応には条件がございますので、スタッフにご確認ください

    jea_bn

  • 2020/9/19開催

    「IFPA正会員のための勉強会」は「和精油を学ぼう!」
    ~日本が誇る香りの和精油の魅力に触れてみませんか?~
    と題し、講師は増田好美先生が担当されました。

    IMG_1718

    まず増田先生は最初の自己紹介の中で、実はご自身は実技の指導が得意で、
    今回の勉強会も始めは実技に絡んだことをしようかと考えていたのですが、
    コロナ渦ではそれも難しいかもしれない、と悩まれていたそうです。
    そしていっそのこと、この機会を最大限に利用してみようと、
    「あまり興味を持つことのなかった和精油の世界」を覗いて、皆さんに紹介できるように勉強してみようと、一念発起されて臨まれました。

    そして勉強してみてびっくりしたこととして、日本の植物環境を挙げられました。
    日本とイギリスの植物種の数の違い、特に維管束植物が日本では種類が多く存在している環境にあって、生産される精油はなぜ少ないのか。
    アロマテラピー、特に精油を生産することに対しては、日本はほとんど歴史がないことも分かりました。

    日本でも丁寧なメーカーさんによって精油は生産されています。
    その中でも特に有名な「yuika」の精油を中心に12種類のお話が続きました。

    殺菌効果や防虫効果、湿気に強いことから、昔から建材として使用されたり、歯磨きの代用に使用されていたり、身近な材料から採取された精油は、どこかなじみがあり、安心感を誘う香りが続いていきます。
    ひとつひとつの精油を増田先生は丁寧に紹介してくださいました。

    yuzu

    最後はクラフト作りです。来校された参加者の方には、ゆずの種を日本酒に漬け込んだハーブティンクチャ―(チンキ)とゆずの精油、ネロリウォーターを使って化粧水を作っていただきました。
    みなさん、しっとり、さっぱりする仕上がりとふんわりとやさしい香りに満足していただけたようです。

    IFPA

    IMG_1776

    今回は来校者が12名、WEBのオンラインでは48名がご参加くださり、予想以上に大規模なものとなりました。
    この講座を機会に、私たちの日常に昔から深くかかわっていた日本製の材料からできた「和精油」、上手に使いこなせるようになっていけたらと願います。
    増田先生、ありがとうございました!

  • kaibo_isikawa

    体の仕組みを理解するということ

    体に痛みが出た時に、大半の方がお医者さんに診てもらうのではないでしょうか。
    でも、『病院に行ったけど薬や湿布薬を処方されるだけで治らない』と言われる方が多いです。
    実際に薬や湿布薬で痛みが軽減する事も多くありますが、ここで大切なのは『なぜ痛くなったのか?』という原因です。
    例えば、家計に置き換えて考えてみると、収入が少なく生活のやりくりが出来ない状態だとします。一時的に借金をしてその場をしのいだとしても根本的な収入面が解決していないのでいつかまたお金を借りて借金を増やすことになってしまいます。体の仕組みも同じで、痛みの原因が解消しないまま薬で痛みだけを止めてしまうと、治ったわけではないのにまた無理をして余計に症状が酷くなってしまいます。
    そんな事を繰り返しているうちに痛みの借金が増えていき治らなくなっていくのです。
    僕自身も20代に腰痛を患い病院や整骨院を転々としていました。痛みが一時的に軽減しても原因が解決しておらず痛みの借金が増えていき、ある時から痛みが全く治まらなくなり、とうとう動けなくなりました。腰痛の名医に診てもらうと『手術をしても治らないかもしれない』と言われるほど症状は悪化しており、それからというもの、仕事はもちろん、外出も満足にできなくなりトイレに行くにも1時間かかるという最悪な日々を送っていました。
    これから先の人生に不安しかなかったですが、色々な整骨院に通っていた時の経験から『整骨院の免許があれば体が動かなくても誰かを雇い経営をしていけるのでは・・・』という小賢しい発想から柔道整復師の学校に通うことになりました。
    人体には400個以上の筋肉が存在しています。

    image_k
    全ての筋肉は生活をしているだけで負担がかかりますが、無理をすると更に筋肉が疲労し凝り固まり痛みが出てきます。
    1つ1つの筋肉の付いている場所や働きを学ぶことで、痛みや凝り固まった筋肉を的確にマッサージすることができ血液循環を改善し筋肉の凝りをほぐすことができます。
    更に1つの筋肉が体をどういう風に動かすのか理解することで、痛みを出している筋肉に負担のかからない動作や姿勢をとることが可能になります。そうすることで回復が疲労を上回っていき症状は改善していきます。
    僕自身も学校に通いながら痛みと格闘しておりましたが、解剖学を学ぶと痛みがある所の筋肉の働きを考え負担のかからない姿勢や運動をとり入れていくことで今では症状も改善し人並みに働ける体まで回復しました。

    kaibo_jyugyo

    マッサージや整体でキッチリとほぐし痛みをとる技術はとても大切ですが、「痛みがとれて良かったですね」ではなく、体を痛めた原因を突き詰めない限り同じことをしていると、また筋肉に負担がかかり症状が出てきます。僕達のすることは技術で痛みをとることが何よりも大事かもしれませんが、痛みをとった後が本当に大切なのです。
    解剖生理学を学ぶことで痛めた根本的な原因を見つけ、負担のかからない姿勢や運動をアドバイスし、痛みの借金をさせない事が大切なのです。
    セラピストも体の仕組みを理解することがトリートメントをするうえでとても重要となります。
    解剖生理学を学び技術面以外でも寄り添ってあげられるセラピストを一緒に目指していきましょう。

  • 2020年9月22日(火)は
    京都校、大阪校ともに社内研修のため休校とさせていただきます。
    なお、9月23日(水)からは通常通り10時からの営業となります。
    ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承くださいませ。

    ※スクール無料説明会は一部開催しています
    >>ご予約はこちら

    ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー

     

    jea_bn

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報