閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • vol3

    卒業生さんのサロンにJEAスタッフ兼セラピストの加藤がお邪魔してサロンを体験させていただきます。
    第3回目は自宅でサロンをオープンした中村史穂さんです♪

    サロン名:aroma salon Minimum 〜アロマサロン ミニマム〜
    大阪府寝屋川市明徳(詳しくはお問合せください)
    TEL 080-6147-7561  https://ameblo.jp/minimum0701/

    DSCN7141

    ご自宅の一室をとっても素敵な空間にして活動されています。ご自宅ですが、きちんとサロンの空間を確保されていて、そこはさすがです!サロンのテーマは「北欧の森」。カーテンや、小物、カップ&ソーサーなどもすべて北欧デザインで統一されています。

    DSCN7106

    お部屋に入ると、鳥の鳴き声のBGM。 「うわ~まるで森の中にいるみたい!」と私が言うと、「そうなんです。私は森の住人という設定です!(笑)」 とおっしゃっていました。とても癒されます。自宅サロンをオープンする前は、正社員として働かれていました。子育てをしながら働くことは、時間の制約などもあり、家と会社の間に挟まれて、すごくストレスだったそうです。

    DSCN7066

    DSCN7263

    「家でサロンをしよう!と思ったのも、もっと子供と過ごす時間を増やしたい、家事と仕事の両立に、もうこれ以上時間に追われたくないと思ったからです。今は、子供との時間も増えて、サロン活動が生活の一部になっています。また、自分の働いている姿を子供に見てもらえることは、とてもHAPPYです。」とおっしゃってました。本当に暖かい中村さんの手。そこに、鳥の鳴き声とウッディ系の香りが合わさって、本当に森の中でアロマトリートメントを受けているような気分でした。あっという間の60分。知らない間に眠っていました。

    中村さんのインタビュー記事をさらに見る>>
    .
    .
    .
    <過去のコラム>

    卒業生さんを突撃vol.2 福本 旨宴さん>>
    卒業生さんを突撃vol.1 谷口 理佐さん>>

    「卒業生さんを突撃!」コーナーは次回春頃に更新予定です。お楽しみに!
    bnr_siryou

  • image3イギリス最大級の病院「ロイヤルフリーホスピタル」補完療法チームリーダーとして、2 0 年以上にわたりアロマテラピーマッサージを行うキース・ハント氏来日特別講座&実習の開催が決定しました。

    .

    >>詳しくはこちら

    .
    2019.6/22(土) 、6/23(日)

    場所:ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー大阪校

    image2

    <キース・ハント氏>

    英国ロイヤルフリーホスピタルでは難病も含め、年間のべ3 3 , 0 0 0 人、すべての病棟のあらゆる病気の患者へ施術を行い、患者本人だけではなく、その家族の心も支えてきました。実務的経験と知識に裏打ちされたマッサージセラピストとしての豊富なスキルに加え、ユーモアと慈愛に満ちた人柄は苦しい状況にある患者に笑顔をもたらします。セラピストとしての長年にわたる社会的貢献に対し、2 0 1 3 年、英国皇室より大英帝国勲章M B Eが授与されました。日々、精力的に施術を行う一方、アロママッサージの導入を検討する国内外の病院や自治体への講演やコンサルティングも行っています。

    .

    医療関係の方はもちろんですが、セラピストを目指す方にぜひ知ってほしい特別な授業です。

    >>詳しくはこちら

    >>前回の開催の様子はこちら

  • JEA講師の松尾です。
    明けましておめでとうございます。
    皆様、よき新年を迎えられましたでしょうか。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    今回は看護学校で行っているアロマテラピーの講義について紹介したいと思います。

    京都の看護学校でアロマテラピーの講座が始まって7~8年は経ちます。
    最初はギル校長が担当、その後私が引き継がせていただきました。
    こちらはセラピストサービス・ソレイユの担当講座です。

    DSC_0132

    そして、正式な“授業”となり今年で3年目。
    2年生の学生さんが実習に出られる前に、
    看護に活かせるアロマテラピーをお伝えしています。

    私から見えるクラス風景はこのような感じです。

    image1

    懐かしい階段教室です!
    後ろの方まで実はよく見えます。

    こちらの生徒さんたちはいつも授業前に一人一人挨拶してくださいます。
    今年は教室に使用していたディフューザーの香りを多くの方が
    「いい香り~!!」とおっしゃっていましたね。

    授業では、基本的なアロマ理論、一般的な使用方法、
    院内で実際の使用例・方法、様々な症例紹介、国内外のアロマテラピーの広がり、
    そして実技としてハンドマッサージと内容はモリモリ!

    こちらはタッチケアを体験してもらっているところ。

    image2

    香りはもちろんですが、今までの様々な医療機関での活動の中で
    “優しく触れる”ということが患者さんの心にとても大きな影響を与えるということを
    実感していますので、ぜひ学生の皆さんにもその感覚を体験していただきと思い、
    数分ですが毎回実施しています。

    一般的な使用方法では、お家でセルフケアとして使ってもらえるように
    数種類の精油でデモンストレーションをするのですが、
    みなさんとても楽しんで聞いてくださいます♪♪

    そして、患者さんを想定しての使用法、症例の話では皆さん真剣な表情になります。
    この変化はさすがで、前から見ていると一目瞭然なのです!!

    出来るだけ現実味をもって聞いていただけるよう、
    私も様々な医療機関でのアロマセラピストの実際の活動や、取り入れ方法など
    具体的にお話させていただくように心がけています。

    おそらく彼ら彼女たちが現場に出てすぐ“アロマ活動”となることはないと思いますが、
    これから進まれる看護の世界で、いつか何かの時にこの授業を思い出して
    いただき、お役に立てることがあれば嬉しいなと思っています。

    ハンドマッサージの時間は、皆さんとっても楽しそうです(^^♪

    image3

    プロのアロマセラピストの施術と全く同じではないですが、
    患者さんを想定して、看護師さんが取り入れやすく、
    そして患者喜んでもらえるような形にアレンジしています。

    自分が体調不良の時に、このような看護師さんがいたら・・・
    そんなことを想像していますね。

    なぜなら、様々な医療機関でアロマテラピーを受けてくださる方々は
    病気を治すためにアロマを希望されるわけでないのです。

    もちろんある種の体調不良には十分対応可能ですが、
    それ以上に病気と向き合う“心”のサポートを求めておられる気がするのです。

    何もできないと思っても、精油を香らせるだけでお役に立てることがあったり、
    逆に香りがだめでも、優しく触れるタッチケアが喜ばれることがあったり。

    私たちが実際に医療の現場で見てきたアロマテラピーの恩恵の数々。

    それを知っていてくださる方々が増えることで
    きっと患者さん、医療従事者、セラピストの間によい循環が生まれると思っています。

    最後は、
    毎年授業のアシスタントをしてくださるスクール卒業生さんと一緒にお疲れ様会♪♪

    image4

    来年もまた喜んでいただける授業ができるように
    私も一年間頑張っていきたいと思います。

  • 2018年12月28日(金)~ 2019年1月5日(土)
    上記期間、京都校・大阪校ともに休校となります。
    ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承くださいませ。

    1月5日(土)のみ京都校での無料説明会は開催いたします。

    1月6日(日)11時から通常通り開校致しますので どうぞよろしくお願致します。

    ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!