閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • <大阪校>モジュール2が終了しました!!

    DSC_0152-

    DSC_0155

    ★ ★ ★

    金谷先生よりメッセージが届いています

    4月期で受講の皆さまへ
    お疲れさまでした。(*^-^*)途中から4月期に参加の方も数名いらっしゃいましたが、
    毎回定員マックスの賑やかなクラスで楽しかったです。毎回思う事ですが本当に6ケ月があっという間です。
    一旦養成コースで終了の方、この後IFPAを目指して進まれる方、現状の進路は様々な感じですが、
    是非アロマテラピーを続けていただけたらと思います。お忙しい中受講されていた方がほとんどで、
    もしかしたらひとまずはお休みしたい!と思われているかもですが・・・。
    みなさんを拝見していると、課題などで大変な中でも楽しさも感じられたと思っていますので、
    何か精油一つでもおそばにおいてあげてください。そして機会があれば是非トリートメントも継続してくださいね。
    ではまたお会いしましょう(^^)/

    online_setumei01

  • <大阪校>IFPA資格取得コース卒業式が終了しました!!

    image_50437633_

    image_67163905_

    ※撮影時のみマスクを外しています

    ★ ★ ★

    ギル校長よりメッセージが届いています

    大阪1月期IFPA資格取得コースの皆さま、このたびはご卒業おめでとうございます。
    クラスのお一人お一人が、自立心と目的意識を強くお持ちの方々で、
    実はJEA始まって以来、卒業式にクラスの全員が全ての科目と課題を
    終了された状態で迎えられたのは今回初めてでした!
    コロナ禍にもかかわらず、ここまで達成できたのは、皆様の精神力と結束力があったからでしょう。
    また、すでにこの知識と技術力、セラピスト精神を生かすべく、
    時代の流れを先取りする形で着々とアクションを起こしておられるのにも感動しました。
    皆様のご成功とお幸せを祈っております。
    ぜひ、皆さんの活躍を今勉強中の方々とも共有くださいね。
    そして、IFPA正会員としてのセラピスト活動報告をインエッセンス に寄稿してくださいね。

    online_setumei01

  • 大阪校 アロマティックラボが終了しました!!

    labo

    ★ ★ ★

    宇川先生よりメッセージが届いています

    皆さん、長丁場の受講お疲れさまでした。
    実際の使用例や参考レシピを活用して、
    アロマテラピーを日常生活やお仕事に活かして頂けるよう、期待しています。
    今回写真撮影がリモート受講のかたのみになってしまい、
    来校していただいたみなさんと笑顔の撮影ができなくて申し訳ありません。
    スクールでまた出会えることを楽しみにしています。
    本日習って頂いた内容は、みなさんのニーズに合わせていろいろ応用可能です。
    もし分からないことなどがありましたらお問い合わせくださいね。
    コロナ感染症の終息も見えないこの時期、心労も感じておられると思います。
    是非、精油のパワーを借りて心身の健康維持に役立てていただきますよう、
    沢山のオリジナルレシピをあみだしてくださいね!

    online_setumei01

  • 皆さま
    こんにちは、JEA講師の細尾です。

    今年もあと3か月を切りましたね。
    本当でしょうか。ちょっと信じられません。

    コロナ禍の緊迫した生活をしていたせいなのか、
    年齢的なものなのか分かりませんが、
    今年はこれまで以上に今日までの記憶がありません。
    私はどうやって今日まで生きてきたのでしょう・・・

    『記憶』と言えば、アロマテラピーを学んでいる方はご存知のとおり、
    香りと感情と記憶は結びつきが強いと言われていますが、
    私個人としては手触りの記憶もかなり強く残っていて、
    アラフィフになったいまでも子供のころ飼っていた犬や猫やインコの
    手触りの感触がたびたび蘇り、懐かしい気持ちで私をほっとさせてくれています。

    ご存知のとおり手触りはとても立体的な感覚です。
    ですから思い出すとまるでその子達がそこに居るかのような感覚になります。
    文章で書くとちょっと怖いですね(笑)
    ですが皆さんもそんな感覚ないですか?

    子供の頃触った物や生き物の手触りや、皮膚に触れた感触、
    原っぱや海岸の岩を踏んだ足裏の感覚など良い感触も悪い感触も
    【触覚の記憶】って割と鮮明にありませんか?

    わたしはこの【触覚の記憶】のお蔭で良い感触を思い出すことで癒されたり、
    普段悪い感触に対する違和感を敏感に察知できて身の危険を回避できているような気がします。
    きっと危険回避の感覚については皆さまも多々感じることはあると思います。
    でも私はこれがアロマトリートメントを行う際にもとても役立っていると感じています。

    何故ならわたしは施術中の良い姿勢や良い身体使いをキープするには、
    手の中の違和感や変化を敏感に察知する能力がまず第一に必要だと考えているからです。
    これ基準で対応せずして何基準で対応するのかという事です。

    こうやって【触覚の記憶】について考えていると、
    冒頭の「わたしは今年どうやって生きてきたのか記憶が無い」のは
    もしかするとコロナ禍のせいで、ものに触れる機会が極端に減ったからかもしれません。

    私にとって【触覚の記憶】が生きるための最大のツールだとしたら、その減少は
    <生きた感覚の減少>にもなり得るのではないでしょうか。。。

    悲しい。。。コロナめ。。。私の2021の記憶を返せー!!!泣

    まぁ、そんな事言っても仕方ないので、粛々と生きますけどね。

    写真は今回の内容と全く関係がありませんが、
    とある日の《びわ湖 大津館 イングリッシュガーデン》の写真です。
    03
    01
    02

    植物はどんな時も粛々と生きています。
    コロナだろうが何だろうがそれぞれの道を個性全開で生きています。
    私もそうでありたい。人であるが故なかなかそうはいきませんが。
    なるべくね。

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報