閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • top

    今回から新しく始まった新コーナー!
    卒業生さんのサロンにJEAスタッフ兼セラピストの加藤がお邪魔してサロンを体験させていただきます。
    記念すべき第1回は英国IFPAコース在学中の谷口理佐さんです♪

     

    DSCN6093
    ヒーリング ダフネ
    兵庫県宝塚市湯本町6-21 すみれビル1F
    TEL 0797-61-5122  http://healingdaphne.com/

     

    レンガ造りの素敵な建物。揺れる真っ白なカーテンの向こうから、落ち着いた、とても素敵な笑顔でお迎えいただいた谷口さん。
    サロンに入った瞬間から、癒されました。 受けたメニューは、「エレメンツチャクラヒーリング」。今回は第4チャクラにアプローチ。
    選んでいただいた精油は、ライム、ベルガモットミント、カルダモン、クラリセージそしてローズゼラニウム。

    DSCN5967

    ↑クライアントの手から出るエネルギーを感じ取り、精油を選ぶ谷口さん

    DSCN5955
    何とも言えない素敵な香りで、今日の私にとてもしっくりきました。エネルギーヒーリングを受けるのは、実は私は今回が初めて。
    「どんなものなんだろう?」「ちゃんと変化がわかるのかな?」と思っていましたが、とても気持ちがよかったです。ヨガで瞑想をした後のような感じ。

    DSCN6040
    目がすっきりして、とても浄化された感じで、そのスッキリ感がこれを書いている今も続いています。
    アロマトリートメントのように、身体全体に精油を塗布するのではないのですが、私の身体にこの精油の香りがずっとまとっていて、とても気持ちが良い。そんな感想です。
    また個人的に絶対に訪れたいと思いました!

    DSCN6107

    谷口さんのインタビュー記事>>

     

    「卒業生さんを突撃!」コーナーは次回10月更新予定です。お楽しみに!

     

    bnr_siryou

  • oil-3006588_640

    アロマの資格の種類

    アロマテラピーとは、自然の香りやマッサージなどで心と体の両方にアプローチして、心のエネルギーや治る力に働きかける自然療法です。他にも、リンパドレナージ、メディカルハーブなどは、アロマとの相乗効果が期待でき、これらに関する資格は、スクールに通うことで取得ができます。
    日本の資格はそれぞれの協会が認定したアロマコーディネーター、アロマテラピーインストラクターやセラピスト、アロマテラピーアドバイザーなどがあります。メディカルアロマの国際資格もあり、中には世界最高水準のものがあります。他にもメディカルハーブやリンパドレナージの資格などがあります。このようにさまざまな種類がありますが、自分の趣味でハーブの香りや精油を楽しむために使うのか、就職や転職に使うのか、医療や介護の現場で使うのかなどで、取得すべき資格やスクールで学ぶコースは変わってきます。
    そのため、自分の目的に合ったコースを選ぶ必要があります。受講するコースの種類によって受講期間は変わりますが、就職や転職のための資格取得には半年から1年くらい、医療や介護のための資格を取得するにも、やはり半年から1年半くらいかかります。また、アロマ検定1級を取得していれば、数時間の講座を受講するだけで取得できるものもあります。

    自分にぴったりの資格を探す

    自分の趣味としてハーブの香りや精油を学びたいと考えている方は、アロマライフプランナーやハーバルセラピストの資格があります。自分や家族のための体調管理に役立てたいという場合や、将来的には活かせる資格として取得しておきたいという場合にもおすすめです。日々の疲れや気分が落ち込む時に自分で癒される香りを調合できます。ハンドやフットマッサージも学ぶことが可能です。様々な精油の調合も、症状や気分に合わせて作ることができます。また、オーガニックコスメを作ったり、虫よけのアロマスプレーを作ったり、エコですこやかな生活を送りたい方にもぴったりです。
    就職や転職に活かしたいと思っている方は、コーディネーターやセラピストなどがあります。基本となる手の使い方や姿勢などの基本動作、メディカルアロマの基礎知識やコンサルテーションを学び、スキルアップをしてサロンで通用する技術と知識を手に入れることができます。また、インストラクターとして精油やハーブの講師を目指す方や、精油やハーブを販売しているお店で働きたい方にもおすすめです。特に、セラピストとして就職を考える方にとっては、通うスクールが提供している授業の内容や技術が十分なものであるのか、しっかりと見極めることもポイントになります。そのため、サロンやホテルスパを運営しているスクールにおいては、そこで使われているメソッドを学んでいきますので、一度サロンを訪れてみるのもおすすめです。
    医療や介護で生かしたい方は、アロマの本場イギリスの協会IFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)が認定するメディカルアロマ資格(IFPA資格)、リンパドレナージの源流である、「Dr.Vodder’sマニュアル・リンパドレナージ(MLD)」などがあります。メディカルアロマセラピストは解剖生理学や病理学を学び、医療、マタニティ、介護の現場で活躍することができます。マニュアル・リンパドレナージは、オイルもパウダーも使用せず、優しくなでるようにして手だけでリンパの流れにアプローチして体の老廃物などをスムーズに排出させる手技療法です。国内だけでなく、海外の医療現場でも通用するものです。解剖生理学でリンパの仕組みを学ぶ本格的な講義を受講します。緩和ケアなどの現場でボランティアとしての活動もできますし、看護師や訪問介護に携わる方も、リンパドレナージを学び仕事に生かしています。

    開業や独立のためのアロマの資格

    アロマの資格を取得して独立や開業をしたいと考えている方は、複数の資格を取得することで仕事への可能性が広がります。例えば、メディカルハーブの資格であれば、自分でサロンを開業した時に、マッサージなどの施術に加え、施術前後にお客様の体調に合わせたハーブティを提供したり、ハーブの講座を開いたりすることもできます。また、マタニティに有効なアロマのスキルを身につけたり、リンパドレナージを学ぶことで、他のサロンとの差別化を図れます。
    独立、開業を考えているなら、IFPA認定資格をを取得し、メディカルアロマセラピストを目指すという方法もあります。また、ボディケアセラピストを取得することで、サロンで必要とされる一流のボディケアセラピストとして就職、開業する力が身につきます。これらの資格はボディケアの技術や手技だけでなく、解剖生理学やコンサルテーションの方法を学ぶことができるので、初心者でもしっかりと習得し、開業へとつながります。
    一流メディカルアロマセラピストとして開業するには、専門的な講座を受ける必要があります。そのためには、病理学や解剖生理学を学びます。さらにはマタニティアロマを学んだり、マナー講座やセラピストのためのサロンセミナーなどを受講し、開業に必要な知識を習得していきます。ロールプレイングを行い、コンサルテーションの練習をすることで、すぐにサロンで通用する力を身につけます。さらに、ワークショップで実践力を身に付けていきます。メンタル面のケアや終末期の緩和ケアなどについて、グループディスカッションを行ったりもします。資格取得の卒業試験には解剖生理学、理論、実技などがあり、試験に合格して資格を取得することが開業や独立への第1歩となります。

     

    bnr_siryou

  • lemon-906141_640

    アロマの効能

    深い木の匂いや森の香り、ラベンダーやローズなどの花の香りを嗅ぐと、誰もが爽やかな気持ちになり、身体もホッとリフレッシュすることができます。アロマには身体が本来持っている自然治癒力を刺激し、体質を改善したり免疫力を高めたりするという効果があります。良い効能を持つ精油と、好きな香りがマッチしていると身も心もリラックスし、身体の調子を整えることができます。
    植物の香りを抽出した精油を、エッセンシャルオイルと呼びます。精油には抗菌、防腐などの効用があったり、身体の炎症を緩和したり、ウイルスの拡散を抑えるといった様々な効用があります。身体に良い作用を持つこうしたオイルは、ジェルやクリームを作って体に塗ったり、お湯の中に数滴垂らして入浴する際に利用します。オイルを直接布やティッシュなどに垂らして、部屋に置いておくだけでも、身体の調子を整える作用があります。
    アロマは抽出方法や組み合わせ方、比率や量の違いなどで、何百種類もの香りと効用を楽しむことができます。と言っても、自分が嫌いな匂いでは効果は半減してしまうことでしょう。自分に合う、一番リラックスできるものを選ぶ必要があります。そういったニーズに応じて、香りについて詳しく学ぶ講座が開講されています。自宅で自分の好きな香りを楽しみたいといった趣味の講座から、資格を取得するため、就職のため学校に通う人まで、その目的は様々です。

    アロマセラピストの資格

    ここでは就職のため、専門で勉強したいという場合を考えてみましょう。アロマセラピストとして働きたい人は、どんな資格を取得しているのでしょうか。資格も様々なものがありますが、代表的なものとして日本でアロマ資格が認定されるものがあります。例えば、精油の普及、利用を推進するために各種検定などを開催しています。講座で学習した時間や実習の時間に伴って、取得できる資格に差があります。認定されるとアロマテラピーアドバイザーとして、様々な職場で活躍することができます。さらに上級の資格なら、講師として活躍したり、講演やセミナーなどを行うことも可能です。引き続きアロマを研究し、独立してサロンを開くといった場合にも役立つ資格です。尚、アロマの資格は、国家資格では無いため、取得していなければセラピストとして活動ができない、ということではありませんが、資格を取得していることは、対外的に信用性が増すこと、さらにその資格がメディカルアロマの知識や技術を取得できる上級の資格であれば、就職や開業といった、セラピストを生業とする場合には優位になるでしょう。特に最近注目されているのが、老人ホーム、介護、福祉センター、病院といったメディカルの世界において、薬だけに頼らず身体の中から調子を整えることができるアロマを活用していこうという動きです。。老人ホームなどでもハンドマッサージなどを組み込むことにより、肌が触れ合うことで患者さんの痛みを緩和する効果がありますし、気持ちを穏やかにし、落ち着かせるためにこういった利用を促進するところが増えています。
    メディカルで精油を利用するためには、プロフェッショナルな資格が必要となってきます。例えば、医療機関で実践できるだけの知識と技術を習得できる国際資格もあります。特に心身に不調を持つ方に対して施術するためには、机上での勉強だけではなく、経験を積むことが必要ですが、メディカルアロマの資格や、専門性が高まる資格を取得することで、医療機関でセラピストとして活躍する道が開けることでしょう。

    アロマの講座を選ぼう

    資格取得のための学校はたくさんありますが、どんな講座が開講されているかはそれぞれ異なります。どの学校もホームページなどが開設されているので、まずチェックしてみましょう。日本の協会が認定している資格は、比較的多くの学校で取得できますが、国際資格が取得できる学校はまだまだ多くありません。もしプロフェッショナルな資格が取得したいなら、資格認定校を探すのが近道です。
    学習のスタイルも学校によって異なります。少人数クラスで実技もしっかり学べる学校もあります。全日制という、短期間で集中して学習する学校もあり、夜間や土日コースなどを設けて、仕事をしていても学べるようなところもあります。自分の家から学校が遠い場合は、通信講座やビデオ講座も取り入れた学習方法もあります。自分の生活スタイルに合っているのはどの学校かを見極める必要があります。
    資格取得後にどの分野に就職したいか、というのも大切なポイントです。実際にその資格を取得して今どんな仕事をしているか、体験談を掲載している学校もあります。資格を取得するだけではなく、実際の職業でさらにセミナーに参加したり、引き続き勉強していくことによって、技術を高めていくことができます。夢に向かって具体的に役立つ資格は何か知るためにも、ホームページで卒業生の声などのページがあればチェックしてみるのもいいでしょう。よくある質問のページが掲載されている場合は、多くの方が気になるであろう質問が寄せられ、回答も載せられています。ホームページを見て、夢に向かっている人の体験談を読むとパワーをもらうことができ、夢を現実にするためには具体的にどのようなことをすれば良いのかを考える上で参考になるでしょう。

    bnr_siryou

  • massage-therapy-1612308_640

    アロマ教室に通う目的をもつこと

    アロマ教室に通うにあたってのきっかけは人それぞれで、資格取得、現職でのスキルアップ、ライフワークの一環としてなど、さまざまな目的があります。学費の問題も発生しますから、そういったこともふまえて自分のニーズに合ったところを探すことが大切です。目的を達成するためにはモチベーションを維持しながら通い続けることが必要なので、スクール選びのポイントをいくつかご紹介します。
    教室選びをする前に、自分の将来の方向性を明確にすることです。アロマに関しては民間の協会がありますが、認定資格としては統一されていません。ですから、業界でのネームバリューも選ぶポイントの一つになる場合があります。セラピストとして、活動をしたりするにあたっては、各種協会が認定する資格を取得し、さらに当該協会へ入会していることが、一定の信用に繋がります。そして、初心者はもちろん、独立開業セラピストや講師として活動する場合には、そういったバックボーンを備えることが可能であるかを踏まえての教室選びが必要となります。
    教室の多くは、ホームページや資料は発行しているので、それらの情報からその教室の雰囲気や月謝、卒業後の進路など、確認しておくことが複数あります。無料体験授業や事前説明会を行っている教室も多いので、そうした機会を活用することで、入校してからの様子をシミュレーションしやすくなります。また、無料体験授業を通じて、講師の雰囲気や生徒の様子なども把握できますから、モチベーションアップにも繋がるでしょう。
    アロマを勉強するにあたっては、受講をする前に目的が明確であること、その目的に合わせて長期間受講できるか否かを個別の無料説明会などで確認することが、失敗しない教室選びのポイントとなります。

    学費と受講した場合を想定したポイント

    アロマ教室の雰囲気や勉強する目的を明確にして、実際に通うことを本格的に考えた場合、さらに確認しておくべきことがいくつかあります。まずは、学費の問題です。学費として、入会費用や教室に通うにあたっての授業料だけではなく、別途教材費や実習費用が発生します。特に、上級の資格取得を目指す場合は、実技の費用も相応にかかってきます。その上に、目的によっても異なりますが、検定試験を受験する場合の費用、試験合格後の書類手続きにかかる費用、協会入会金なども発生します。また、通学にあたり、お勤め帰りに通う場合や自宅からの交通アクセスや、受講曜日、時間などは確認するポイントとなります。
    しかし、授業の日時を確認した上で入校した場合でも、家庭の事情などで受講できなくなることも想定されます。特に、長期にわたる場合もありますから、受講期限があるか否か、キャンセル料を含めて欠席した場合の対応においても確認しておくことがおすすめです。講師として、もしくは現役のセラピストとして独立開業されている方は別ですが、これからお仕事を始めたいと考えている場合には、卒業後においての進路は、重要となります。卒業後の進路が公開されていると確認をしやすいですが、コネクションの有無も、受講前の無料相談の際に確認できる場合があります。就職支援のシステムがあると、希望する分野の紹介やアドバイスを受けやすくなり、希望する職種がある場合だと、フォローをしてもらえる可能性が高くなります。
    各アロマ教室とも学費は安くはないですから、費用面だけではなく、長期間通い続ける場合のアクセス、お休みをする場合のフォローシステム、その他のサポート体制などは、事前にチェックしましょう。

    bnr_siryou

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!