閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • こんにちは!

    今回の講師ブログを担当します増田です。
    梅雨の時期が近づいてきましたが、それにしても日々の寒暖差が激しく・・・
    ルームウエアもですが、何を着て出かけたら良いのか分かりづらい季節ですね(;^_^A

    昨日は夏日のように暑かったのに今日は肌寒い・・・
    日中でも昼間は30度ぐらいまで気温が上がったのに、夜は肌寒い・・・
    など、気温差が激しい日々が続くと、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
    自律神経のバランスが崩れてくると、いろいろな症状が起きてきます。
    例えば・・・朝起きにくく、または夜眠りづらかったり、あるいは睡眠の質が落ちたり、身体がだるくなったり、
    やる気が起こらなかったりなど、季節の変わり目はいろいろな不調が出やすい時期です。

    今回は、季節の変わり目と梅雨の対策グッズとして
    「自律神経を整え、お肌サラサラアロマボディパウダー」紹介をしようと思います!

    m-01

    <材料>
    ・カオリン          30g
    ・コーンスターチ       20g
    ・ベルガモットミント精油   9滴
    ・ラベンダー精油       5滴
    ・ゼラニウム精油       3滴
    ・ホーリーフ精油       3滴

    <作り方>
    容器にカオリンとコーンスターチを入れ混ぜ、各精油の滴数を入れて混ぜる。パウダー容器に移し入れる。

    ※粉がこぼれたり、飛び散ったりするので、大きな紙の上で作成した方が良いです。

    今回の精油のブレンドは・・・
    ベルガモットミント精油とラベンダー精油は自律神経調整作用があり、ゼラニウム精油はホルモン調整作用があります。ホーリーフ精油はデオドラント効果があります。全体的にリラックス効果がありますよ!

    m-03

    私は元々とても汗かきの上に、ただ今更年期のホットフラッシュ真っただ中で、自律神経のバランスを崩すと症状が激しくなり、日々大変です(^^;)
    私は自分の心身不調のために色々とアロマを活用していますが、皆さまも試しに作って使ってみてください。
    思いのほか、快適ですよ!

    朝、服を着替える時にボディーパウダーを身体につけると、すっきりとしたミントの香りとともにほんのり優しいお花の香りに包まれます。
    香りに持続性はないので人目を気にせずに使えますが、ただ黒や紺色などの暗めの色の服には注意です!暗めの色の服に付くと白くなるので粉が付かないようにしてくださいね!
    汗を何回かいても一日中お肌のサラサラ感が続くので、私は毎日の必須アイテムです(^^)

    スクールで販売しているカオリンとコーンスターチはこちらです↓

    m-02

    カオリンとコンスターチの割合は、お好みでご自由に!
    私は、カオリンが多い方がサラサラ感が増すように思います。

    夏場、暑くなってくるとゼラニウムの精油の代わりに、ペパーミントの精油を加えると冷感作用で清涼感が増しますよ!
    この時期から夏の終わりまで、毎年作成する「私の必須アイテム」のご紹介でした!

    online_setumei01

  • 皆さま、こんにちは。
    5月のブログ担当の阪田です。

    植物の様々な色合いがまぶしい季節。
    新たな息吹を感じる新鮮な緑がとても美しいですね。

    G.Wに入る前に、広島の尾道に行ってきました。
    瀬戸内海と小さな山々にはさまれた街並みには、沢山のお寺が点在し
    細い小道がいりくんでいて、小さなかわいらしいカフェや
    レトロな建物も多い、とても魅力的な街でした。

    202405講師ブログ尾道  202405講師ブログ猫

    有名な千光寺から町の中心部に戻る途中では、大樹と言っていいくらいの
    クスノキに出逢いました。
    私は植物のなかでもクスノキがとても好きなんです。
    枝の拡がり具合や全体の姿形、色合いになぜかとても惹かれるものがあります。

    クスノキというと、クスノキ科のラヴィンサラやホーリーフ、ベイローレル
    メイチャンなど多くの精油がありますね。

    クスノキが好きだからかわかりませんが、これらの精油の香りも全部好きです。
    一つひとつの香りの印象は全く違うのですが、どことなくどの精油もおおらかさを
    感じませんか?

    私は何か気にかかることがあると、かなり長い時間そのことに囚われて、
    四六時中そのことを考え続け、なかなか心が自由になれないようなところがあります。

    自分でも手放したいのになかなかできずに時間もエネルギーも浪費してしまうのです。

    クスノキ科の精油の香りには、そんな囚われてしまっている心を
    解き放ってくれるようなところがあるように思えてなりません。
    だから、気付くと自然とクスノキ科の精油が私の精油箱に勢ぞろいしているのかな(笑)

    皆さんにとっても、助けとなってくれる精油はありますか?

    さて、今回の目的は尾道港から船で45分くらいのところにある生口島の
    耕三寺です。

    202405講師ブログ耕三寺①

     

    耕三寺はご住職である耕三寺耕三氏が母親の菩提寺として建立された寺院なのですが、
    敷地には豪華絢爛な本堂をはじめ、様々な美しい建造物があります。

    202405講師ブログ耕三寺②      202405講師ブログ耕三寺

    寺院の奥を進むと丘の上の「未来心の丘」と名付けられた巨大な大理石の彫刻が
    そびえ立つ庭園にたどり着くのですが、ここにたどり着くまでには地獄から極楽浄土を
    表現した世界を光の閉ざされた洞窟で体感し、ようやく地上に上がったその先に
    未来心の丘が目の前に拡がるように設計されています。
    その丘は本当に現実離れした世界です。
    202405講師ブログ未来心の丘
    この大理石のモニュメントの数々も圧巻なのですが、驚いたのはそれを取り巻くように
    咲き乱れていたのがジャスミンだったのです。
    202405講師ブログジャスミン
    接写してしまって、ちょっと後悔!
    本当に丘の周りはすべてジャスミンで埋め尽くされています。
    まず丘に行くまでにこのジャスミンのほのかな香りがふわ~~っと
    漂ってきて、気持ちが緩み、優しい気持ちになります。
    天国への道のりにぴったりな香り。
    そして、次に現れたのが、コニファー・ブルーアイス(別名ではアリゾナイトスギ)と
    呼ばれるヒノキ科、イトスギ属の植物。
    202405講師ブログブルーアイス
    サイプレスと同じ属の植物です。
    ジャスミンの甘い香りから一転、今度は心身が浄化されて一気にクリアになり
    より感覚が研ぎ澄まされる清々しい香り。
    サイプレスの香りよりはジュニパーブランチに近いとても爽やかで
    すっきりとした香りです。
    ジャスミンの香りは夢の中にいるような気分にさせられますが、その後の
    ブルーアイスの香りで夢ではない、目の前の美しい景色は現実のものだと
    覚醒させられるようです。
    これらの植物を選ばれたのはどのような意図だったのか、とても気になるところですが
    この世界観が視覚だけでなく、嗅覚でも未来心の丘までの道のりを進む人達に
    強く伝わったことは間違いないと思います。
    私の人生にまたひとつ、香りと経験が結びついた想い出ができました。

     

    online_setumei01

  • こんにちは、講師の細尾です。

    4月に入り桜満開!の時期はもう過ぎてしまいましたが

    皆様お花見には行かれましたか?

    わたしは行ってきました、
    いま話題のスポットに!!

    それはNHKの大河ドラマ『光る君へ』の主人公
    【源氏物語】の作者である<紫式部>ゆかりのお寺です。

    先ずは三井寺です。
    ここは式部の父・藤原偽時が出家した場所であると伝わっているお寺です。

    夜のライトアップに行ってきましたよ~

    まず京阪三井寺駅からお寺までの道中にある
    琵琶湖疎水の桜が圧巻!
    幻想的に三井寺へと導かれます

    202404講師ブログ1

    202404講師ブログ2

    202404講師ブログ3 202404講師ブログ4

     

    そして三井寺
    202404講師ブログ5

     

    202404講師ブログ6 202404講師ブログ7 202404講師ブログ8 202404講師ブログ9 202404講師ブログ10 202404講師ブログ11 202404講師ブログ12 202404講師ブログ13
    わたしの写真では表現できていませんが
    なんとも妖艶!

     

    夜の三井寺と桜が合わさって
    少し怖いようなまるで妖魔たちの宴会のような
    ゾクッとうっとりが合わさった不思議な感覚
    まるで別世界に迷い込んだようでした。
    お陰で立て込んでいた日常から少しこころを
    離すことができて良い気分転換になりました(*^^*)
    帰りに三井寺名物『弁慶 ひきずり鐘まんじゅう』の
    (たぶん)期間限定の桜餅バージョンを買いました。
    とっても美味しかったです♪
    202404講師ブログ14

     

    そしてもう一軒はそう
    紫式部が源氏物語を執筆したといわれている場所
    石山寺です。

    実は桜満開の日に一度行ったのですが
    行った時間が遅すぎて入館できませんでした(´;ω;`)

    でもどうしても石山寺の空気を吸いたかった(笑)ので
    別日で再チャレンジ☆彡
    桜はほとんど散っていましたがゆったりと堪能できました。
    式部さま、≪紫式部源氏の間≫にいらっしゃいました。
    約2000年前この部屋で源氏物語を書かれたそうです。
    202404講師ブログ15

    202404講師ブログ16 202404講師ブログ17 202404講師ブログ18

    別の場所に像もありました
    202404講師ブログ19

    202404講師ブログ20

    近江八景「石山秋月」に描かれる月の名所≪月見亭≫
    式部さまもここで月を観られたのかなぁ?
    202404講師ブログ21

    202404講師ブログ22 202404講師ブログ23

    こんな景色も観られたのかなぁ?
    202404講師ブログ24 202404講師ブログ25
    などと思いながら散策、お参りしてまいりました。
    いや、やっぱり木々に囲まれたお寺に行くと
    しばし日常離脱が味わえてよいですね♪
    ところで、桜ってあれだけ爛漫咲いてるのに香りが
    ぷんぷん香っている印象ないですよね?
    なのに、桜餅を食べてるときにはなぜか、わぁ、桜のいい香り♡
    と思ってませんか?あれはどうして?
    調べてみたらあれは桜の葉を塩漬けにしたり乾燥させたりすることに
    よって作られるクマリンの香りだそう。
    あの桜餅の香りを桜の香りだと記憶しているためか、桜って香りあんまりないよね?ってことも実はいままで考えてみたこともありませんでした。
    お恥ずかしい(;^ω^)

    しかし塩漬けにしなくても少しはあの香りが嗅げるのではないのか?
    と思い、近所の神社の桜の葉に顔を近づけて嗅いでみましたが、
    つまんだり、ちぎったり、もんだりしていないのもあってか
    そのままでは香りは感じませんでした。
    202404講師ブログ26
    やはりあの桜餅の香りは葉を加工して初めて生まれるものなのか?
    そうなの?潰したらでない?でも葉っぱ傷つけたらダメだし、、、と
    しっかり確認できないジレンマ。

    こうなったら、あの桜餅の香りを
    精油で再現したい!
    と変な欲望が生まれまして、色々試してみました。
    ちゃんと桜餅買ってきて、くんくん嗅ぎながらやってみましたよ。
    202404講師ブログ27

    202404講師ブログ28

    最初すぐに
    ローマン・カモミール
    ベルガモット
    フランキンセンス

    で結構近い感じになりましたが、
    あとは甘さとスモーキーな感じが欲しい。

    でも甘さで安直に安息香を足してみたけど逆に遠のいて、

    イランイランやローズを足しても遠のいてしましました。

    ならばスパイス系でローマンの甘さとスモーキーが出るのでは?と
    シナモンとかナツメグとはブラックペッパーなどを
    代わる代わる足してみたものの、やっぱり遠のき、

    じゃもうスモーキーだけでもと思い色々試すも
    全然近づかず(´;ω;`)

    もしやと思い試して意外と少しスモーキーイメージに
    近づいたのはなんとスプルウスブラック!

    そしてこれに真正ラベンダーを足すとやや甘味が増して
    すこーし桜餅に近づいた気が・・・

    でも右手に桜餅、左手に精油ビン5本をもって
    くんくん嗅ぎ比べるてみると、やっぱり違~う!

    他も色々やってみましたが、どれもダメ。
    結果、結局最初3本だけの方が近い。

    けど甘さとスモーキーが足りな~い!!!

    と無念のままに終了。力尽きました。悔しい!

    けど楽しかった♪♪
    またいつかやってみよ(^▽^)/
    嗅覚も年齢と共に衰えるので
    香り遊びができるうちに
    色々やっておきたいですよね☆
    今年もたっぷり楽しませてくれてありがとう桜
    美味しかったよ桜餅
    考えてみたらこれも1つの植物療法?
    少なくとも私には(o^―^o)♡

     

     

    online_setumei01

  • 皆さま、こんにちは。
    今月の講師ブログの担当の立花です。

    春が近づいてきましたね。

    早春の花も水仙に始まり梅の花、沈丁花も香り始めました。
    家の近くに梅林があるのですが、外から近づくだけで梅の香りが甘く漂ってきます。

    202403講師ブログ1

    白梅と紅梅では香りも少し違うんですよね。
    どちらもベンズアルデヒドに酢酸ベンジル、ベンジルアルコールがなんですが、紅梅の方がシナモンにも含まれるシンナミックアルデヒトなどが存在してよりスパイシーな重目の甘さ
    202403講師ブログ2

    白梅はエステルの酢酸ベンジルが多くて、軽いフルーティーな香り。
    202403講師ブログ3
    私の実家には白梅があったので、梅花の香りというと白梅の香りが一層馴染みます。

     

    梅の花の香り再現ブレンドにもチャレンジしてみました。

    ◉白梅
    20年前の香り熟成したジャスミンサンバック
    イランイラン
    ◉紅梅
    イランイラン
    ジャスミンサンバック
    安息香
    シナモンをほんのちょっぴり

    甘い香りに包まれて、梅を再現しつつ水仙も再現できているようなほんわか気分になれました。

    202403講師ブログ4

    外へ出かけたくなるのは人間だけではなく、二十四節気では啓蟄(3月5日~3月20日)
    冬ごもりの虫が、暖かくなった春の気配に土の中から出てくる頃とされています。
    この時期は寒暖差も激しくて、温度差で自律神経のバランスを崩しやすい時期でもあります。

    今年は温かい2月だったためか3月に寒の戻りがとても強く感じることがあるので、こういう時は3つの首(首、手首、足首)をできるだけ温めるようにしてくださいね。

    私はこの時期指先がすごく冷えます。すぐ温めたい、けどガンガン暖房を入れるには温度が高いという時に行うのがマグカップでの指湯です。

     

    *簡単!アロマハンド爪もみ+マグカップ指温浴*
    202403講師ブログ5

    ①クリームベースにお好きな香りを入れてハンドクリームを作っておく。

    自律神経調整と冷え対策でオススメなのがブレンドオイルのインナーバランス
    ゼラニウム
    マジョラム
    ジュニパーベリー
    タラゴン
    マジョラムの甘さとタラゴンのアニス調の甘さが体も心も温めてくれるブレンドです。自律神経バランスを取るゼラニウムも入ってこの時期にぴったりのブレンドです。

    ②ハンドマッサージと爪もみを数分行います。

    クリームを塗るだけでもいいが、爪生え際をしっかり揉むと自律神経のバランスを整えられます。

    ③マグカップに4指を入れて45度くらいの熱めのお湯に両手の四指を入れます。

    マグカップに精油を入れなくても、クリームの精油が立ち昇って香るので、アロマの香りは充分楽しめますし、ほんの10分ほどでも指が温まり身体も心もほっこりします。
    私は手先が冷えてしまっている時、一瞬手を温めてリラックスしたい時など、準備が要らずにすぐにできるアロマハンド爪もみ+指湯をよくします。

    自律神経機能が弱い人は、この時期手足が冷えやすいですし、自律神経機能は免疫機能と密接に関係していることから、アレルギー症状が悪化しやすくなります。
    花粉の飛散量の増加時期と重なるため、花粉症の人は特に冷えにはご注意くださいね。

     

     

    online_setumei01

大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報