閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • top_1

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う新連載がスタートしました!
    ぜひご覧ください。

    .
    こんにちは!
    JEA講師の松尾です。

    さて、今回から各講師の現在に至る“アロマの軌跡、足跡”を
    ご紹介させていただくことになりました。

    私が最初にJEAに生徒として通っていたのは・・・今から約20年前(;^ω^)。
    今ほど「アロマテラピー」という言葉も一般的ではなく、
    私自身も旅のついでにトリートメントを受けた程度の認識でした。

    ではなぜスクールに通って学ぼうと思ったかというと・・・
    当時私は公務員でした。でも特にやりたいことがあったわけではなく、
    なんとなくの日々でした。(すみません・・・)

    ある時ふと、「これから先の人生、仕事に費やす時間はどれぐらいだろう?」と
    思ったことがあり、どうせ働くならその時間をより自分の情熱を傾けられることに
    費やしたほうがいいのではないだろうか、と思ったのです。

    そして、「何か直接人に喜んでもらえることがしたい!」と思い、
    以前から“職人”に対する憧れがあったこともあり、
    何か手に職をつけようといろいろ探し始めました。

    その中で見つけたのが“アロマテラピー”。
    特に香りが好きということもなく、なんとなく気持ちよかったなという記憶だけでしたが
    マッサージが好きなこともあり
    一度話を聞きに行ってみようと説明会に。
    これが私の人生を大きく変えた始まりです。

    そこで出会ったギル先生は、
    とてもプロフェッショナル!
    そして私の憧れの“職人”のイメージに重なるところがありました。

    そこからは仕事をしながら、平日夜や土日のクラスに通う日々。
    そして、今のカリキュラムでいうとモジュール1、モジュール2ぐらいを終了後したときに
    また大きな決断の時を迎えます。

    「“アロマセラピスト”として生きていく」
    私にとっては趣味ではなかったので、退路を断つため公務員を辞めました。
    当時不景気真っただ中で誰もが耳を疑う決断でした。

    最初は、リフレクソロジーがメインのサロンで少し働きながら、
    自宅サロンをスタートし、縁あったスポーツジムでも施術させていただきました。

    自宅サロン

    それからJEAでIFPA取得のコースができたこともあり、
    さらに上を目指して仕事をしながら再び勉強する日々。
    夜帰宅してからケーススタディをするということもざらでした。

    その中で、イギリスのクレア・マックスウェル・ハドソン先生のところに
    2度学びに行ったことはとてもいい刺激と経験になりました。

    イギリスクレア校2

    イギリスクレア校

    転職から3年が経ったころ、再び転機が訪れました。
    諸事情からサロンを辞めることになったタイミングで、
    JEAのアシスタントスタッフになることに。
    そしてこれまた同時期に縁あって産婦人科でのアロマテラピーの仕事がスタート。

    産婦人科のアロマのきっかけは、姪が生まれたこと。
    導入経緯は長くなるので今回は省略しますが、
    これが私のアロマセラピストとしての方向性を決定づけることになりました。
    彼女(姪)があのタイミングで生まれていなければ、
    姉があの産婦人科を選んでいなければ、
    おそらく今の私はないでしょう。

    姪誕生

    それからはひたすら妊婦さん、産後のママのケアに向き合い、新たな勉強の日々。
    とにかく周りにあまり前例がなかったので自分でやっていくしかなかったのです。
    ソレイユが出来てからは、そちらで他の分野での様々な活動にも参加し、
    セラピストとしての経験を積みました。

    スクールで学んだ基礎を元に、
    状況に合わせて自分で考える、試す、再考する、形にする・・・
    そんなこんなで医療機関での活動は今年で17年目。

    産院サロン

    直接契約した医療機関は4件(スタッフは現在9名)、
    ソレイユ等を通じて監修、スタッフ教育等させていただいているところが2~3件。
    看護学校での正規授業としての講座も担当させていただいています。

    JEAでは講師となり、現在は主に自身の経験をもとに「マタニティケア講座」を担当、
    ソレイユでは引き続き、様々な医療機関へ派遣するセラピストの教育・研修、システム作りを
    させていただいています。

    マタニティ座学風景

    今振り返っても、20年前こんな形で仕事ができるようになるとは全く予想もしていませんでした。
    何より驚くのは自分が「医療機関で仕事をしている」ということです。
    なぜなら私は幼いころから病院が苦手だから。

    今アロマテラピーを勉強中の方、
    これからアロマテラピーを学びたいと思っておられる方、
    すでに学ばれて卒業された方、
    皆さんに私から申し上げられることがあるとすれば、
    どこから自分の道が開けるかはわからないということ、
    今全く関心がない方面へ進んで活動の場が広がることもあるということでしょうか。

    アロマテラピーと一言でいっても、
    家族や周りの方のためにアロマセラピストを目指すのも素晴らしいことですし、
    私のように最初から仕事として捉えるのもあり。途中で変わるのもあり。
    今のお仕事にプラスαされるのもあり。

    私の目指すところは“職人”でしたから、
    ある意味それは叶ったのではないかと感じでいます。

    そしてそう考えると、
    今はまた新たな転機なのかなとも思います。
    今後、自分のアロマテラピーの世界をどう展開していくのか、
    今一度考えてみたいと思っている今日この頃です。

    私にとってそうであったように、
    皆さんにとって、アロマテラピーが人生の何かのスパイスになることを願っています。

     

  • 夏本番!眠りの質を改善して過ごしやすい夏へ!

    皆さん、こんにちは。
    今月の講師ブログ担当の宇川です。

    毎日暑い日が続きますし、今年は梅雨入りが遅れて低気圧のせいで体調に影響は出ていませんか?
    私もやることがいっぱいあって根本的に睡眠不足なのですが、
    「眠りの質」について、原点に立ち返ってセルフケアをしてみることにしました。
    睡眠が満足できれば、疲労の蓄積も解消できて体調も調い、
    特にこれから本格的な夏に向けて過ごしやすくなると考えました。

    そして!!
    なんだかおもしろいものを見つけてしまったのですよ☆
    じゃーーーーん!
    DSC_0479
    手のひらに貼り付けて、精神性発汗の量がわかるんです。
    こんな感じ
    DSC_0425
    最近の、とある3日間の観察記録を載せますね。
    トリセツに計算式が解説してあったので、モチロンしっかり計算もしました。
    DSC_0482

    これだけでは正確な判断ができないので、
    毎晩アプリで採っているリアルな睡眠記録も(恥ずかしいけど!!)載せますね。
    clip_now_20190702_003401
    下から25,26,27日の睡眠の記録です。
    それぞれ、底辺の帯のようなところが深い眠り。
    棒グラフみたいに立っているところが浅い眠りで
    その上にさらに2階建てみたいになっているのが覚醒です。
    睡眠時間にかかわらず、毎晩きっちり2回中途覚醒していますね。

    25日の眠りに関しては、何もしないでそのまま寝ました。
    (眠くて何かする余裕もありませんでした・・・)
    私の感覚ではすぐ寝落ちしたような気がしていたのに、
    しばらく寝付けなかったことが記録されています。
    睡眠時間が極端に短いし、入眠がうまくできず、
    また明け方の時間帯もずっと浅い眠りです。
    確かにその日は一日中フラフラな感じでした。
    DSC_0483
    26日の眠りに関して、夜ブレンド(ラベンダー+スイートオレンジ)に
    スイートマジョラムを追加したブレンドを枕元で使用したところ、
    安眠チェッカーの赤い印では精神性発汗の量も減り、結果は安眠♡
    (少々わかりづらいですが)アプリの測定でも浅い眠りが短くなっていることが
    伺えます。
    入眠後の深い眠りが25日、27日に比べてしっかりとれていますし、
    中途覚醒している時間も明らかに短いですね。
    眠りの質は前日よりも随分よくなっています。

    でももしかしたら、疲れすぎて偶然よく眠れただけかもしれないし、
    27日には、わざと何もしないで眠ることにしました。
    すると精神性発汗量が少し増え、浅い眠りも増えました。
    明らかに浅い眠りが小刻みに起こり、熟睡が難しかったようですし、
    中途覚醒の時間も長くなっています。
    しかーーも寝覚めが悪く、アラームを止めて10分寝坊をしています!

    ということで、単純に考えると
    ラベンダー、スイートオレンジ、スイートマジョラムの精油のリラックス効果で
    睡眠の質が改善できそうだと考察できます。

    ・・・と、ここで終わりではありません。
    常用すると慣れてしまってやっぱり眠れなくなるかもしれません。
    今後は同じ精油で慣れてしまうのか、はたまた効果は長続きするのか。
    日常起こるアクシデントやストレスは影響しないのか、と研究のしどころはいっぱいあります。

    これってモジュール2のセルフケアレポートやケーススタディ、
    モジュール4に続く症例研究の考え方と観察の仕方に役立ちます。

    とは言え課題には関係なく、常日頃アロマをやっていて興味が湧いたこと・知りたい事
    について独自のアイデアで是非オリジナリティあふれる研究をしてみてくださいね。
    アロマテラピーがますます面白くなりますよ!

    それから、安眠チェッカーと同時にこんなものも一緒に購入してしまった♪のです。
    DSC_0480
    気になる「汗活」の測定に使えそう!
    「健康に汗をかける」というのは、体温調節以外にも
    美肌や老化防止に役立ちます。
    何歳でも、筋肉だけでなく汗腺も鍛えられる・若返るって聞いたし。
    それに、リラックス度を測るのは何に使おうかな…興味は尽きませんね。

    最後に一つ、夏のフローラルウォーター利用方法をご紹介♡

    フローラルウォーターを使用して、さっぱりとした拭き取りローションをつくります。
    汗ばんでベタつく、または、汗かぶれを予防したい人にオススメです。

    さっぱりさせるために、収れん力の強いハマメリスウォーターと清涼感のある
    ペパーミントウォーターを好きな比率で混ぜたら、
    少量のカオリンを加えて混ぜ合わせるだけです。耳かき1杯とか2杯くらい。
    (カオリンは入れすぎると白残りするのでご注意ください!)
    ご使用前にはカオリンが沈んでいるので良く振ってくださいね。
    DSC_0484
    水分が乾いた後にクレイのさらさら感が残り、ミネラルの膜がお肌を健やかに
    保ってくれますよ。
    香りが苦手なら、ローズウォーターなどお好きなものに変えても良いですし、
    日焼けが気になる人にはラベンダーウォーターも合いますよ。
    目的に応じてフローラルウォーターの種類を変えると
    それぞれの肌質にあったものがつくれます。
    お好みで精油を入れるときは、必ずディスペールで乳化し刺激を回避してください。

    私はいつもコットンと一緒に持ち歩き、汗の気になる時にささっと使用して
    さわやかになっています。
    みなさんも、暑ーい夏を乗り切るためにアロマを活用してくださいね☆

  • ハーブ「マロウブルー」の効能って?

    こんにちは、講師の小田です。
    6月になり、梅雨入りの気になる季節になったという事は、
    今年も早くも半分を過ぎていきますね。毎年思いますが早い!!!

    今回はあるセミナーを受けに行った時に、休憩時間にマロウブルーの
    ハーブティーを出していただきました!

    DSC_0042

    とてもあざやかな青色が綺麗で、飲みやすい♪♪
    今までもマロウブルーのハーブティーは飲んだ事はありましたが、
    あれこんなに飲みやすかったっけ??と。
    気になり改めてマロウブルーの効果など確認してみました。

    和名は、ウスベニアオイと呼ばれハーブショップでは、
    ブルーマロウまたは、マロウブルーという一般名で販売されています。

    <学名> Malva sylvestris
    <科名> アオイ科
    DSC_0044

    粘液を豊富に含むハーブで皮膚・粘膜保護に役立ち、風邪やせき、喉の腫れや痛みなど呼吸器系の不調、
    胃炎や膀胱炎、便秘などに昔から使われてきたようです。

    皮膚、粘膜の保護と喉の不調に役立つことを改めて知り、ハーブティーとして飲むために、ハーブを数種類ですが常備しています。
    が、マロウブルーは持っていなかったので、購入しました。
    乾燥すると喉の不調になりやすく、少しでも喉の不調を感じたら精油(ユーカリラディアータ・ラヴィンサラ・フランキンセンスなど)
    を使用して、蒸気吸入や塗布をして悪化しないようにしていますが、

    プラスでマロウブルーのハーブティーでケアをするようにしました。
    乾燥する季節になり喉の不調を感じられたら試してみてくださいね(*^_^*)

    DSC_0060

    マロウブルーと言えばハーブティーを入れた直後はきれいな青色で、時間とともにゆっくりと色が変わり、さらにレモン汁を垂らすと酸性に変化して一瞬でピンク色に変わるのが特徴です。
    写真に撮ってお見せしたかったのですが・・、
    お見せ出来るほど写真がなかなか上手く撮れなくて断念しました(>_<)

    ☆ハーブに興味がある方はJEAでハーブを学べる講座ありますよ☆
    「JAMHA認定メディカルハーブコーディネーター養成講座」
    「JAMHA認定ハーバルセラピストコース」
    ハーブの知識、活用法を学んで日々のケアに、さらにメディカルハーブの有効性などしっかり学んでショップやサロンでハーブの知識を活かしてアドバイスに役立てたい方はおすすめします!

     

  • こんにちは。
    JEA講師の金谷です。

    前回は確か私が実践している薬膳レシピをご紹介しました。
    今回は、生薬を使ったスキンケアレシピを紹介しますね。

    お肌に関しては一年中気になるところではありますが、紫外線が強くなるこれからの季節は毎日肌の疲れを実感されるかと思います。

    薬膳はずっと興味があって、おおげさではなく日々出来る範囲で食事に取り入れたりしていましたが、昨年ころから生薬で肌のケアができないかと思い、試行錯誤しながら色々試していました。

    そんな経緯で今年3月のIFPA無料勉強会では生薬を使用したレシピでクラフト作りをさせていただきました。

    その後新たにこれも良いかな・・・と思って作ったのが今回ご紹介する「紫根エキス(シコンエキス)」です。
    紫根は古来より皮膚トラブルに使われていたということで、今まではオイル抽出してそれをクリーム作りに利用していましたが、今回は水とBGを溶媒にエキスを抽出してみました。
    多くの方が実践されている方法で特に珍しくもないのですが、知らない方もたくさんいらっしゃるかと思います。
    簡単なので是非作ってみてください。

    【材料】
    ・紫根※・・・・10g(溶媒の10%)
    ・精製水・・・・50ml
    ・BG※・・・・50ml

    ※紫根
    ムラサキ科ムラサキの根を乾燥したもの。

    ※BG(1,3-ブチレングリコール)
    保湿作用と抗菌作用があります。多くのスキンケア化粧品に配合されています。

    DSC_0434_CENTER

    DSC_0435

    瓶に入れたら直ぐに紫色になってきます。

    DSC_0436

    ガラス瓶に入れて約2週間(1日1回振り振りします)、その後濾したら出来上がり。

    DSC_0442

    遮光瓶で保存します。

    DSC_0443

    【エキス応用】
    ️️・紫根エキスを使用した化粧水️️
    ・紫根エキス 1.5ml(全体量の5%)
    ・精製水 30ml

    とってもシンプル。
    出来上がりはほんのり桜色になります。

    精製水の一部をローズウォーターなどフローラルウォーターにしたり、精油を加えたり、と
    色々アレンジ可能ですが、まずはシンプルな化粧水を是非試していただきたいです。

    ☘️☘️市販のベース利用☘️☘️

    クリームベースやジェルベースに加える。
    エキスは全体量の5%を目安にしましょう。

    DSC_0445_HORIZON

    エキスは一旦作ってしまうと応用がききますし、何よりコストが安いので気がねなくジャンジャン使えます。

    これから作られる方がいらしたら是非マイレシピを教えてくださいね。

    では。(^^)/

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!