閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • こんにちは、講師の小田です。
    11月に入り、日に日に寒さが加わってきましたね。
    寒さを感じると、身体がこわばることで滞りやすくなりますので、
    身体の流れを整えるために、ラストーンセラピーを受けました(^_^)

    ◇ラストーンセラピーとは?
    温冷法でそこにエネルギーワークを入れたり、現在日本でよく知られる
    ホットストーンの原型と言われています。
    ホットストーンは施術が終わるとちょっとボーっとしますが、
    ラストーンはスッキリします。

    手を使うのは、最初のオイル塗布であとは、温めた石と冷やした石を使ってのトリートメントです。

    DSC_0123_

    DSC_0126_

    ☆温かい石には☆

    血管を拡張
    固くなった筋肉をほぐす
    代謝のアップ
    など

    ☆冷たい石には☆

    痛みや詰まりのある箇所を取り除く
    身体にこもった熱を放出する
    血管を収縮
    炎症を鎮める

    など・・・たくさんの石にたくさんの効果があるようです。

    さらに、温かい石と冷たい石を交互に行うことで、血管の拡張と収縮により血行の促進や血行が促進されることで身体が温まり、
    また、副交感神経が優位になり深いリラクゼーション効果が得られたり、自然治癒力が高まることで、身体の回復に役立てると言われています。

    ◇ストレッチから始まります。

    ベッドには温かい石が敷かれていてその上に寝ると、体がポカポカと温かく包まれている感じがとても気持ちいいです!!そしてオイルを塗布してからストーンの施術がスタートします♪

    こりをダイレクトにほぐすというわけではなく、温冷の石を交互に体に滑らしてストロークされて、温度差だけでなく、大きさや形も違う石の独特な感覚がなんとも言えない気持ち良さがあります!
    トリートメント中にはたくさんの石が、置いたり敷かれたりします。フェイシャルも受けました!

    小さな石で、心地よいトリートメントはお顔もスッキリです。クライマックスに、ゆったりとしたロングストロークが繰り返しされます。このロングストロークで、さらに身体がゆるんでいきふわとした不思議な感覚がとても気持ちよく施術が終了していきます~(*^_^*)トリートメント後は、身体がゆるみ流れが良くなってスッキリしました♪♪

    DSC_0131_

    では、これから寒くなる季節に備えて体調を整えておきましょう!

  • 秋も深まってきましたね。
    過ごしやすくなって、食欲の秋を満喫されている方も多いでしょうか。
    暦の上ではもうじき立冬で(来月11/7)今度は寒さに備えて冬支度。

    冬の寒さは体をちじこまらせるので、活動力が低下して血の巡りが悪くなってきます。
    その結果、肩がこったり、手足が冷えたり、腰やひざ関節、胃などの内臓、あちこちに痛みが出やすくなります。
    寒さからくる新陳代謝の低下やストレスはシミを作りやすくするので、外側から体を温めるだけではなく、食べ物や飲み物で体を温めることが大切。
    おまけに秋冬は空気も乾燥するので中からの潤い補給も忘れずに。
    秋冬を乗り切るキーワードはズバリ「冷え対策」と「うるおい補給」

    ということで、この時期私はよくお粥を作って食べます。

    小豆粥に黒豆粥、お米も白米だけではなく、黒米やはとむぎ、押し麦を入れたり他にも色んな雑穀を入れて楽しんでます。
    普段は適当にぶちこんで作っていますが、ここ一番おすすめのお粥をご紹介します。
    以前薬膳クラスに通っていた時に習ったものを適当にアレンジして作ってます。栄養たっぷりであったまりますよ♪

    《八宝粥》
    ・豆類 30g(小豆+黒豆)
    ※他のお豆でも代用可。黒豆は炒り黒大豆を使えば予め水につけなくてOK。
    ・米類 1/2合(白米+黒米)※他のお米でも代用可
    ・ナツメ 3個 ※レーズンやクコなど入れるのもおすすめ
    ・ピーナツ 5粒 ※他のナッツで代用可
    ・黒糖 少々(お好みで。私は甘いドライフルーツを入れる時は入れません。)
    ・水 2合(様子を見て足してくださいね)

    ①小豆は洗って水に3~4時間つける。
    ②米類を洗う。
    ③土鍋に水を入れて洗った黒米を入れて30分くらいつける。
    洗った白米とその他全ての材料を入れ、沸騰したらとろ火に変えて時折かき回しながらやわらかくなるまで煮込む。
    食べる時にオイルを回しかけるとコクがでて美味しいです。
    (最近はヘンプシードオイルがお気に入り。)

    小豆:利水作用がありむくみによい。毒素を分解するので吹き出物にもよい。
    黒豆: 「血」の巡りを良くする。水分代謝もよくしてむくみに効果あり。体に潤いを与えて女性ホルモンのバランスを整える。
    黒米:消化力を高める。身体を潤し血行をよくする。
    ナツメ:「血」を補う。精神安定にも効果あり。
    ピーナツ:肺を潤すので、慢性の空咳、秋の乾燥による乾燥肌、便秘などによい。

    見た目は良くないですが美味しいですよ。
    好みでお塩をかけてもいいと思います。

    DSC_0320

    ~人の身体は食べたもので作られる~
    最近とくに実感します。

    甘いものもお酒も好きで、時には食べ過ぎてグッタリ・・・なんてこともありますが
    ちょっとアンバランスになった時は、自分なりにいたわっています。

    はやいもので前回のブログから半年が経ちました。
    秋生まれのせいか、一年で一番好きな季節です。このブログがアップする頃にはまた一つ歳を重ねているはず。
    今年は特に自然災害が多く、そんな中比較的穏やかに過ごせていることに感謝しています。

    秋冬の寒さと乾燥の時期は、インフルエンザや風邪対策もかかせません。
    そんなときのイチオシ精油は
    ラヴィンサラとレモン!
    DSC_0315
    芳香器やスプレー、ティッシュにたらしてマスクにイン、など色々試してみてください。

    では、みなさん健やかにお過ごしくださいね。

  • こんにちは!
    今回、9月の講師ブログ担当します増田です。

    先月の盆休みに「ご先祖供養 癒しの1日~香りと共に癒しのエネルギーを送りませんか?~」というセミナ―で「お香作り」を体験したお話をします。

    どんな内容のセミナーか?を簡単に説明すると・・・
    般若心経の意味を一行一行かみしめながらご先祖の為に写経します。そして、気功で供養のエネルギーを送り、ご先祖への感謝の気持ちを込めてお香を作ります。

    今回は香りに関してのお話なので「お香作り」のお話のみさせていただきますね!

    まずは、お香作る材料(お粉が14種類)と作成グッズ(紙皿、混ぜる棒、ビニール手袋)が机の上に並べられました。

    image6

    そして、香原料である粉末(14種類)の説明が書いたものを渡されます。

    ●白檀(びゃくだん)
    インド・インドネシア・マレーシアなどで栽培される木。ソフトな甘みのある香りで、防虫効果も有ります。最もポピュラーな香木で、サンダルウッドとも呼ばれます。

    ●桂皮(けいひ)
    シナニッケイ、セイロンニッケイ(クスノキ科)の樹皮を乾燥したもの。中国南部・ベトナム・スリランカ・インドネシアなどで産出する。シナモンの名で世界中に親しまれている。

    ●大茴香(だいういきょう)
    ダイウイキョウ(シキミ科)の果実を乾燥したもの。八角茴香(スターアニス)ともいう。中国南部(広西・広東・雲南・福建省)で産出される。中華料理の香味づけには欠かせない香辛料。

    ●丁子(ちょうじ)
    チョウジノキ(フトモモ科)の花蕾を乾燥させたもの。モルッカ諸島・サンジバルなどで産出する。香辛料として広く用いられる。西洋ではグローブとして古くから使われている。

    ●安息香(あんそくこう)
    アンソクコウノキ(エゴノキ科)の幹を傷つけ浸出した樹脂。スマトラに最も多く産出しる。バニラに似た甘い香り。

    ●乳香(にゅうこう)
    ニュウコウジュ(カンラン科)の幹から傷つけ浸出した樹脂。アフリカ東北部・アラビア沿岸部・ソマリアから産出する。キリスト教の儀式における焚香としても知られている。

    ●竜脳(りゅうのう)
    リュウノウジュ(フタバガキ科)の心材の空隙に結晶として析出したもの。スマトラ・ボルネオで産出され、薫香料や防虫剤として用いられる。日本のマルコ山古墳から出土し、その芳香が認められて話題になった。

    ●山奈(さんな)
    中国南部・インドに産出するショウガ科のバンウコンの根茎を乾かして切片にしたもの。ベトナム原産。

    ●椨(たぶ)
    クスノキ科タブノキ属。インドネシア・タイ・台湾・奄美諸島などでも産出。主にお線香を固める糊分(粘着剤)として使用。別名、イヌグスともいう。

    ●藿香(かっこう)
    フィリピン原産のシソ科の草木を乾燥させたのも。パチュリ-とも呼ばれる。

    ●甘松(かんしょう)
    オミナエシ科。インド・中国四川などで産出する。スパイクナードとも呼ばれる。根や茎を乾燥して使用。ムッとするような特徴のある香り。組み合わせると香りに厚みが増し、全体の香りに深みを与える。

    ●排草香(はいそうこう)
    シソ科カワミドリの根。産地は中国。清涼感のある香りで、昔はお線香の原料として使用。清涼感のあるクールな香り。

    ●零陵香(れいりょうこう)
    サクラソウ科で草を乾燥。産地は中国。濃い香りで、全体の香りに深みと奥行きを出すことができる。

    ●木香(もっこう)
    キク科の植物の根。インド北部・カシミア地方で産出。芳香と苦味がある。別名、唐木香ともいう。

    説明文は以上です。

    次に、この14種類の中からお粉を選びます。これが香りのブレンドになります!

    きゃあああ~~~!!ワクワクしますねーー!!
    この粉の選択で、オリジナルブレンドのお香の香りが決まってしまうなんて!!
    自分好みのオリジナルお香が作れるなんで、とっても嬉しい!!

    1つのお香を作るのに、4種類の粉袋を選びます。

    今回は2つの香りのお香が作れるので、4種類の粉袋×2つ分ですので、合計8種類の粉袋を選びました。

    image5

    image4

    ●お香その1ブレンド
    ・椨(たぶ)←これは糊の役目をするので絶対に必要(香りはほぼ無し)
    ・白檀(びゃくだん)
    ・乳香(にゅうこう)
    ・安息香(あんそくこう)
    ・丁子(ちょうじ)1/3

    ●お香その2ブレンド
    ・椨(たぶ)←これは糊の役目をするので絶対に必要(香りはほぼ無し)
    ・乳香(にゅうこう)
    ・安息香(あんそくこう)
    ・甘松(かんしょう)
    ・丁子(ちょうじ)2/3

    結局、お香その1のブレンドは精油で好きな香りの組み合わせになっていましました(笑)

    で、お香その2は、精油では苦手なスパイクナードの甘松を入れ、甘く深みを出してみたくなりました!

    どちらも乳香・安息香・丁子が入っていて、その1は白檀で、その2は甘松の違いです。
    あと工夫を加えたのは、丁子の香りが強いのが苦手な私は、敢えて1袋使用ぜずに、甘松(別名スパイクナード)の香りの深みを少し軽くしたかったので、その2の方に2/3入れ、残った1/3をその1に加えました。

    たったそれだけの違いなのですが、香りは全然違ってできたので大満足でした!!

    image7

    どんな香りに仕上がったかと言いますと・・・
    その1の香りは、ウッド系の深みがある中に、木の爽やかさと丁子のスッキリ感が出ました。
    その2の香りは、ウッド系の深みに甘松の深みと甘みがプラスされ、丁子がいい感じに甘すぎす深すぎず、スッキリとクリアにしてくれています。その1よりは深く甘みがある感じです♪

    それぞれの気に入った香りが出来ましたので、その日の気分で使い分けたいと思います(^^)♪

    image2

    精油のブレンドもかなり楽しくて好きですが・・・
    お香のブレンドもアレンジの仕方がいろいろあることに気づき、益々いろんなブレンドのお香を作りたくなりました!
    組み合わせや粉末の分量を変えるとそれぞれどんな香りが出来上がるのか?!
    それが分かるようになれば、ますます自分の好きな香りに追求したお香を作れるのではないか?!
    と、お香作りに益々興味が深まりました(笑)

    お香作りの楽しさは、粉を選んで混ぜて練り練りし形を取って作っている時も楽しいですが、3~5日乾かして出来上がってから実際に焚くまでは、どんな香りに仕上がっているか分からない?ところに、またワクワクした期待感もあるので、2回も楽しめました!!

    image3

    ちなみに、オリジナルお香作りのお教室をしていただいたのは、

    セラピストサービスソレイユスタッフの伊勢谷一代先生でした。

    image1

    機会があれば、お香作りに参加してみてくださいませ❤

  • 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
    今年は例年にない暑さや水害、地震など今まで以上に
    自然の脅威を感じる一方で、水や食物の大切さなど
    やはり自然の豊かさに助けられている事も改めて感じさせられるような
    出来事が多く、この一日一日が何事もなく無事に過ごせていることが
    どれほど奇跡的なことかに気付かされる年となりました。(まだ年末じゃないですが)
    また、人の力や科学技術にもいつも感動させられます。

    地震や水害で被害に遭われた方たちが1日も早く
    安心できる日常に戻られることをお祈りします。

    日々、精油を様々な目的で扱っていると精油の持つ特徴、性質というものが
    いろんな側面から伺い知れることに楽しみを感じます。

    先日、ある講座で「陰陽バランシングミスト」というものを
    作ったのですが、これもまた精油をある一つの視点から性質を捉えたもので
    なかなかおもしろかったです。

    image2

    どのような内容かというと、中国古代の哲学理論に基づいて
    自分自身の心身の状態を「陰」状態か「陽」状態かをチェックして
    それぞれ心身のエネルギー状態とは逆のエネルギーを持つ
    バランシングミストを日常で使用して心身のバランスをとるというものです。
    つまり「陰」の状態になっている人には「陽」のバランシングミスト、という具合です。

    陰陽学説はとても簡単にいうと、宇宙に存在する全ての事物は陰か陽かの属性を
    持つと考えられ、東洋医学では人の健康を考える時にもこの陰陽学説を重要視しています。
    例えば、天と地、日と月、冷と温、上と下、男と女、動と静、交感神経と副交感神経など
    どちらの要素も宇宙全体(私達の身体も小宇宙^^)のバランスをとるのに
    なくてはならないものでバランスが重要なのです。

    私達も走り続けてばかりでは、そのうち疲れて倒れてしまいます。
    活動している陽のエネルギーの状態もあれば、休息して美味しいものをゆっくり食べている陰のエネルギーの状態もあって、そのバランスが健康を保つのにとても大事だということですね。

    しかし人の心や身体はいつも同じ状態ではなく、日常生活の色々な
    影響によってこの陰陽のバランスが偏ることがあります。
    どちらかに偏理すぎると少し不調を感じたり、何もする気になれなかったり、
    イライラしてしまったりします。

    実は精油にはそれぞれ陰の性質を持つものと陽の性質を持つものがあります。
    それらの性質をうまく利用してそれぞれの偏ったバランスを取り戻す
    助けになってくれることができるのです。

    今回作ったバランシングミストのレシピですが、特にこの夏は
    バランスを崩しやすい方も多く、講座にお越し下さった方にも
    喜んでいただけたようです。
    皆さんも是非ご自身の状態に合わせてお試しください。

    IMG_8492

    *陰ブレンド*
    上昇した気を落ち着かせ、安定させてくれます。
    思考が先になって本能で感じる力がついていかない時、
    知らず知らずのうちに緊張状態になり、寝付きにくい時や
    筋肉のコリを感じる時にもおすすめです。
    心身ともにリラックスし、穏やかな時間を過ごせます。

    <50mlのミストに1.5%の敵数です>
    ・カモミールローマン4滴
    ・ジャスミン3滴
    ・ベルガモット5滴
    ・クラリセージ2滴
    ・パチュリ1滴

    *陽ブレンド*
    エネルギーを満たし、気持ちを前向きにしてくれます。
    頑張りたいのに気怠い時、決断したいのに踏ん切りがつかない時など
    心身ともにバイタリティーと勇気を与えながら
    温かくサポートします。
    心にしまい込んだ要らない感情を解放します。

    <50mlのミストに1.5%の敵数です>
    ・ラヴィンサラ2滴
    ・ジュニパーブランチ3滴
    ・グレープフルーツ5滴
    ・ローレル2滴
    ・ホーリーフ1滴
    ・ブラックスプルース2滴

    講座の中では陰陽チェックシートを使用して、自分の状態を
    見ていただいたのですが、ちょっとボリュームがあるので
    ここには省略してしまいます。(ごめんなさいm(ーー)m)
    知りたい!!という方はスクールで私を捕まえてください。

    モジュール2の理論を勉強された方はこの考え方にピンときたかもしれませんね。
    精油の特徴、性質、作用は植物の生きる為の力がギュッと詰め込まれたもの
    ですから、なかなか白黒つけることは難しいです。
    私達人間と同じ生きているものですから、それは当然のことですね。

    一人の人をよく知ろうと思うと、一面だけを見てもその人の
    全体を知ることはなかなかできないのと同じで、植物のことを
    知るのもあらゆる角度から知ろうとするしなやかな心と
    広い視野が大切です。

    じっくりと一つ一つの精油と向き合って「どんな性格なの?」と
    興味を持って接しているとなんとも言えない愛情が湧いてきます。(笑)
    全ての精油と仲良くなるにはまだまだ時間がかかりそうですが
    この時間も日々楽しんで過ごしていきたいと思います。

    皆さんもじっくりと精油に向き合って、新たな発見を楽しみながら
    豊かな毎日をお過ごしください。

    bnr_siryou

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!