閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • tatibana_t

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    最終回は立花 智美先生です!
    .
    .
    .
    こんにちは。JEA講師の立花智美(アロマフェイシャルマタニティケア担当)です。

    私はアロマセラピスト歴24年目に入りました。
    今回のブログテーマ、「講師への道のり」ですが、今に繋がる道へのエピソードは沢山あり、迷うくらいです。

    なので、チョロっと私の歴史を振り返りつつ、アロマセラピスト、講師となり、なぜ24年間続けてこられたのか!を今回は書きます。

    アロマセラピストへの道
    小学生時代…石や木、野苺やつくし、里山とそして本が大好き。
    漫画雑誌『なかよし』掲載『あこがれ♥二重唱』のポプリに憧れ、しかし芳香植物が周りになく、普通の葉っぱや花、みかんの皮で枯草のような香りでポプリを作成。

    akogare
    中高時代…バスケに明け暮れ、怪我だらけの日々。健康の大事さを知る。
    大学時代…ハウス オブ ローゼという植物成分を使用した自然派化粧品のお店でアルバイトを2年、梅田LOFTの広報で1年。そこで植物の効果とフローラルウォーターに出会う。

    image1
    会社員時代…展覧会イベントの企画志望で入った大型ショッピングセンターで念願の企画担当になり、仕事中毒へ。が、阪神淡路大震災の後に考え方が変わり、仕事一本ではなく、結婚し、裏方の仕事よりお客様と直接触れ合いたくなり、転職を考え始める。

    image_t1
    ↑展覧会の企画担当をしていた頃

    が、それは建前で、本当は忙しさにうっかりミスから大失敗を引き起こし、慣れない家事にも限界を感じ、それでもフル回転な毎日からストレスは満載。
    心はうつ状態、体は風邪に頭痛に寝不足に。そこで、精油に出会い、効果に驚き、ギル先生が載っている本(アロマセラピーでキャリアアップ)と出会い京都にJEAがあることを知り、『ケイコとマナブ』の生徒募集の記事をみつけ即入学。

    授業中にギル先生から「これから日本ではアロマセラピストは女性にとってすごくいい仕事になる」と言われ、「アロマセラピストになろう!」と即退職を決意。

    aroma_c

    こう振り返えると、アロマセラピストへの道は自分でも恐ろしいほど即決即断。
    1996年当時はアロマセラピストになるための専門の学校はJEAしかありませんでした。私を救った貴重な出会いでした。

    その後は、退職と同時にリッツカールトン大阪のセラピストになり、ホテル及びモンサンミッシェルスタッフのインストラクターなどを経て、出産。現在は産婦人科内でのセラピスト、そしてJEAの講師をしています。

    そのほかアロマショップの販売や心療内科のクラフト講師など数年レベルですが経験しました。すべて就職活動ではなく、ほぼラッキーなタイミングでの仕事の依頼ばかり。実をいうと産婦人科以外はJEAの運営会社である(株)サンリツでの仕事もしくは紹介の仕事です。ずっと同じ会社で異動している感じですね。

    image_t3

    JEAの講師にはホテルのセラピストになった直後、技術指導講師の依頼をうけたので、セラピスト歴と講師歴はほぼ同じくらい・・・。なので、講師になってから、自分の知識のなさ、技術のなさ、話術や伝える能力のなさを痛感しました。モジュール2(以前の専科)の途中で研修を受けてリッツカールトン大阪に行き、モジュール2終了後JEAの技術指導講師になりました。

    経験なく大仕事を引き受けたので、全て必死で自信もなく、昨日より今日、今日より明日、エフルラージュを上達させたい、気になる事やお客様生徒様からの質問は調べよう、新しい知識、新しい技術、それを取り入れて、いかにお客様に満足していただくか、生徒の皆様に分かりやすく伝えていくか。

    それには講座を受けて、本を買い、違うお店の施術を研究し、セラピストで稼いだお金の1/3は新しいことを習得することに使う、と当時は決めていました。そして、まだまだ知られていないアロマセラピーの素晴らしさを一人でも多く伝えることができれば、それにはあれが足りない、これが足りない、と必死でした。

    image_t2

    イギリスにも勉強に3回行き、海外から先生が来日したらそれも行き、東京にも横浜にもハワイにも興味があればアロマ以外でも勉強に行きました。妊娠6週のころ長野に5日間の海外の先生の合宿ワークショップに行き、9か月の頃大きいお腹でイギリスから来日したギル先生の恩師クレア・マクスウェル・ハドソン先生のレッスンを受けに行きました。今から考えると無茶をしてましたね。

    65

    今もあまりそのスタイルは変わっていないです。何か新しいことはないか、自分の知らないところはないか。いろいろ勉強して経験も積んでいくと、あちこちで理論や知識がつながっていきます。それを施術で実践してまた新しい発見が出てくる。

    最近は毎年エフルラージュを進化させる、と決めているので、授業でも「今年私の最高のエフルラージュはね」と突然紹介したりします。手技を変えているわけではありません。少し視点や工夫を加える感じです。今年のエフルラージュは早々と見つけてしまいました。今年は1/fのゆらぎがテーマです。また授業で突然披露するかも?

     

    しかし、気になることがひとつ・・・。アロマセラピストに転職を決めたとき、「自宅サロンがしたい」と思っていたんですね。20数年たった今、まだその夢をかなえておりません。講師になった時も「いつか自分のやりたい講座をしたい」と思っていたんです。が、それもまだ夢途中、、、。
    実は、出産をした直後、自分をヒーリングしていて瞑想をしていた時に「これからは人に頼まれた仕事だけをやりなさい」とお告げがあったのです。出産をした後は自分の夢に向かって邁進するのみ!と思っていた私にとっては、「え?自宅サロンにむけて準備しているのに?」「JEAにもすぐに復帰して、新しい講座もしたいのに?」と、納得ができませんでした。しかし「これからはすべてが変わる。思い通りにはいかないので、頼まれた仕事だけをするように」と。そしてそれは現実の話になってしまうのです。

    その話はまた、いつか機会がありましたら。。。

    image_t4

    ↑ギル先生、アン先生、宇川先生との写真

    最後に24年間続けてこれたのは、その時々に、素晴らしいアドバイスをくださった元上司やお客様との会話、支えてくれた先生たちがいたからだと思います。

    その一部をご紹介します。

    ・チャンスは誰にでもおりてくる。ただチャンスが来た時に準備ができていなければ、それをつかむ勇気がでない。いつでもつかめる準備をしておかなければならない(元上司)
    ・10年続けてみたら?どの仕事もやりたいと周囲に言い続けて10年頼まれた仕事は断らずにいたら、その仕事1本で食べていけるようになるわよ。(お客様)
    ・王道を極めること。いろいろ横道にそれないで、まずは自分の芯を1本決めて、その為の一番いい資格を取って、それから自分の方向を決めるのがいい。(お客様)
    ・どの仕事も誰かのためになっている。現場でお客様に直接対応ができなくても、自分が自分のチームを働きやすくすることで、結果お客様にもスタッフにも役に立つ。どんな地味な仕事でも誰かの役に立っていると思えば、感謝されなくても楽しくやりがいも出てくる。(お客様)
    ・習い一生。続けるのが道。(近くのお寿司屋さんの大将)
    ・いいんじゃない?別にそれで。大丈夫だと思うけど。(ギル先生)
    ・ラ~ブリ~♪(クレア先生)
    ・背中をさすりながら観音様のような微笑み(アン先生)

    image_t5
    ↑クレア・マクスウェル・ハドソン先生

    最後の先生方は、私が施術で困ったときに先生達を心で呼んだら、いつもそう語りかけてくれてました。
    講師への道のお話が講師になってからの道になってしまいましたが、まだまだ「習い一生、続けるのが道」で頑張ります!

    DSC_2997.
    .
    .
    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.6〜 宇川 寿美江先生
    〜講師への道のりvol.5〜 小田 晴美先生
    〜講師への道のりvol.5〜 金谷 孝美先生
    〜講師への道のりvol.4〜 増田 好美先生
    〜講師への道のりvol.3〜 阪田 香理先生
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

  • ukawa

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は宇川 寿美江先生です!
    .
    .
    .
    皆さんこんにちは!
    今回の講師ブログ担当は、宇川です。
    「講師への道のり」を綴る、というのはなかなか難しいテーマだなぁと悩みつつ、
    ワタクシの半生を振り返ってみますね。

    DSC_0664
    大学の卒業式の朝、祖母の家にて。私の後ろに今は亡き祖母。
    このころは薬用植物学や生薬学は面白かったけど、
    アロマテラピーについてはまともな情報すらない時代。
    このあと、就職してからが大変でした。
    忙しすぎて風邪をこじらせてしまい肺炎になり、
    そのあと2年ぐらい過敏性腸症候群と闘い、
    とうとう胃潰瘍まで勃発する始末。
    ストレスケアを怠り、自分へのケアが足りないと遅ればせながら気づきました。

    そこで!
    いろいろ心身のケアについて勉強してみたところ、
    アロマテラピーにたどり着いたというわけです。
    当時はまだ残念なことに精油を購入できるお店も少なく、
    先進的なお香屋さんで買う感じでした。
    それと並行して職場の近くにタラソテラピーが受けられる施設があり、
    月3回身体を温めに通いました。

    そのサロンこそが現在のJEAスクールやモンサンミッシェルサロンの前身である「AQS※」という施設なのです!
    ※現在は株式会社サンリツ https://www.sanritsu-g.com/

    何という偶然、いえいえこれは「必然」です。
    1996年にギル夫妻がイギリスから京都へ来なければ、
    ギル先生がAQSと出会わなければ、
    そして私がAQSの会員でなければ起こらなかった出会いなのです。

    ・・・ここまで書いて、ん、ちょっと待って?
    てことは、身体壊したからアロマテラピーに出会えたということか・・・
    辛かった時代も肯定的に受け止められるなぁ、と再認識しました。
    DSC_0666
    見てください!初期のディプロマはコレ!!
    時代を感じます。

    アロマの認知度が上がって受講生が増えると、私もアシスタント→講師へと
    今の仕事につながる機会に恵まれました。
    そして個人の活動では、サロンへ足を運べない方のご自宅へ
    訪問アロマをお届けしています。
    整った施設や病院にはボランティア活動が入っていたりもしますが、
    受けたくても機会がない人にその機会を作りたいと思い、始めました。

    出会うケースは本当に様々で、そのたびに調べ勉強し、模索しました。
    大人になってから1日4時間も勉強する私。頑張ったなあ。
    もちろん今でも勉強するけど、あの頃は半端ない頑張り方でした!

    IMG_9565

    そして、今の私のテーマは「介護」
    する人もされる人も、いつ終わるかわからない疲弊する現実。

    突然両親が揃って急に歩けなくなり、人手は私一人だけという状況で
    最初は不安と多忙とストレスで押しつぶされそうになりました。
    介護認定を受けるために申し込みをする窓口でも不覚にも泣いてしまい、
    担当の方が優しく、自然な振る舞いに助けられました。
    泣いて問題が解決するわけありません。
    高齢者うつ、骨粗鬆症、認知症etc.
    「そうだ、とりあえず太陽の光を浴びよう!」と
    車いすを押して可能な限り外へ連れ出す毎日がもう1年以上続きます。
    家の中では「痛い、いたい」とふたりが輪唱してますが、アロマやMLD、クレイ
    いろいろ試して気がまぎれるといいな、というスタンスでやっています。
    現在、母は押し車があれば歩けるようになりました☆
    DSC_0028
    今年のお正月には少し寒かったけど、帽子とマスクで防寒して
    消防の出初式も見に行きました。
    その時の写真ですが、自撮り棒がうまく使えず、私の顔が半分切れてしまいました。
    映り込みがないように上を切りましたが、まあ、こんな感じです。
    何と虹も出たのですよ♡
    DSC_0654
    虹を見ると、不思議に幸せな気分になります。
    今の大変さも、アロマセラピストとしての貴重な体験として活かせるよねって思いつつ。
    勉強も、経験も、人それぞれ。他人と比べるなんてナンセンス!
    何を積み重ねてきたのかで、できる活動とかも変わりますよね。
    自分らしく、コツコツ。頑張っていきましょう!
    .
    .
    .
    .
    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.5〜 小田 晴美先生
    〜講師への道のりvol.5〜 金谷 孝美先生
    〜講師への道のりvol.4〜 増田 好美先生
    〜講師への道のりvol.3〜 阪田 香理先生
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

  • odaharumi

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は小田 晴美先生です!
    .
    .
    .
    新年あけましておめでとうございます!!
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
    昨年から、「講師への道のり」というテーマで、講師ブログがアップされています。今月担当の小田です。

    今までの講師の方々も書かれていましたが、私も同じく最初はアロマテラピーについてほとんど知識がありませんでした。
    どちらかというとハーブの方に興味がありました。それは友人からフランスのお土産でハーブをもらったのがきっかけでした。

    harb
    ドライハーブなのでやや色は良くなかったのですが、とても香りがいい♪
    乾燥した葉っぱや花びらってこんなにいい香りがするものなの?
    (もらったハーブは、ラベンダー・ペパーミント・ローズマリー・ローズがブレンドされていました。)

    このドライハーブはどうやって使う物なの?と分からない・・・。
    (友人に聞くと、買う時に説明されたけどよく分からなかったのね~
    いい香りがするからたぶんそのまま置いておいたらいいと思うよ。
    というような感じで言われたと思います。かなり昔の事なので・・)
    当時(20代前半の頃)はまだインターネットなど一般的に身近なものではなかったので、調べるのは書店しかなく、
    ただ本があってもハーブの育て方か、洋書は英語が読めず・・・内容がさっぱり分からない・・・。
    解決せずにまぁ~いつか分かる時が来るかなと。

    そして仕事を探していた時に、業務内容でハーブ・アロマテラピー関連商品を扱っていると書かれている会社を見つけ、面接に行けばハーブの情報を教えてもらえるかも、やっと解決出来るかもと思い、応募したところ就職することとなりました。

    ここでは、ハーブも含めてたくさんの事を学ばせてもらいました。
    入社した当初はハーブが主流だったのですが、徐々にアロマテラピーについてや、精油に関する事を聞かれる機会が多くなり、精油って香り以外にどういう目的で販売したり、使用しているのだろうと調べても分からないこともあって、精油を学んでみようかなと考える様になりました。

    アロマスクールを探す時にハーブやアロマテラピーの業界にはいたので、周りの方から話を聞くと、「イギリスでアロマテラピーを学んだギル先生がいるJEAアロマスクールがいいよ。本場のアロマテラピーが学べるよ」と聞き、すでに学んだ人もいて即座に決めました。

    スクールに通った当初の目的は精油を学ぶことだったのですが、
    トリートメントの授業で受ける側になると肩や足が楽になるし、する側もトリートメントを人に施術したことが無かったので、はじめは緊張しましたが、ペアを組んだ方に「気持ちいいです」と言われると、だんだんトリートメントが楽しくなっていき、途中からアロマテラピーを学ぶからには、IFPAの資格取得を目指そうと(^^)
    そして授業を受けている中で、知識の豊富さと毎回いろんな質問にも丁寧に対応しているギル先生を見て、セラピストの仕事に興味が湧いていきさらに、将来講師にもなれたらいいなと思うようになりました。
    (いつか人に役立つ仕事や、喜んでもらえる仕事がしたいとも思っていました。)

    まずは、セラピストとしての経験を積まなくてはと思い、今のカリキュラム内容でいうアロマセラピスト養成コース(モジュール1とモジュール2)を終了したタイミングに、直営サロンのモンサンミッシェルのセラピスト募集があり応募して転職となりました。

    新人研修は約1ヶ月、週に4~5日間、朝から夕方までアロマトリートメント・クイック・コンサルテーション・アロマ理論・解剖などなど毎日覚えることばかりでした。
    ペアになって練習をしている時も、これはどう気持ちいい?これはどんな感じ?これはイマイチ?ここまですると痛い?
    などお互いに感想を聞きながら日々切磋琢磨して頑張りました。
    DSC_0120
    (写真は新人研修の最終日に撮ったと思います。若い!ちなみに30代後半です。)

    直営サロンのモンサンミッシェルへの配属になって、
    「こんなに疲れている人って多いの!!」が率直な感想でした。
    なので、少しでも楽になってもらいたい、疲れた時は受けに行きたいと思ってもらえるように、また様々なお客様に対応が出来て喜んでいただけるように努力していました。

    アロマテラピーに興味を持ったお客様には、日常のセルフケアにとお伝え出来る時は、精油を知っていただく機会なのでお話ししていました。
    (IFPAの資格は直営サロンで働きながら学び取得しました。)

    そして、講師としてアロマテラピーを教える・伝える側になってみたいと考えていたな・・・と
    思い出して、ギル先生と当時のスクールマネージャーと面談をして直営サロンからスクールへの移動となりました。

    スクールでのスタートはアシスタント講師です。
    アシスタント講師以外でもメイン講師のサポート、受講生の対応やケア、授業準備、説明会の担当などと幅広く業務をしていました。
    少し大変な事もありましたが、色んな方と話す機会がたくさんあって楽しかったです。

    そして、講師という流れで今に至っています。今まで、なんとなくの流れて来たのだろうと思っていましたが、
    こうやって振り返ると、興味を持ったことや、やってみたいなと思い描いたことを進んで来ているんだなと改めて知る事が出来ました。
    IMG_6651
    今、講師として仕事をさせていただいているのもJEAで学んだ事からがはじまりで、精油の効果・作用・安全性を学び、トリートメントでは姿勢や手のタッチの大切さ、様々な不調や症状を持つ方の対応やアロマでのサポートの方法などしっかり学べた事が、やってみたいなと思い描いたセラピストや講師へと実現出来たのだと思います。
    まだまだアロマテラピーや身体の事など、新しい情報などもっと知りたいので今も学びは継続中です!
    日々、アロマのケアも必要な年頃ですしね~(*^_^*)

    DSC_0112

    そろそろ最後になりますが、これからアロマテラピーを学ぶ方、すでに学んでいる方、勉強していく中で、どのようにアロマテラピーを活用していくか、
    たくさんの思いを持ちながら2020年の幕開けが素晴らしいものであることを願っております!

     

    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.5〜 金谷 孝美先生
    〜講師への道のりvol.4〜 増田 好美先生
    〜講師への道のりvol.3〜 阪田 香理先生
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

  • kaneya_s

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は金谷 孝美先生です!
    .
    .
    .

    今月のブログは金谷です。
    与えられたお題が「講師への道のり」ということで、少し腰が引ける思いだったのですが(あまりお伝えできるような内容が無い気がしまして・・・😅)、振り返りながら書いてみました。
    良ければ最後までおつきあいください。

    実は私、舞妓だったんです。
    DSC_0523
    というのは冗談で、短大卒業後アパレル会社に就職し、24年間勤めていました。

    DSC_0529
    特にアパレルに就職したいと思っていた訳ではなく、たまたま授業の空き時間に友達と訪問しようか?ってことになり、その流れで入社。ただ他にも2~3面接に行ったりしていた中で一番魅力を感じていたので内定をいただいた時は嬉しかったです。
    当時の私は、こんな仕事がしたい!という思いがなく、自分に出来る事は何でもしたい、させていただきたい、という思いでした。
    ☆仕事をしてお金を得る☆
    がベースでしたので職種は二の次だったのです。正直、専門的な技能も身につけて無かったですし。
    こんな風に書くとなんだかつまんないですよね。

    でもですね~。会社生活す~っごく楽しかったです。まだまだ若い会社で活気に溢れていて、上司、同僚、先輩方はじめ周囲の環境にも恵まれていて仕事も楽しかったです。それまで知らなかった事を知り、色々経験する機会を与えていただき、とても充実していました。入社後4年くらいは実家通勤で片道2時間近くの通勤でしたが苦にならなかったです。

    DSC_0528

    もちろん仕事なので、つらい事もあったはずですが、しんどかった部分はあまり記憶に残っていません。入社以降、部署移動などで職種が色々変わり、それがまた常に新鮮だったかも。本当にいい経験をたくさんしました。

    働き続ける中で仕事に対する欲も出てきて達成感、挫折感ともに味わい、公私共に20代30代が目まぐるしく過ぎていきました。このブログで久々に昔の事を振り返ってみましたが、仕事も遊びも全力投球であきれるくらいエネルギーあり余っていた感じです。

    とは言いながら、時代も変わり自分も歳をとり、何かしっくりこない時期に突入。職場に不満は無い、同僚や上司にも不満は無い、でもここで定年をむかえるのは何か違う、実際に辞める数年前からそんな考えが常につきまとう状況になってしまい、顔がボロボロになってしまいました。😢言葉通り、皮膚がボロボロ。身体は元が頑丈なのか風邪ひとつひかず体力もあったのでボロボロ顔で仕事する期間が長く続きました。何かストレスがあったのでしょうね。

    DSC_0525

    退職後は特にする事も決めていなかったので、何となく興味があったアロマを習おうとスクールを探したのがJEAとの出会いです。

    不思議なものです。身体を触られるのがあまり好きではなく実技を習うつもりなど毛頭無かったのですが、当時もれなく理論の授業とセットになっていて一瞬躊躇したものの、スクールの第一印象が良かったので思いきって飛び込みました。
    そこからがアロマのスタートです。最初はIFPAもAEAJも知らなかった私ですが、学び初めて楽しさを感じ、もう少し勉強しよう、もう少し・・・、が続いてまず最初はIFPAの資格取得に至りました。そして丁度その頃スクールスタッフ、講師アシスタントの求人があり応募したところ採用していただいたのが講師へのスタートです。本当はもっと若い方が希望のようでしたが採用を決めてくださったギル先生に感謝🙏

    最初はスクールスタッフの仕事からスタートし、その後講師業と兼務し、今は講師オンリーでお仕事させていただいています。

    JEAに入社して、特に講師を目指してからは日々勉強ですが、学生時代の勉強より断然充実感があります。何しろアロマは自然療法の一部、アロマをきっかけに触れる世界は広く深いものです。加えてお身体に触れる仕事なので、身体機能に関わる分野にも自然と眼が向き興味がつきません。

    DSC_0490

    私のようにアロマとの出会いが遅かったものでも、今こうして講師の仕事をさせていただいていますので、その事が今勉強中の方、これから勉強をスタートしようと思っている方の励みになればと思います。

    伝えたいことをまとめますと

    ★始めようと思った時がタイミング
    みんなそれぞれ自分の人生を生きています。私自身、アロマのスタートは早いとは言えません。もし、前職中に出会っていたら仕事を辞めることも無かったかもしれません。それはそれで良かったかもですが、それでは今こうして講師になることも無かったでしょう。やっぱり人それぞれスタートするタイミングがあると思います。

    ★ピン!と思った事は始めてみる
    そして、ほんの少しだけ頑張ってみる。
    自分の直感とか、閃きに素直になるといいかもしれないです。そして始めたことは、ほんの少~し頑張ってみて欲しいです。
    私は普段わりと「どっちでもいいよ」「どうでもいいよ」みたいなことが多いのですが、時おりまわりが渋い顔をしても「これはゆずれない!」と頑固になるポイントがあるのですが、そういう時は自分のピン!に従って選んで後悔無かったので、是非自分の声に耳を傾けてみてください。

    ★変化をおそれない
    これは、特に自分に対しても言いたいことです。
    最新の神経科学によると、『私たちの脳は、本当に変化することを嫌がる傾向がある』そうです。脳は、ルーティンワークを好むとのこと。なので、何かチャレンジ目標を決めてもすぐに過去の思考や行動パターンに戻ってしまうものだそうです。思い当たる事がたくさんで耳が痛い!

    来年は令和最初の新年。
    干支の最初のねずみ年。
    始めてづくしの2020年。

    変化をおそれず、なんなら自分で変化をおこすくらいの気持ちを持ち続けたいものです。私は世間一般の基準では、”もういい歳”に突入していますが、まだ色々な可能性があるかもと思っていますので、今の状態にあぐらをかかず日々過ごしたいと思います。

    年末ブログに担当が回ってきたのも丁度良いタイミング。

    このブログを書きながらふと来年のテーマを【化】にしようかと思いました。
    かわる、かえる、ばける・・・
    変化の化
    化学の化
    化身の化・・・

    2020年が皆様にとっても素敵な変化のきっかけとなる一年になりますように。(*^-^*)

    “ばける”といえば、見かけを変えるのはいい気分転換になります。
    冒頭の舞妓さん変身は確か30代前半の頃。楽しかったのでおすすめですよ。

    では、またスクールでお会いしましょう。(^^)/

     

    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.4〜 増田 好美先生
    〜講師への道のりvol.3〜 阪田 香理先生
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報