閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 講師への道のり

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は増田 好美先生です!
    .
    .
    .

    最初のキッカケに遡ると話は長くなりますが・・・。
    私は、新卒で流通企業に就職し、15年間厚生年金基金の部署で勤めていました。
    事務職には特に不満も無く、どちらかというと自分の能力的には向いている方かなと思っていましたが、「やりがい」のある仕事だとは感じていませんでした(^^;
    写真-2019-11-11-14-30-46

    ↑貴重な学生時代の写真

    写真 2019-11-11 14 31 21
    20代の私は、漠然と「30歳には結婚して家庭に入っているだろうなぁ」と思ってたので、家庭に入って出産、育児など考えると自分のやりたい事が出来なくなる時期がくるだろうなぁ~と考えていました。
    なので、20代のうちにやりたい事をやっておこうと思い、海外・国内の旅行やスキーやスキューバ―ダイビング、マリンジェットやゴルフなど色々としていました。
    そして、30代を目前にした時に結婚の予定は全くない状態でした・・・焦焦焦

    そして28歳くらいに「今後いつ結婚するかも分からないし、結婚して出産・育児することになったとしても、いつでも仕事で社会復帰できるように何か手に職をつけよう!
    その職もやりがいのある一生やっていても飽きない、ずっと好きでやれる仕事にしょう!」と考えました。これが最初のキッカケです。

    写真 2019-11-11 14 33 06

    そこから、「やりがいのある、一生続けられる仕事」探しになりました。
    まず「自分が興味のある、好きなことを仕事にすると一生飽きずにできるのではないか?」と考え、「自分の興味のあること、好きなことって何だろう?」と自問し始めました。
    すると、学生時代から心理学系の本を良く読んでいたことに気づき、「心理系」のお仕事といえば「心理カウンセラー」と思いつきました。心理カウンセラーの資格やスクールについて色々と調べている時に、偶然当時事務職の上司が関わっていた某心理カウンセリングセンターをたまたま知ることとなり、その心理カウンセラー養成スクールに学びに行くことにしました。アドバンスコースを卒業する頃に、気づき始めたのが「一生の仕事にするということは、一生毎日人のお悩みを聞き続けることだよね・・・その一生は私の望んでいる人生なのか?」と自分自身に問いかけてみると「私の望んでいる人生ではない・・・」となりましたので、別の「手に職」を考えるようになりました。

    写真 2019-11-11 14 31 55

    余談ですが、この心理カウンセリングセンターに通っている時に、夏期講習で「NLP(神経言語プログラミング)」という3~4回の簡単な講座が有り、受講してみるととっても興味のある内容でしたので、米国NLP協会認定のプラクティショナー資格取得コースに進みました。これがアロマセラピストとしてのコンサルテーション時や現講師として人前で話す仕事に結果、生かされていくことになりました。

    話は戻りますが、心理カウンセラーが私には向いていないと気づき、別の職・資格取得を探すことになり、次に興味があることは「香り(アロマ)」や「カラー」が頭の中で浮上してきました。
    どちらを先に学ぼうかと考え、「アロマだと精油の効能を学べると、日常生活で自分の健康のケアにすぐ使える!」と思い、カラーよりアロマを選びました。
    そして、アロマと決まってからアロマスクールを探す訳ですが、「ケイコとマナブ」の雑誌(当時はネットがこんなにも普及していない時代なので雑誌です)を見ながら、どこのスクールに通うか考えていました。当時は2002年頃ですので、アロマスクールもアロマトリートメントサロンも現在ほど無かったです。アロマという言葉すらメジャーではありませんでした(笑)

    写真 2019-11-11 14 32 23

    大阪でもアロマスクールは5件あるかないかくらいだったかと・・・
    そこで、JEAを見つけるのですが、なぜ目に留まったかと言うと「IFPA国際資格取得」と書いてあったのです。当時JEAは京都校のみでした。大阪から京都に毎回通うのか・・・と悩みました。
    大阪に住んでいますので、大阪のアロマスクールに通えば良いでは?となりましたが、本気で学びたくなるとやはり国際資格がほしくなるだろうな?そうなった時に大阪のスクールから別の京都のスクールに入り直すことになる・・・それは嫌だな・・・でも、まだ学んでもないのに仕事にしたいくらい興味がでるのかも分からない・・・どうしょう・・・とかなり悩みましたが、もし、興味を持って別のスクールに入り直すくらいだったら、興味持つかは分からないけど最初からJEAの京都のスクールまで通おう!!と決意して、JEAのスクール説明会へ参加しました。そして、ギル校長のトリートメントのデモストレーションを見て、とても感動し、「ここのスクールのアロマテラピーが学びたい!!」となり、迷いが吹っ飛んで2002年4月のJEAに入学しました。
    これが受講者名簿の写真です。

    meibo_01
    実は・・・スクールに入る前の私は、アロマの精油の作用・効能にしか興味がなく、トリートメントには全く興味がなかったです。
    どちらかというと身体触られるのも、人の身体を触るのもかなり苦手でした(笑)
    今からすると「別人」の私です(爆笑)
    あと・・・人前に出るとか、人前で話すなんてもってのほかで大の苦手でした(笑)
    今は毎日人前で話してますけど!!人生のいろいろな経験って、こんなにも人を変えるんだな〜と振り返ってみてシミジミ思いました。

    そんな私が直営サロンのモンサンミッシェルに勤めるキッカケになったのは、スクールの実技授業で、生徒同士が交代して実技練習する時に教えてもらった講師(現JEAのアロマフェイシャルとマタニティ講座を担当している立花先生です)の手のタッチの気持ち良さに感動したことでした。「私も人にこんなに気持ちが良いと感動させられるようなタッチでトリートメントが出来るようになりたい!!」と思ってしまったのが、現在のアロマの仕事を選ぶキッカケとなりました。
    そして、IFPA資格取得コースを卒業と同時に、15年間の事務職から直営サロンのモンサンミッシェルのセラピストへ転職しました。

    2004年に千里店に入り、お客様に感動を与えられるようなタッチやトリートメントができるよう日々努力し続けました。そして2005年にサロンスタッフを研修するインストラクターを兼任し、スタッフが「お客様に喜んで頂いた!」と嬉しそうに話す姿や技術のレベルを上げていくことで喜んでいるサロンスタッフの姿をみるようになり、「教える」ということに段々と興味を持つようになり、「やりがい」を感じるようになりました。当時の千里店の時の写真です!若い!!

    写真 2019-11-11 14 28 38

    2005年からスクール講師とインストラクターとの兼任し、完全に講師のみになったのは2007年頃だと思います。
    インストラクターとしてサロンスタッフに「教える」技術と、講師として生徒さんを「教える」技術とはまた全然違ったので、最初はかなりとまどいましたが、やはり生徒さんがアロマセラピストとして職について喜ばれている姿や家族にアロマでケアをして良くなったなど喜んで話しかけてくださる姿を見るととても嬉しく、今もその姿が見たくてやり続けています。

    当時、英国ハドソンスクールの校長クレア・マクスウェル・ハドソン先生が来日して実技の講座を受講した時の写真です。どれか私か分かりますかね?髪の毛が長い時代です(笑)
    写真-2019-11-11-14-29-26

    17年前、JEAに出会わなかったら、今の仕事を確実にしていなかったと思います。
    本場イギリスのレベルの高いアロマセラピーを教えるJEAに出会えたから、現在の私が在るのだと思っています。

    DSC_9069_DxO

    私がサロンでセラピストとして、お客様一人一人を施術して健康のケアのお手伝いをするよりも、アロマセラピストを育て、社会にアロマセラピストをたくさん輩出していくことで、より多くの人々がアロマテラピーに出会う機会が増え、アロマテラピーで心身の健康ケアが出来る人や日常生活に取り入れる人達がどんどん増えることで、日々の生活あるいは人生を豊かに送れる人々が世の中に増えていくことが私の想いであり、希望なので、現在もアロマテラピー講師を続けています。

     

    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.3〜 阪田 香理先生
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

  • sakata_kaori

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は阪田 香理先生です!
    .
    .
    .
    こんにちは。今月担当の阪田です。

    さて、今回は「講師への道のり」というテーマです。
    色々と現在に至るまでの私の人生(重い!)に思いを馳せると、最初はアロマセラピーに
    とても強い思いを持って始めたわけでもなかったように思います。

    当時は、アパレル関係の仕事に就いていて、主に海外で注目を浴び始めたデザイナーの洋服を
    バイヤーが買い付けたものを日本で販売するという仕事に携わっていました。
    デザイナーのこだわりやその洋服に対する強い思いを見たり、感じたりすることが
    とても好きで、その洋服のファンになってくださるお客様を増やすことに力を注いでいたのです。

    ところが実際の業務はそれだけでなく、ショップの立ち上げ、受注発注、委託先とのやり取り、
    スタッフの育成など運営に関わる仕事もこなしながらの多忙な毎日でしたし、
    なにしろ、好きな洋服を沢山の方に広めていくためには、売上が伴わなくてはどうしようもありません。
    ファッション業界は流行の移ろいが早く、そのブランドの認知度が定着するまであまり時間をかけることが
    できないことも多く、
    幾度となくショップのクローズも経験し、時には強いストレスも感じていました。

    そのような環境の中で、プライベートを充実させる何かを見つけたくて
    いろんな雑誌やフリーペーパーをなんとなく見ていた時に見つけたのが
    アロマセラピーの教室でした。ちょうど、バブルが崩壊し阪神淡路大震災から3、4年経ったころだったと思います。

    IMG-7672

    簡単なクラフト(お香作り)とハーブを使ったフェイシャルスチームなど
    とにかく、植物に触れることや香りを嗅ぐことで、とても満たされて癒されたのを覚えています。
    それがきっかけとなり、アロマセラピーの本格的な学びが始まりました。
    とは言っても、先のことは何にも考えておらず、「どうせやるならIFPAを目指そう!!」
    それだけです(笑)

    JEAは私にとって2つ目の学びの場所でした。
    当時は京都にしか教室がありませんでしたので、選択肢にはありませんでしたが
    カリキュラムが充実していることや、ソレイユの活動が決め手となりました。

    将来アロマセラピーを活かす具体的なヴィジョンは全くありませんでしたが、
    精神医療に対してとても興味があり、ちょうどソレイユの活動先には精神病棟でのアロマもあったのです。
    それで、なんとなく行ってみたいなぁ・・やってみたいなぁ・・という思いを持ちつつJEAで学びが始まりました。

    その頃、私は30代後半に差しかかったくらい。
    とにかく、アロマの勉強が楽しくて楽しくて仕方がなかったのが思い出深いです。
    何かに夢中になる、色々調べてまた調べて分からないことを追いかける、そういったことが
    当時の生活の中ではとても新鮮でした。

    もっと若い年でやっていれば・・なんてことも、チラッと思ったりしますが
    私にとってはその年齢だったからこそ、夢中になれたのだと思います。

    トリートメントは、最初はとても抵抗がありました。
    アトピー性皮膚炎もあり、あまり見せたくないという気持ちや触れられたくないなぁと
    いう気持ちもありました。なにしろ、人に触れるということ自体も気が引ける感じがしました。

    IMG-7670

    ですが、JEAは実技のカリキュラムがものすごく充実しているので(それだけじゃないですよ^^)
    ここでやらない・・なんて弱音は吐けない!と思い、後ずさりしている自分を
    グイっと押し込む勢いで、緊張しながら教室に入ったのを覚えています。

    でも、始まると不思議と嫌な感覚は全くなく、むしろ楽しい~!!
    初めて人に触れられる心地よさや、相手の方に触れる時の繊細な気持ちの持ちようを学んだ気がします。
    やはり、アロマトリートメントは心身を深く癒すアプローチですね(*^^*)

    さて、アロマの学びを楽しみつつ、仕事は継続していましたが、ある日病気が発覚!
    入院することに。。。
    普通、病気になった時にはショックを受けるのがよくある反応だと思うのですが
    私の場合、その時に最初に思ったのが「やっとこれで仕事を辞めれる・・」という気持ちだったんです。
    自分でも驚きました。
    そして、ようやく「随分、無理してたんだな」ということに気がついたわけです。
    まさに、病気はメッセンジャー。そして入院という、しばしの休暇は病気の恩恵。

    病気をきっかけにすっぱり仕事も辞めました。自分をもっと大事にしよう、無理はしない!とだけ心に誓いましたが
    その先に何かが待っているわけでもありませんでした^^;
    ただ将来の心配や不安は不思議となかったです。なんとかなるとだけ思っていました。

    IMG-6178

    そして健康を取り戻してからは、職種は同じでしたが
    個人契約という形に切り替えて、仕事量を減らし
    アロマセラピーの学びにどっぷり浸りました。しばらくして、やってみたいと思っていた
    精神医療の中でのアロマ活動も声をかけていただき、思いが叶えられたのです。

    やってみたいと思うことを自分なりに発信することって大事ですね☆
    思いは通じます^^

    やりたいなぁと思うことが実現してくると、どんどん環境が変化してきました。
    今度は知り合いの人が、場所を提供するのでサロンをすれば?と言ってくださり
    週2回のサロンをオープンすることに♪
    手さぐりで、自分のイメージするサロン作りはとてもワクワクするものでした。

    さらに、JEAのスタッフの方から(今はスクールの大御所さまです!)
    「スクールで働かない?」と言っていただき、スクールスタッフとして働くことに♪

    気がつけば、仕事を3つも掛け持ちしている状態(笑)
    これはまた、無理しすぎると病のメッセンジャーが来るかもしれない!
    何かを決断する時期に来たかもしれないと思いました。
    何を選択するか・・・収入?好きなこと?社会的な保障?etc・・
    個人契約している仕事を失うのは、経済的損失がかなり大きかったので
    心を揺さぶられました。

    ですが、やっぱり楽しいこと、夢中になれること、心が満たされること。これが一番大事☆
    貧乏になったっていいや!!(いや、困る~・・)と長年付き合ってきた
    お仕事に完全に別れを告げました。(;0;)/bye~

    IMG-8345

    そこからライフスタイルはアロマ一色 ♪
    スクールでの仕事は、先生のサポートや受講生の方の対応、授業準備などなど
    幅広い業務内容をこなさないといけないので、覚えるのも大変でしたが、
    とてもやりがいのある仕事でありながら、身近にアロマセラピーが感じられ、勉強にもなる日々でした。

    なにしろ、アロマセラピーは勿論、多くの自然療法に関わる知識を持った
    先生やスタッフの方々から知らない世界を教えてもらえたことは、何にも代えがたいことです。

    それからも、私のアロマセラピーの探究は続きます。
    スタッフとしての日々を過ごす中で、今度は、講師やってみない?と声をかけていただき
    さらにチャレンジする毎日を送ることになりました。

    school_1

    講師になるために必要な資格取得、トリートメント指導のための研修、
    IFPA認定講師に必要なトレーニング、何度となく行われる授業のすり合わせ等々
    チャレンジングな内容を乗り越えて今に至ります。

    今、講師としてもまだまだ進化中ですが、とても好きで素晴らしいと思えることを多くの方に
    伝えていくという仕事は以前やってきた事に通じるものがあり、これこそが自分自身
    喜びを感じる仕事なのだと実感します。

    DSCN6957

    時にチャレンジすることを与えられ、助けられながらここまで成長することが
    できて本当に感謝する気持ちでいっぱいです。

    今から思えば、なんとなく・・から始まったことが(途中からハマりましたが)
    いったいどうなってこんな事になっているんだろう?と不思議に感じます。

    ただ、私なりに自分の人生を豊かに過ごすために大切にしていることはいくつかあり、
    いつも心に留めて過ごすようにしています。
    それは・・

    *楽しいと感じること
    *夢中になること
    *思いをアウトプットすること
    *人に対して誠実であろうとすること
    *初心に還ること

    です。

    アロマセラピーの活用はどんどん多様化しています。
    ちょっとしたアイデアや工夫があれば、どんどんやりたいことは実現できる
    世の中になっているとも感じます。

    だからこそ、もっともっとアロマセラピーの可能性を切り拓いていきたい☆
    そう思いながら、今もチャレンジ精神を持ってアロマセラピーの学びを深めている私です。
    .
    .
    .
    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.2〜 細尾 智恵子先生
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

  • アロマフェイシャルを学ぶならJEA

    アロマフェイシャルはホテルスパやサロンメニューのようなフェイシャルをやってみたい方、ご自身の肌のケアのレベルを上げたい方、ボディとフェイシャルでトータルにケアをしたい方に特におすすめの講座です。
    内容は70分程度のフェイシャルメニュー(ヘッドマッサージ・アロマトリートメント・スキンケア)が出来るような内容で構成されています。
    技術だけではなく、お客様のお肌の見分け方、お悩み改善が出来るように皮膚生理学、肌タイプとスキンケア、カウンセリングなど理論も充実したコースです。

    フェイシャル
    スキンケアはポイントメーク落とし、クレンジング、洗顔、シートマスク、お仕上げの保湿。
    お仕上げはスキンケア化粧品だけではなく、フローラルウォーターやオイルを使い、お一人お一人の肌に合わせたカスタマイズされたお仕上げを目指していきます。
    JEAのアロマフェイシャルの一番のポイントはやはりアロマトリートメントです。このフェイシャルトリートメントは以前JEAと提携校であったロンドンのクレア・マクスウェル・ハドソンスクールの校長先生でもあったクレア先生(ギル先生の恩師)のメソッドが多く取り入れられています。
    DSC_2997

    クレア先生はとても柔らかく美しく気持ちのいい、見ているだけでも幸せになってくるようなマッサージをされる方です。
    クレア先生には1997年のロンドンツアー、2000年&2007年の来日セミナーで教えていただきましたが、いつも新しいものを取り入れ、エフルラージュが進化して毎回驚きを感じました。JEAのフェイシャルのエフルラージュはその流れでとても複雑で繊細で気持ちよく美しいエフルラージュです。
    先生によると上達のコツはタッチの柔らかさとリズム、また何も考えずにただ相手の肌を感じるのみ。
    なので、フェイシャルの授業では、それを実践できるように教えていきたいと常に思っています。
    DSC_2926

    トリートメントの手技には全て目的があり、その通り行うと結果があらわれるので、毎回生徒さんは「難しい〜」と言いながらも、相手の生徒さんのお顔の変化に驚かれる事もしばしばです。
    「お肌がこんなにもっちりしていて潤ってるのは初めて」「目がパッチリして顔が軽い」「むくみが取れて小顔になった」「顔はとにかく気持ちいい」と毎回のように喜びの歓声が上がります。
    細かな手技も多いため、授業では何回も何回も復習をして習得をしていきますし、完全な習得を目指して終了後リフレッシュ受講やブラッシュアップ(再受講)、そして今年から始まったパーソナルトレーニング(個人レッスン)を受けられる方もいらっしゃいます。
    フェイシャルはセラピストもとても楽しいトリートメントです。是非一緒にアロマフェイシャルセラピストになりましょう。

    tatibanaJEA2期生。ザ・リッツカールトン大阪でのセラピスト勤務、ホテルスパ&直営サロンモンサンミッシェルの研修インストラクターを経てJEA講師に。マタニティケア、アロマフェイシャルの授業を担当。産婦人科内でのマタニティケアも行っている。

    ●英国IFPA認定アロマセラピストおよび、同協会認定講師
    ●Dr.Vodder Academy International認定セラピー1・リンパドレナージ(MLD)セラピスト
    ●AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
    ●AEAJ認定アロマセラピスト
    ●米国ラ・ストーンセラピスト
    ●米国クリスタルアカデミー上級ファシリテーター

     

  • hosoochieko

    講師がなぜ、アロマの世界に入ることになったのか、
    前職や学んでいた時のこと、転機、講師になったきっかけを追う大人気連載。
    今回は細尾智恵子先生です!
    .
    .
    .
    私がアロマ業界に転職したきっかけは、「結婚」です。
    結婚前、私は某企業の電話受付をしていました。
    新居への引っ越しを機に退職し、新たな仕事を探し始めたのがきっかけです。

    実は学生の頃から『手に職』に憧れがあったので、
    少しでも興味を持ったものには趣味やアルバイトで関わって、
    それが自分のやりたい事か、合っている事かと試すことを繰り返していました。
    でも社会人になって数年後その仕事を退職してからは、自分に合った職種を見つけることよりも結婚資金を貯める事を目標に仕事選びをしていました。

    短大卒業後、アパレル会社に入社し洋服の販売をしていた頃の写真↓
    IMG_0994

    そして目標金額達成し27歳で結婚。
    目標を達成させた私は、これからの生き方を考え始めました。

    それで、ふと思いついたのが、
    「この先もし離婚しても、私1人で生きていけるように何か手に職をつけたい。」という事でした。ここで『手に職』願望が再燃したのです。

    特に何か結婚してすぐに離婚を考えるような事件があったわけではありません。
    なぜかふと思い出したんです。

    「じゃあ、何しよう?じっと座ってる仕事じゃなくて身体を動かす仕事がいいな。
    そういえば、少し前に行ったアロマサロン・モンサンミッシェルの人、
    にこにこ楽しそうに私の脚をマッサージしてくれてたなぁ。
    私もあんな風に楽し気に仕事が出来たらいいなぁ。
    じゃあ、あの技術ってどこで学んだらいいの?」と、
    お稽古スクール雑誌を買って、学校探しを開始。
    すると、ひときわ輝きを放つスクールが!
    それがJEAでした。

    確か「本物のセラピストになりたいなら」とか書いてあったと思います。
    「何かのほんまもんの職人になりたい。」とずっと願っていた私はそのコピーに釘付けに。
    他のスクール欄には一切目を通さずJEAだけを熟読。
    すると、なんとJEAはあの楽しそうにマッサージをされていたセラピストさんのいる
    アロマサロン・モンサンミッシェルのスクールではありませんか!

    ここに行かない手は無いでしょう!
    「とりあえず、校長先生の合同説明会に参加しよう。」と行ったが最後、
    ギル先生のビシビシ放つ生命エネルギーに惹かれ、
    開始早々「この先生に習いたい!そして私、アロマセラピストになる!」と入学を決意。

    それから数か月後、いまから18年前の3月から私のアロマ人生は始まりました。
    当時、アロマセラピーという言葉は世間でそれほど知られていませんでしたし、
    私自身、それまで精油の存在も正体も使い方も何も知らず、
    モンサンミッシェルでしてもらった施術でも精油を使ってもらったのかどうかさえも
    全く覚えていませんでした。

    でも、アロマに対する知識もイメージもまっさらな私にしてみたら、
    知らない新しい世界に足を踏み入れたドキドキわくわく感は堪らないものがありました。

    これまでも同じ気持ちで色々な職種を体験してきましたが、何のイメージも知識も持たないまま
    入ったアロマの世界は、その比ではないほどスリリングでした。
    また今でも自分で理由は分かりませんが、「絶対セラピストになる!これで食べていく!」と
    なんの迷いもなく決めていた私には、なんとしてでもその未知の世界を攻略しないといけない、という謎の覚悟がありました。
    『スリリングと謎の覚悟』この2つの条件がそろったお蔭で、例え理論がなかなか覚えられなくても、トリートメントがなかなか上達しなくても、めげずに勉強と練習を続けられたんだと思います。

    スクールに入学した当初の私↓
    IMG_1006

    そしてスクールを卒業してすぐサロンの求人に応募しました。
    実技試験もあり、自分では精一杯行いましたが、不採用でした。
    努力していただけにショックでしたが、それが私のお尻に火をつけました。まだまだ甘かったのだと。
    そこで考えたのが「技術練習は当然続けるけれど、緊張してその力が出せなければ、面接にも受からないし、
    お客様にも喜んでもらえない。そうだ、どんな状況でも力を出せるよう、度胸をつけよう。」でした。
    そしてその手段として、知らない人に初めての場所で施術を行う事をしようと思ったんです。

    現在はソレイユがそういった場を生徒さんに提供してくれていますが、
    当時はソレイユはありませんでしたので、自分でなんとかするしかありません。
    そのタイミングで『ギル先生、宇川先生と行く佐渡島 鼓動イベントでのアロママッサージブース参加者募集』があり参加しました。

    私はハンドマッサージ部隊に任命され、砂場の周りの花壇のブロックや
    建物の階段に座っておられる方々に、ブレンドオイルとアルコールティッシュとキッチンペーパーを抱えて
    「アロマハンドマッサージいかがですか?」と声をかけて回りました。
    昔、スーパーでの試食や洗剤売り場での販売、
    大型家電店での新型家電の販売や、洋服の販売の経験あってか、
    知らない方に声をかけて、ものを売る事に全く抵抗が無く
    イベントのお祭り感もあって、すぐに「じゃあ、やって」と一人目のお客様をゲットしました。

    生まれて初めての有料施術のお客様はなんと、ベテラン整体師の女性でした。
    ハンドですからお話をしながら行うのですが、途中から職業が分かり「え?」と
    手が震えそうになったのを覚えています。

    そんなこんなで、波乱のプロアロマセラピストデビューとなった訳ですが、
    お蔭でそのあとからは怖いもん無しで行う事が出来ました。

    佐渡島の後、知人の紹介でアロマテラピーサロンに就職する事ができました。
    デビュー初日はもちろん緊張しましたが、佐渡島体験が無かったら、
    もっと緊張してまともに施術が出来なかったと思います。

    宇川先生も参加されていたハンドマッサージ体験ブース↓
    IMG_0965

    サロン勤務を始めてから約1年後、JEAのアシスタント講師になるお話を頂きました。
    その後数年はサロンと2足のわらじで働き、現在はJEA専任講師として、時々サンリツの研修インストラクターなど他事業部のお手伝いもしています。

    イギリスからクレア・マックスウェルハドソン校のローナ先生に来日頂いた際、
    ギル先生、松尾先生と観光にご案内した際の写真↓
    IMG_0990

    ソレイユさんからの派遣で老健施設にてスタッフさんへのアロマハンド講座を行った際の写真↓

    IMG_0984
    現在46歳、アロマの世界に入ったのが28歳。いま振り返って思う事は「ギル先生とJEAに出会えて良かったな」という事。
    私はギル先生で無かったらJEAに入っていないし、JEAじゃなかったらアロマの世界に入っていないし、
    アロマの世界に入ってなかったら家族以外の人に自分の施術を喜んでもらえる事も、
    自分の心身を守り豊かにする意識の芽生えもなかったと思うからです。

    しかも最近、アロマの魅力を痛感するのは実はこれからじゃないのかと思い始めています。

    40代半ばを過ぎて心身共に衰えを感じています。なにごとも回復が遅くなっています。
    もういままでと同じペース、やり方では、ベストコンディションは保てないのです。
    これまでもセルフアロマケアで自己治癒力をアップさせてきましたが、今後ますます頼らないと!
    と切実に感じています。

    そんなわけでアロマと出会って18年、
    いまになってわくわく感(期待度)は上昇中です!
    精油さん達には人生のパートナーとして一生お付き合い頂きたいと思っています。
    .
    .
    .
    バックナンバー
    〜講師への道のりvol.1〜 松尾 薫先生
    .
    .
    .

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!