閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2011November17

    11月◇マンスリー講師ブログ◇

    こんにちは。
    講師の飛田です!!

    2011年11月11日 満月の日。
    「11」が3つ続く日でした。

    スターバックスでは、11時11分にお店からお客様へ

    素敵なプレゼントがあったそうですが、皆さんはどんな日を過ごされましたか?

    私は・・・
    心療内科で講座を担当した後、ライブを見に行きました。

    レナード衛藤さんという方のライブです。

    tobi-e58699e79c9f1

    /

    レナード衛藤 ブレンドラムスライブ
    ~実るほど深きに畝ねる響きかな~

    レナード衛藤さんは和太鼓奏者。
    ニューヨーク生まれで1984年より和太鼓グループ「鼓童」に参加。1992年に独立し、
    現在は世界各国で演奏されています。

    彼の代表的なプロジェクトチームとして「ブレンドラムス」があります。
    「ブレン」とはBlend=混ぜる、「ドラムス」とはdrums=太鼓という意味。
    言葉を使わなくてもメッセージは伝わるという思いから
    楽器のみを使い、「音」が空気の振動だけで人の耳と体に伝わる「生音」にこだわった演奏。
    マイクや音響システムを一切使わない。

    ライブ当日も
    レナードさんが「踊るパーカッション」と称するタップダンサー2名を含め
    2名のドラマー、和太鼓奏者4名の総勢9名での競演でした。
    タップダンサーのお二人は映画「座頭市」にも出演。

    体の奥から響く音、地響きのような音。
    ただ単に 何かを叩くだけで生まれる音たち。それらの「生音」が深くブレンドされて
    そのうち観客をもまきこんだ畝ねりとなっていきました。

    今まで経験した事の無いものでした。

    それらの素晴らしい音にも感動しましたが、
    奏者たちの楽しそうな掛け合いながらの演奏。

    お互い顔を見て、感じながら奏でる。
    そんなやり取りも楽しく、素晴らしいものでした。

    さすがプロフェッショナル!!

    そして、この記事を書きながら
    ふっと思いました。
    アロマも少し似たところがあるのかな?と・・・・。

    トリートメント中、お客様を感じ、対話してハーモニーを奏でていく。
    上手く奏でられた時は 奏者であるセラピストもクライアントも
    深く癒されていきます。

    そして、セラピストとして自分の感性、技術を磨いていくことで
    更に素敵な演奏が出来るようになりそうですね。

    レナード衛藤さんのHP

    e382b9e382bfe38383e38395e9a194e58699e79c9f-065
    JEA講師:飛田
     
     

     

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報