閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2014November14

    【12月7日(日)】IFPAジャパンカンファレンスゲストスピーカー キース・ハント氏のご紹介

    ifpabloghedder2

    ・・

    IFPAジャパンカンファレンス2014 in TOKYO
    ~テーマ:統合医療の中のアロマセラピー~

    ・・

    みなさん、こんにちは。JEAの校長、ギル佳津江です。

    来月12月7日(日)に、IFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)の
    ジャパンカンファレンスが、東京の青山で開催されます。

    当日、私は「キース・ハント氏」の講演の通訳を務めさせていただきます。

    ・・

    ・・

    私がロンドンでキース先生と初めてお会いしたのは、

    今から18年も前のことです。

    e383ade382a4e383a4e383abe38395e383aae383bce3839be382b9e38392e3829ae382bfe383ab

    ・・

    その頃、日本ではポプリにアロマオイルをつけて香らせるような、

    香りを楽しむものである、というのが一般の方のアロマセラピーのイメージでした。

    病院でアロママッサージを行うなんて、

    日本ではほとんど知られていなかった頃の話です。

    ・・

    アロマセラピストとしてもまだまだ経験の浅かった私は、

    そのころはどちらかというと、珍しくて薬効が高い精油に心惹かれ、

    精油販売会社から送られてくるニュースレターで紹介されていた

    珍しい精油を片っ端から買っていました。

    ・・

    スクールの生徒さんたちと一緒に、

    ロイヤルフリーホスピタルというヨーロッパでも有名なロンドンの総合病院で

    アロママッサージが行われているところを見学に行かせていただいた際、

    出てこられたのがキース・ハント先生でした。

    ・・

    この時、二つのことが、私の心に引っ掛かりました。

    まず、アロマセラピストといえば、ふつうは女性が主流ですが、

    出てこられたキース先生は中年の、ひげを生やした男性でした。

    もう一つは、セラピストですから、

    セラピストらしく、白衣を着ているのかと思えば、

    USAと大きいロゴのついた派手なピンクのTシャツを着ておられたことです。

    この方が、この16年後にチャールズ皇太子から、

    マッサージセラピストとしての功績を認められ、勲章を授与されることになったのです。

    それはなぜでしょうか?

    ・・

    20年の経験を通じて得た、

    病院の患者さんへアロママッサージをすることの本質的な意義を

    キース先生が皆さんにお伝えしたくてワクワクされているのを、

    何千キロも離れたイギリスからビンビンと感じています。

    ぜひ、日本の皆さん、聞きに来てくださいね!

    ・・

    〜〜〜〜〜〜〜~ カンファレンス詳細 〜〜〜〜〜〜〜~

    ・・

          【日時】2014年12月7日(日)9:30~17:00
              (懇親会:17:00~19:00 ※希望者のみ)

    ・・

          【会場】アイビーホール青学会館(東京メトロ表参道駅B3出口より徒歩3分)

    ・・

          【参加費】*早割価格*
               IFPA会員 12,150円 / 一般14,400円
               懇親会(希望者のみ) 5,000円

    ・・

          カンファレンス詳細はコチラのブログでご紹介しております。

    ・・

    ・・

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    カンファレンスお申し込みフォーム

    ・・

    <一般用>http://goo.gl/FBKqbf

    <会員用>http://goo.gl/D458NB

    ・・

    ▲上記ページより簡単にお申込みいただけます!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・・

    ・・

    ・・

    photo011

    JEA校長 ギル佳津江

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!