閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2018January10

    <講師ブログ:担当 阪田先生>アロマテラピーかMLDか

    皆さま
    明けましておめでとうございます。
    1月ブログ担当の阪田です。
    .
    2018年の年明け、皆さまいかがお過ごしになられましたか?
    私はいつもに比べてゆっくりと自分のペースで過ごすように心がけました。
    ゆっくり身体を休めて、ゆっくりウォーミングアップし
    たくさん食べたら、しばらく何も食べない時間を作り、
    自分のやりたいことをやりたいように過ごせた良い数日でした^^
    年末は、沢山のハーブカプセルや筋肉痛バーム、風邪予防チンキなど作りましたよ♪
    997C2089-9F03-4AEC-9853-C959D01F65A5
    IMG_8164
    IMG_8166

    さて、今回のテーマのアロマテラピーMLD、多くの方が興味を持たれる療法ですね。

    .

    私自身セラピストとしても欠かせない療法であり、

    セルフケアで日頃よく利用する療法でもあります。
    IMG_3409
    どちらの療法も、活用できる同じ症状がたくさんあります。
    浮腫み、筋肉の凝り、疲労、ニキビ、アレルギー(花粉症やアトピーなど)、炎症などなど。
    同じ症状に対して、どちらも使えるならどっちを選ぶ??
    .
    MLDは、何も使わずに手の技術だけでリンパ流を促進して
    身体の組織を浄化することで、身体機能を整え、また向上させます
    一方、アロマテラピーは植物の持っている力を与えてあげることで
    身体本来が持っている健康を取り戻す力を引き上げます。
    .

    つまり、簡単にいうとMLDは身体のいらないものを掃除するという働き。

    アロマテラピーは身体に必要なものをプラスする働き。

    .
    私は肩こりがひどい時には、まず首のMLDをします。
    これだけで、本当にとっても楽になります。だから、そのあとは
    もう何もしなくても全然OK!な感覚なのですが、
    また悪化しないように、精油を入れた肩こりバームをお風呂上がり
    塗布します。こうすることで、さらに肩こりを起こしにくくすることができます。
    427-300x200
    *イメージしてください*
    まずMLDで肩周辺の組織に溜まった痛み物質や老廃物を
    きれいに取り除き・・・ようやく環境がよくなって喜んでいる
    細胞たちに、精油が持つ薬効で血行を促進し栄養や酸素の供給をよくして
    あげて、筋肉が緊張しにくい状態にしてあげたり、老廃物が流れやすいように
    してあげる♪
    .
    スキンケアでも両方を活用します。
    いつもMLDで皮膚組織のお掃除をしておくことで、シミやニキビの予防になります。
    きれいな環境に精油の力をプラスしていくことで更に美容効果も上がります。
    汚れた環境にいくら良いものをプラスしても、細胞に届きにくいでしょう?
    .
    同じ症状に働いてくれる2つの療法、全く違った方法で健康を
    支えてくれているんですね。
    .
    近頃、「アロマとMLDどっちがお勧めですか?」と聞かれること
    多いのですが、とっても悩みます(笑)
    だから「どっちもね」と答えます。ごめんなさい。
    勿論、状況や状態によってはどちらかが良い場合もあります。
    .
    どちらにも興味がおありの方はゆ〜っくりでも構わないので
    ぜひ両方の技術を習得してください。
    本当に楽しいですよ^^
    .
    あ、ちなみに「どっちが楽しい?」と聞かれたら
    アロマ・・・かな♡ → あくまでも個人の意見(*^^*)
    bnr_siryou
    世界が注目するヨーロッパ生まれの手技療法MLD
    リンパドレーナージ資格について詳しくみる

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJやJAA、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!