閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2020September15

    講師ブログ「Dr.Vodder’s MLDやってみました」金谷孝美先生

    お久しぶりです。
    9月ブログは、金谷です。

    今回は10日間のセルフMLD実践報告です。
    季節感のある話題やキレイな画像をお届けできなくて恐縮ですが、
    参考になれば幸いです。(*^^*)おつきあいくださいね。

    このブログを書く時期にかなり首・顔の皮膚の状態が悪化しておりました。
    少し前から予兆はあったのですが、用心していたにもかかわらずあれよあれよという間に眼も当てられない状態に。。。

    兆しのあった時に一応皮膚科に行ったものの、「季節性のものでしょう」と塗り薬を出して下さったのですが良くなる気配無く、数年来無い悪化でどうしたものかと思っておりました。
    (セルフケアのおかげか、ここ数年良い状態で皮膚科受診は3年ぶりでした。)

    丁度酷さがピークになったところでお盆休みに入ったので、ここでしっかり治さなければ!と思い、セルフMLDを実施することに。
    状態が最も悪い部位を撮影して経過を観ていきました。

    8/8
    8:8

    8/9
    8:9

    この時点ではまだMLD未実施。
    状態はかなり悪く、終始痒みと痛み有り。写真には撮っていませんが顔面もかなり腫れがあり両頬がパンパンで唇を横に引っ張ると違和感があり、口角も割れて唇を大きく開けない状態でした。
    今まで顔の皮膚が荒れた時にMLDまで思い至らなかったのですが、今回は頬の腫れ、そしてこれはMLDしなければ!と決定的に思ったのはオトガイ部に触れた時でした。
    明らかに皮膚の下に何か溜まっているような感触。軽い腫れにボヨボヨ、ムニュムニュした感触。

    <1日目 8/10>
    810

    MLD開始。
    セルフでネック&フェイス、約25分。
    最初毎日1回実施予定でしたが、1回目施術後何となく良い感じだったので朝晩実施することに。
    ※皮膚の状態がかなり悪く精油でのケアは刺激になる可能性があったので実施しませんでした。MLDの効果を体感したかったという思いもありましたし。乾燥が激しかった為フローラルウォーター(カモミール)と保湿クリームでのケアを継続。

    以下、その後の経過です。少しずつ改善しているのが分かっていただけるでしょうか。

    <2日目 8/11>
    811

    <3日目 8/12>
    8_12

    <4日目 8/13>
    8_13

    <5日目 8/14>
    8_14

    この頃には頬の腫れはほぼ無くなり、日ごとにオトガイ部のボヨボヨした感触も消滅。大口開けて食べたり笑ったりできるようになりました。

    <6日目 8/15>
    8_15

    <7日目 8/16>
    8_16

    開始後数日間は洗顔後直ぐにウォーターをつけないと乾いて痛く感じたのが、この頃には洗顔後の乾燥も緩和されてきました。

    <8日目 8/17>
    8_17

    <9日目 8/18>
    8_18

    昨晩首に痒みが出て少し掻いてしまい赤みが復活。顔は回復してます。

    <10日目 8/19>
    8_19

    昨日の赤み、痒みは引いてきました。
    最初の頃と比べて首のラインがかなりスッキリしたのが分かります。

    after-470x407

     

    【まとめ】
    MLDを習ったにもかかわらず、かなりご無沙汰してしまっていましたが日毎に状態が快方に向かい改めて効果を実感することができました。まだ完全に元通りにはなっていないので引き続き継続するつもりです。

    私のように、習ったけど長らく施術していないという方も多いのでは?ネック&フェイスはセルフで実践できますし、目に見える不調が無い方も美容目的にでも充分効果的です。(^_^)v
    また、まだMLD未体験の方には、是非一度体験していただきたいです。

    症状改善とは別に、今回特に感じたのが”触れる”ことの大切さです。触れるほどに気づきがあり、肌からの情報が得られます。”お手当て”大事ですね。特にMLDは反復するやさしいタッチなのでリラックスしますし、手の感覚に集中しているのでマインドフルネス瞑想的な効果もあるような気がしました。毎回施術後はとても心穏やかです。

    私の場合、今回は症状改善のため対症療法的にMLDを実施し良い方向に向かっていきましたが、今後はそもそもの原因に焦点をあててケアしていきたいと思っています。これまでは、季節の変り目に皮膚トラブルが出ていたので特にその時期注意していましたが、どうやら花粉やPMの刺激だけでは無さそうです。ライフステージ的には更年期真っ只中なので、更年期症状かも・・・しれません。のぼせ、ほてり、多汗等のよくいわれる更年期症状が出現しなかったせいか、更年期という感覚が希薄で自身の体調変化を更年期と結びつける事がなかったのです。
    折しも最新号のIn essence(IFPA機関誌)で更年期に関する記事があり興味深く読みました。印象に残った言葉がいくつかありましたので紹介します。
    『変化は恐れでもありますが、私たちを生かしてくれ、興味を起こさせ、新しい知識や技術を継続的に求めてくる』
    『変遷期を喜ぶ』

    歳をとることをとかく後ろ向きに捉えがちですが、今の自分の状態を受け入れて前向きに体験して訪れる変化にうまく順応できたらな~と思います。(*^^*)
    セルフケアも見直し時のようです。

    スクールには様々なライフステージの生徒さん、スタッフ、講師がいますしお互いに経験を共有していきたいですね。

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報