閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2011July14

    校長ギルのアロマなココロ「ボッダー認定講師を目指してvol.3」

    e794bbe5838f-0011

    写真は例のホテルの朝ごはんです。

    一泊75ポンド、日本円で一泊一万円くらいのちょっと旧式なホテルです。

    イギリス式朝食メニューの中から、「何でも好きなものをご注文ください」というものですが、

    日本では知られていませんが、イギリスの田舎では朝から日本のように魚を食べるのです。

    もちろんご飯はついてきませんが。

    この魚はニシンの燻製です。

    それをミルクとお水で少し煮てふっくらさせて、生臭みも取って食べます。アジの干物みたいな感じです。

    それに、トースト、フルーツとヨーグルト、コーヒーという組み合わせで2度ほど食べました。

    もちろん、典型的なFull English Breakfastというのもあるのですが、

    ベーコン、ソーセージ、卵、血のソーセージ、煮豆、マッシュルームにトースト、、、、、、

    こんなのを食べているから中年のイギリス人はみんな肥満になるんですね。

    その中でも、本物のセラピストさん達は、日本人よりストイックに食事に気を使っています。

    昼ごはんはほとんどサラダ系、夕飯もとても軽めです。

    わたくしも最近おなか周りが気になっているので、イギリスにいる間に太ってしまわないように気を使いました。

    去年はロンドンで講師アシスタントをしましたが、今回は日程の関係もあって、

    ラドローという日本人観光客はゼロという、超マイナーなところに行かなければならなくなり、

    そこで仕事をしているリンパドレナージュセラピストさんて・・・

    こんな田舎で、セラピストとして、やっていけるの??という疑問があったのですが、

    さすがイギリス、ぜんぜん問題ないみたいです。

    どうして、さすがかというと、イギリス人は自然療法が好きだからです。何世紀も前から。

    とにかく、私がアシスタントをしたデボラ先生はかなりしっかりした方であるためか、

    ちゃんとマイペースで、着々と良いお客様を増やしているようです。

    で、この先生が、日本人の私より身長も体重も少ないんです。そして菜食主義者です。

    つづく。

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報