閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2009August17

    オオシラビソの香り

    みなさん、こんにちは!スタッフの福井です。

    お盆休みは良いお天気で行楽日和が続きましたね。
    素敵なお盆休みを過ごされましたか?

    JEAでは、今日も楽しくマッサージの授業を行なっています!生徒の皆さんもスタッフも元気☆元気☆です!

     

    さて、今日の題名「オオシラビソ」・・・なにそれ?!と思われたでしょうか?

     

    先日、北アルプスに登山に行って来ました!とご報告させて頂きましたが、
    実は登山以外にも目的があったのです。
    それは「オオシラビソ」という木を見るという目的です。(マニアックな話題でいつもすみません。。。)

    e382aae382aae382b7e383a9e38393e382bd2
    オオシラビソ(大白檜曽、学名:Abies mariesii)はマツ科モミ属の常緑針葉樹で、
     日本の特産種である。別名、アオモリトドマツ。」 ~『ウィキペディア』より~  
     (もっとはっきり画像を見たい方はリンク先をご覧くださいね) 

    蔵王スキー場の樹氷になる木と言えば分かりやすいでしょうか? 

     
    私は樹木系の香りが好きで、とくにモミやセコイヤやハイマツの香りが大好きで、
    その好きさ加減は「猫にまたたび」と同じくらいです。 
    ですので以前から、オオシラビソにも興味があり、いつか香りを嗅いでみたい!と切望していたのです。 
     

    白馬・栂池高原はオオシラビソの群生で有名です。行くなら栂池と決めていました。 
     

    ・・・・・・・・・・・・

    栂池高原に着いた日の早朝は、残念ながら濃霧でした。 
    精油成分は日照によって揮発しやすいと思うので、あまり香らないかなぁ~?と期待していませんでした・・・、が。 
     
    歩いていたらふわぁ~と甘くて良い香りがしてきたのです。 
    「あっ!オオシラビソだっ!」と直感で思って辺りを見渡したら、すぐ横にオオシラビソが生えていました。 
     

    そこからは、ずっとオオシラビソの群生でした。 もう~天国です♪♪ 
     
    栂池ロープウェイでは、ロープウェイのお姉さんがオオシラビソの話をしてくれて、ひとり内心大喜びっ!! 
     
    今年は球果(松ぼっくり)の大豊作で、こんなに数が多いのは珍しいのだそうです。 
    オオシラビソの松ぼっくりは、ナント紫色!(深い藍色に近い) とってもキレイでした。 
     
    でも、紫色の松ぼっくりなんて見たことないですよね~? 
    それもそのはず・・・この松ぼっくりは下には落ちずに、そのまま木の上でバラバラになってしまうからなのです。 
     
     
    そして、肝心の香りですが、とにかく甘いです。かすかにスパイシー。 
    針葉を少しこすると、柑橘系のフレッシュな香りがします。驚きました。 
    レモンとオレンジが混ざったような、樹木とは思えない新鮮で良い香りです。 
     
    オオシラビソのこの甘い香りは何に似ているかなぁ?と考えたら、バルサムファーというお香にそっくり。 
    このお香、京都河原町にある藤井大丸2階の「Bshop」というお店で売ってました。
    興味のある方は、ぜひ見に行って下さいね! 香りを試してみてください。とても良い香りです。(←しつこい)

    e38390e383abe382b5e383a0e38395e382a1e383bc 
     

    それにしても、オオシラビソ、大好きになりました。 

    精油が無いのが本当に残念です。バルサムファーの精油はあるのに・・・。日本特産なのでどこか日本のメーカーさん作って下さ~い!!

    今度は、お日様の光を浴びたオオシラビソに会いに行きたいと思います! 

    jea_bn

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報