閉じる

モンサンミッシェルグループ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2019May10

    <講師ブログ:担当 金谷先生>生薬を使ったスキンケアレシピ

    こんにちは。
    JEA講師の金谷です。

    前回は確か私が実践している薬膳レシピをご紹介しました。
    今回は、生薬を使ったスキンケアレシピを紹介しますね。

    お肌に関しては一年中気になるところではありますが、紫外線が強くなるこれからの季節は毎日肌の疲れを実感されるかと思います。

    薬膳はずっと興味があって、おおげさではなく日々出来る範囲で食事に取り入れたりしていましたが、昨年ころから生薬で肌のケアができないかと思い、試行錯誤しながら色々試していました。

    そんな経緯で今年3月のIFPA無料勉強会では生薬を使用したレシピでクラフト作りをさせていただきました。

    その後新たにこれも良いかな・・・と思って作ったのが今回ご紹介する「紫根エキス(シコンエキス)」です。
    紫根は古来より皮膚トラブルに使われていたということで、今まではオイル抽出してそれをクリーム作りに利用していましたが、今回は水とBGを溶媒にエキスを抽出してみました。
    多くの方が実践されている方法で特に珍しくもないのですが、知らない方もたくさんいらっしゃるかと思います。
    簡単なので是非作ってみてください。

    【材料】
    ・紫根※・・・・10g(溶媒の10%)
    ・精製水・・・・50ml
    ・BG※・・・・50ml

    ※紫根
    ムラサキ科ムラサキの根を乾燥したもの。

    ※BG(1,3-ブチレングリコール)
    保湿作用と抗菌作用があります。多くのスキンケア化粧品に配合されています。

    DSC_0434_CENTER

    DSC_0435

    瓶に入れたら直ぐに紫色になってきます。

    DSC_0436

    ガラス瓶に入れて約2週間(1日1回振り振りします)、その後濾したら出来上がり。

    DSC_0442

    遮光瓶で保存します。

    DSC_0443

    【エキス応用】
    ️️・紫根エキスを使用した化粧水️️
    ・紫根エキス 1.5ml(全体量の5%)
    ・精製水 30ml

    とってもシンプル。
    出来上がりはほんのり桜色になります。

    精製水の一部をローズウォーターなどフローラルウォーターにしたり、精油を加えたり、と
    色々アレンジ可能ですが、まずはシンプルな化粧水を是非試していただきたいです。

    ☘️☘️市販のベース利用☘️☘️

    クリームベースやジェルベースに加える。
    エキスは全体量の5%を目安にしましょう。

    DSC_0445_HORIZON

    エキスは一旦作ってしまうと応用がききますし、何よりコストが安いので気がねなくジャンジャン使えます。

    これから作られる方がいらしたら是非マイレシピを教えてくださいね。

    では。(^^)/

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!