閉じる

運営:株式会社サンリツ

閉じる

スタッフブログ staff blog

BLOG
  • 2020October08

    講師ブログ「マスクによる肌荒れにアロマケア」 小田晴美先生

    こんにちは、講師の小田です。
    今年は今までとは違う生活スタイルになり、春、夏と季節は進み、
    10月に入り周辺の景色もすっかり秋になりました!

    DSC_0157

    DSC_0156

    今回のブログの内容は7月下旬ごろから始まった肌トラブルについて
    書いています(^_^)
    7月下旬ごろから、マスクの形に沿ったフェイスライン特にあごの辺りを
    掻くようになりよく見ると、赤いブツブツが少しあり汗疹かなと。
    (自分の判断ですが・・。)

    これ以上悪化しないように、アロマテラピーのケアで!
    アルガンオイル(アカテツ科:Argania spinosa)
    ラベンダー精油を希釈(1%濃度)して朝と晩に塗布しました。

    DSC_0145
    たまに朝の塗布を忘れる(>_<)ことはありましたが、2週間位でほぼ良くなりました♪
    が、9月に入り今度は見た目の変化はありませんでしたが、手に触れる感覚がいつもとは違うざらざらした感覚がまたフェイスラインにはじまってしましました (T_T)

    これは何なのかな?・・と検索すると、マスクでの肌トラブルの情報は多々あり、年代や肌質によっても症状の違いがあるそうで、肌トラブルの症状はたくさん書かれていました。その中にやはり「肌のざらつき」がありました。

    ~ アルガンオイル(アカテツ科:Argania spinosa)について ~
    アルガンオイルはアフリカのサハラ砂漠の北西、モロッコの南西部にしか生育しない
    アルガンツリーの実の種子から抽出されるオイルです。
    古くから先住民の民間の治療薬と使用されてきましたが、近年では美容オイルとして注目されていますね。
    肌の水分、油分のバランスを整えたり、エモリエント効果、新陳代謝を活発にするなど
    と言われ、美容液としてやヘアケアなどに使用されたりしていますね。

    ☆原因は?
    蒸れ・乾燥・摩擦のようですね。
    長時間のマスクの中は、呼気の影響もあり高い湿度になり皮膚が蒸れているので、
    なんだか潤っているように感じますがそれはあくまでも表面だけで、さらにふやけて皮膚の表面に隙間が出来やすい状態に。
    そしてマスクを外すと角質層の水分が蒸発し乾燥が進んでしまう。またマスクの擦れも敵で、擦れた箇所は敏感になりやすい状態に。
    結果、肌のバリア機能の低下につながり様々な肌トラブルが生じてしまうとの事。

    ☆対策としては、

    ・通気性の良いマスク、綿や布タイプのマスクにする。
    → 布マスクや、表面は不織布ですが肌にあたる面は布地のマスクに変更したりしていました。

    ・汗をかいたらこまめに拭く。
    → こまめに拭くようにしていました。

    ・保湿
    →ざらつきには保湿。原因は乾燥なので保湿でバリア機能を高め、

    摩擦の軽減にもつながるということで、ふだんのお手入れに+ローションパック

    ローションパックをローズウォーター(バラ科:Rosa damascena 芳香蒸留水)で行いました。

    大きめ目のコットンにローズウォーターをたっぷり含ませてパック。パックは2~3分長くても5分位。でケアをしました。
    (長い時間は良くないらしく、書いてあった時間通りにしてみました。)
    ローズの香りで癒されますね~(*^_^*)

    ~ 芳香蒸留水について ~
    芳香蒸留水は、精油を水蒸気蒸留法で抽出する際に生成される副産物です。
    植物の中に含まれる水溶性成分とわずかに精油成分が溶け込んでいるが、精油成分が少ない分、刺激も少ないので直接皮膚に塗布やスプレーで化粧水としてや手作りのクリームやクレイパックなどの材料、入浴剤、ヘアウォーターなど手軽に使用出来ます。

    DSC_0150

    現在、肌トラブル(ざらつき)は解消しました~!
    今回、アルガンオイル(植物油)にラベンダー精油1種類、ローズウォーターだけとシンプルなアロマテラピーでの使用方法でしたが、アロマテラピーを日常のケアに取り入れる時に、使用方法や精油を何しようかな・・と、あれこれ考える事も楽しいです(*^_^*)

    みなさまも、アロマテラピーを楽しみながら活用してくださいね♪

京都と大阪にあるアロマスクールJEAでは、日本のアロマ資格AEAJ、メディカルアロマの国際資格IFPA、メディカルハーブ資格JAMHA、リンパドレナージの国際資格MLDが取得できます。アロマのほかにボディケアや解剖生理学、セラピストとしてのマナーも学べて、転職・就職・開業に強みを発揮。自宅サロンや医療・介護ボランティアなど活躍の道は多彩に!

お問い合わせ グループ採用情報